前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • チップ・ガナッシ・レーシング

    チップ・ガナッシ・レーシングから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    IRL(インディカー・シリーズ)には2000年からインディ500のみ参戦していたが、2002年より試験的にシーズンエントリーを開始し、2003年にそれまでチャンプカーに参戦していた主力がチームごとインディカー・シリーズに移籍して本格的な活動をスタート。2003年・2008年にスコット・ディクソンが、2009年から2011年にダリオ・フランキッティがシリーズチャンピオンを獲得している。2011年現在は、ペンスキー・レーシングと並ぶ、インディカー・シリーズにおける「2強」の一角を占めている。2011年にはファクトリーを増設しこれまでの2台体制から一気に4台体制になった。ターゲットはディクソンとフランキッティのスポンサーを務めるが、他にもグラハム・レイホールにはオーストラリアのサービスセントラル社、チャーリー・キンボールにはデンマークのノボノルディスク社がスポンサーについている。チップ・ガナッシ・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のNASCARスプリントカップ・シリーズ

    2008年のNASCARスプリントカップ・シリーズから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    予選落ち: ダリオ・フランキッティ (#40), チャド・マカムビー (#45), バーニー・ラマー (#08)2008年のNASCARスプリントカップ・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    IRL ドライバーズ・チャンピオンシップ : ダリオ・フランキッティ(スコットランド、アンドレッティ・グリーン・レーシング/ダラーラ/ホンダ)2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレッティ・オートスポーツ

    アンドレッティ・オートスポーツから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    1997年には、ドライバーはパーカー・ジョンストンが加入し、メインスポンサーとしてKOOL、エンジンはホンダを獲得し、チーム名はチーム・クール・グリーンに変更された。ジョンストンはシリーズ16位に終わったが、このシーズン終盤に、新鋭のダリオ・フランキッティを獲得、シーズン終了後にはチームペンスキーを解雇されたポール・トレーシーと契約し翌年の2台体制への移行に備えることとなった。彼らは、翌1998年以降5シーズンの間、チームメイトとしてチームに残留した。アンドレッティ・オートスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ハータ

    ブライアン・ハータから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    スポーツカーに短期間参戦した後、彼は2003年途中に負傷したダリオ・フランキッティの代役としてIRLに参戦、オープンホイール・レースに復帰した。ブライアン・ハータ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のインディカー・シリーズ

    2011年のインディカー・シリーズから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    この年はダリオ・フランキッティが3年連続でシリーズチャンピオンを獲得、ルーキー・オブ・ザ・イヤーにはジェームズ・ヒンチクリフが選ばれた。2011年のインディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • トニー・カナーン

    トニー・カナーンから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    2003年にアンドレッティ・グリーン・レーシングに移籍し、シリーズフル参戦初年度を迎えた。この年はオーナー兼ドライバーのマイケル・アンドレッティ、チームグリーン時代からの古参ダリオ・フランキッティ、カナーンと同年に移籍してきたブライアン・ハータのチームメイトとなったが、強力なチームのバックアップを得たことで一気にスターダムに伸し上がり、1勝、ランキング4位という、チーム内ではトップの成績で終えた。トニー・カナーン フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ムーア

    グレッグ・ムーアから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    ムーアが死去したレースは、ファン・パブロ・モントーヤとダリオ・フランキッティのチャンピオン決定戦でもあり、最終的にはモントーヤが最年少でチャンピオンを獲得。レース終了直後には、チームスタッフと喜びを分かち合っていた。しかし、ムーアの訃報がサーキットに届くと表情が一変、チャンピオン決定インタビューも沈んだ表情で受けることになった。またこの際、「おめでとうございます」、「素晴らしいシーズンでしたね」とステレオタイプ的に祝いの言葉をぶつけるインタビュアーに対し、「今はとてもそんな気分にはなれない」と返す一幕もあった。グレッグ・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のインディカー・シリーズ

    2012年のインディカー・シリーズから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    3. ダリオ・フランキッティはインディアナポリスでスポンサーのターゲットの50周年を記念した#50を使用。2012年のインディカー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ウィル・パワー

    ウィル・パワーから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    2010年はペンスキーからフル参戦となり、ロード/ストリートコースで圧倒的な強さを見せ、最終戦までランキングトップを走った。しかしオーバルコースでの成績があだとなり、ベテランダリオ・フランキッティに逆転を許してランキング2位となった。ウィル・パワー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「ダリオ・フランキッティ」のニューストピックワード