前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • チップ・ガナッシ・レーシング

    チップ・ガナッシ・レーシングから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    インディカー・シリーズには2000年からインディ500のみ参戦していたが、2002年より試験的にシーズンエントリーを開始し、2003年にそれまでチャンプカーに参戦していた主力がチームごとインディカー・シリーズに移籍して本格的な活動をスタート。2003年、2008年、2013年、2015年にスコット・ディクソンが、2009年から2011年にダリオ・フランキッティがシリーズチャンピオンを獲得している。2014年現在は、ペンスキー・レーシング、アンドレッティ・オートスポーツと並ぶ、インディカー・シリーズにおける「3強」の一角を占めている。2011年にはファクトリーを増設しこれまでの2台体制から一気に4台体制になった。チップ・ガナッシ・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    IRL ドライバーズ・チャンピオンシップ : ダリオ・フランキッティ(スコットランド、アンドレッティ・グリーン・レーシング/ダラーラ/ホンダ)2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のNASCARスプリントカップ・シリーズ

    2008年のNASCARスプリントカップ・シリーズから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    予選落ち: ダリオ・フランキッティ (#40), チャド・マカムビー (#45), バーニー・ラマー (#08)2008年のNASCARスプリントカップ・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤琢磨

    佐藤琢磨から見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    自身3度目のインディ500では、19番手スタートからポジションを上げ119周目にラップリーダーに立つ。その後31周をリードしつつトップ集団に留まる走りを見せる。199周目にはスコット・ディクソンを抜いて2位に上がる。そのまま先頭のダリオ・フランキッティの真後ろ(2位)でファイナルラップに入り、ターン1にフランキッティと並び進入した。しかしフランキッティが残したスペースは狭く、インの白線を踏まされバランスを失いスピンしたマシンはウォールに接触、日本人初優勝はならなかったが自己ベストの17位でレースを終えた。佐藤琢磨 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の国際ツーリングカー選手権

    1996年の国際ツーリングカー選手権から見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    メルセデス・ベンツはマニファクチャラー3位となったが、他の2メーカーと遜色ない戦闘力を発揮した。DTMおよびITCの前年チャンピオン、ベルント・シュナイダーは4勝を挙げてランキング2位となった。一方前年2位のヨルグ・ファン・オーメンは1勝を挙げただけであった。ジュニアチームのドライバー - 後にスチュワート・グランプリからF1フル参戦するヤン・マグヌッセン、インディカー・シリーズで成功するダリオ・フランキッティ - は開幕戦と最終戦でそれぞれ勝利した。フランキッティはランキング4位となり、マグヌッセンはシーズン中盤CARTに挑戦したことでタイトル争いに加わることはできなかった。このほかにも、ザウバーやベネトンでF1をドライブしたJ.J.レートがオペルをドライブ、ミナルディでF1をドライブしたジャンカルロ・フィジケラはアルファ・ロメオを、ポルシェ・スーパーカップの元チャンピオン、ウーヴェ・アルツェンがオペルをドライブした。1996年の国際ツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のデイトナ24時間レース

    2011年のデイトナ24時間レースから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    総合優勝はデイトナ・プロトタイプのチップ・ガナッシ・レーシング、スコット・プルーエット、ミーモ・ロハス、グラハム・レイホール、ジョーイ・ハンド組で、2位も同チームのスコット・ディクソン、ダリオ・フランキッティ、ジェイミー・マクマレー、ファン・パブロ・モントーヤ組であった。この勝利はプルーエットにとって4回目のデイトナ24時間の勝利となった。チップ・ガナッシ・レーシングにとっては2010年のデイトナ500、2010年のインディ500、2010年のブリックヤード400に続く4冠となった。コ・ドライバーのレイホールにとっては、父親のボビー・レイホールが1981年に優勝して以来30年ぶりの勝利となった。2011年のデイトナ24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のCARTシーズン

    1999年のCARTシーズンから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    シリーズチャンピオンをめぐっては、最終戦のフォンタナで、ポイントリーダーだったモントーヤにダリオ・フランキッティが同点に追いついたものの、優勝回数の差でモントーヤがシリーズチャンピオンを獲得することとなった。1999年のCARTシーズン フレッシュアイペディアより)

  • フランクリン (テネシー州)

    フランクリン (テネシー州)から見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    アシュレイ・ジャッド、夫ダリオ・フランキッティ - スコットランドとフランクリンの牧場の双方に家があるフランクリン (テネシー州) フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・クロウソン

    ブライアン・クロウソンから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    2008年、クロウソンはネイションワイド・シリーズにチップ・ガナッシのダッジで参戦したが、チームはカイル・クリシロフを起用した。その後はダリオ・フランキッティの代役として数戦に参加した。7月には初のポールポジションを獲得したが、1週間後にフランキッティに代わられた。ブライアン・クロウソン フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のインディカー・シリーズ

    2012年のインディカー・シリーズから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    3. ダリオ・フランキッティはインディアナポリスでスポンサーのターゲットの50周年を記念した#50を使用。2012年のインディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示

「ダリオ・フランキッティ」のニューストピックワード