27件中 11 - 20件表示
  • アシュレイ・ジャッド

    アシュレイ・ジャッドから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    野球選手のブレイディ・アンダーソンや歌手のマイケル・ボルトン、俳優のマシュー・マコノヒーやロバート・デ・ニーロと交際したことがあり、インディカー・シリーズなどで活躍するダリオ・フランキッティと2001年12月に結婚。現在は夫の母国のスコットランドと牧場のあるテネシー州の2か所を行き来しながら暮らしている。アシュレイ・ジャッド フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の国際ツーリングカー選手権

    1996年の国際ツーリングカー選手権から見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    メルセデス・ベンツはマニファクチャラー3位となったが、他の2メーカーと遜色ない戦闘力を発揮した。DTMおよびITCの前年チャンピオン、ベルント・シュナイダーは4勝を挙げてランキング2位となった。一方前年2位のヨルグ・ファン・オーメンは1勝を挙げただけであった。ジュニアチームのドライバー - 後にスチュワート・グランプリからF1フル参戦するヤン・マグヌッセン、インディカー・シリーズで成功するダリオ・フランキッティ - は開幕戦と最終戦でそれぞれ勝利した。フランキッティはランキング4位となり、マグヌッセンはシーズン中盤CARTに挑戦したことでタイトル争いに加わることはできなかった。このほかにも、ザウバーやベネトンでF1をドライブしたJ.J.レートがオペルをドライブ、ミナルディでF1をドライブしたジャンカルロ・フィジケラはアルファ・ロメオを、ポルシェ・スーパーカップの元チャンピオン、ウーヴェ・アルツェンがオペルをドライブした。1996年の国際ツーリングカー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のデイトナ24時間レース

    2011年のデイトナ24時間レースから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    総合優勝はデイトナ・プロトタイプのチップ・ガナッシ・レーシング、スコット・プルーエット、ミーモ・ロハス、グラハム・レイホール、ジョーイ・ハンド組で、2位も同チームのスコット・ディクソン、ダリオ・フランキッティ、ジェイミー・マクマレー、ファン・パブロ・モントーヤ組であった。この勝利はプルーエットにとって4回目のデイトナ24時間の勝利となった。チップ・ガナッシ・レーシングにとっては2010年のデイトナ500、2010年のインディ500、2010年のブリックヤード400に続く4冠となった。コ・ドライバーのレイホールにとっては、父親のボビー・レイホールが1981年に優勝して以来30年ぶりの勝利となった。2011年のデイトナ24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • フランクリン (テネシー州)

    フランクリン (テネシー州)から見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    アシュレイ・ジャッド、夫ダリオ・フランキッティ - スコットランドとフランクリンの牧場の双方に家があるフランクリン (テネシー州) フレッシュアイペディアより)

  • 1973年のスポーツ

    1973年のスポーツから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    5月19日 - ダリオ・フランキッティ(スコットランド、レーシングドライバー)1973年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・アンドレッティ

    マイケル・アンドレッティから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    その後チームはチップ・ガナッシ・レーシングとチーム・ペンスキーの2強に次ぐ有力チームに成長、2007年にダリオ・フランキッティ、2012年にライアン・ハンター=レイがこのチームでシリーズチャンピオンを獲得した。マイケル・アンドレッティ フレッシュアイペディアより)

  • ファン・パブロ・モントーヤ

    ファン・パブロ・モントーヤから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    1999年、モントーヤはルーキーながら難なくCARTスタイルに順応し、速さでセンセーションを巻き起こす。ダリオ・フランキッティと熾烈なタイトル争いを繰り広げ、最終戦終了時に同得点で並び、勝利数の差(モントーヤ7勝、フランキッティ3勝)でデビューシーズンのチャンピオン獲得という偉業を達成した(1993年のナイジェル・マンセル以来)。ファン・パブロ・モントーヤ フレッシュアイペディアより)

  • コリン・マクレー

    コリン・マクレーから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    葬儀はマクレー家の強い要望により親族と友人のみで静かに営まれた。9月30日夕方にはラナークの聖ニコラス教会で関係者を招いた追悼式が行われ、続いて追悼パレードがラナークのメインストリートで行われた。沿道にはラナークの人口(約8500人)を超える21000人以上のファンが詰め掛け、通りには100台を超えるスバル・インプレッサが配置された。一連の式典にはマーチ卿ことチャールズ・ゴードン=レノックス伯爵(グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの主催者)、スバルテクニカインターナショナル(STI)社長の工藤一郎、デビッド・リチャーズ(プロドライブ創設者)、マルコム・ウィルソン(Mスポーツ代表)夫妻と息子のマシュー、ギィ・フレクラン(シトロエン・ラリーチーム代表)、アンドリュー・コーワン(元三菱モータースポーツ(MMSP)監督)、デレク・リンガーとニッキー・グリスト(それぞれコリンのコ・ドライバーを勤めた)、アリ・バタネンとマーカス・グロンホルム、ディディエ・オリオールら歴代WRC世界王者、パニエラ・ワルフリッドソン(ペター・ソルベルグの妻で元ラリードライバー。都合により出られなくなったペターの代理として出席)、デイモン・ヒル(元F1ドライバー。1996年世界王者。ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ会長)、ダリオ・フランキッティ(IRL2007年王者。スコットランド出身)などイギリス国内外の多くのモータースポーツ関係者が姿を見せ、また日本GPに参戦していたデビッド・クルサードは日本からビデオでメッセージを寄せた1。コリン・マクレー フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    ドライバーズ・チャンピオンシップ : ダリオ・フランキッティ(、チップ・ガナッシ・レーシング/ダラーラ/ホンダ)2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • NASCAR

    NASCARから見たダリオ・フランキッティダリオ・フランキッティ

    通常NASCARに参戦するドライバーは各地域カテゴリーから徐々にステップアップするのが通例だが、中にはIRLやチャンプカー(旧CART)など、フォーミュラカーからの転身組も存在する。2006年には、マクラーレン所属のF1ドライバーであるファン・パブロ・モントーヤがNASCARへの転向を発表したが、他にも複数のドライバーについてNASCARへの転向の可能性が報じられている。2007年のタラテガからは、元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーヴも参戦を開始。2008年には、2007年インディ500およびインディカー・シリーズチャンピオンになったダリオ・フランキッティも参戦した。NASCAR フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「ダリオ・フランキッティ」のニューストピックワード