1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • ダリオ・フランキッティ

    ダリオ・フランキッティから見たイギリス・フォーミュラ3選手権

    1994年にはイギリス・フォーミュラ3選手権でシーズン1勝、シリーズ4位。ダリオ・フランキッティ フレッシュアイペディアより)

  • ダリオ・フランキッティ

    ダリオ・フランキッティから見たインフィニオン・レースウェイ

    2006年も第2戦(セントピーターズバーグ)でポールポジション獲得、第13戦(インフィニオン・レースウェイ)で2位を獲得、6度のトップ10フィニッシュを果たし、ランキング8位。ダリオ・フランキッティ フレッシュアイペディアより)

  • ダリオ・フランキッティ

    ダリオ・フランキッティから見たツインリンクもてぎ

    2009年シーズンはNASCARから撤退しIRLへ復帰、自身がチャンピオンを獲得した2007年のライバルチームのチップ・ガナッシから復帰し同じく2007年にチャンピオンを争ったスコット・ディクソンがチームメイトとなった。開幕戦でチームメイトのディクソンがクラッシュする中4位フィニッシュ、第2戦のロングビーチで早くも復帰後初優勝を飾る。その後第3戦ではクラッシュに終わるが、第7戦アイオワ、第10戦トロントで勝利しチーム・ペンスキーのエリオ・カストロネベス等がライバルとなったが、徐々にカストロネベスが脱落し、チームメイトのディクソン、ペンスキーの新鋭ライアン・ブリスコーとチャンピオン争いを繰り広げる。第15戦インフィネオンでポールポジションから1度もトップを譲らない走りでブリスコーを抑えきり、シーズン4勝目を挙げこのレースで13位に終ったディクソンを逆転しブリスコーに4ポイント差の2位に浮上した。しかし第15戦シカゴでブリスコーがチームメイトのディクソンとの争いを制してポール・トゥ・ウィンを達成、自身は4位に終わりブリスコーに25点差を付けられることとなった。しかし、残り2戦となったツインリンクもてぎでブリスコーが18位、チームメイトのディクソンはポール・トゥ・ウィンで自身は2位、この結果ディクソンがランキングトップに立ち、フランキッティは変わらずランキング2位ではあるもののポイントリーダーに5点差、3位のブリスコーに3点差で最終戦ホームステッドを迎え、最終戦での勝利によって逆転で2度目のタイトルを獲得した。ダリオ・フランキッティ フレッシュアイペディアより)

  • ダリオ・フランキッティ

    ダリオ・フランキッティから見た2011年のF1世界選手権

    2010年度ドイツツーリングカー選手権チャンピオンで、2011年のF1世界選手権に参戦したポール・ディ・レスタとは従兄弟。ダリオ・フランキッティ フレッシュアイペディアより)

  • ダリオ・フランキッティ

    ダリオ・フランキッティから見た国際ツーリングカー選手権

    1995年はFIA国際ツーリングカー選手権(ITC)で3位、ドイツツーリングカー選手権(DTM) では5位の成績を収める。ダリオ・フランキッティ フレッシュアイペディアより)

  • ダリオ・フランキッティ

    ダリオ・フランキッティから見たチップ・ガナッシ・レーシング

    2008年にはチップ・ガナッシ・レーシングよりNASCAR・スプリントカップシリーズに参戦したが、全くいいところがなく、シーズン途中に下位カテゴリーのネイションワイドシリーズに降格。それでも成績が上向かなかった。ダリオ・フランキッティ フレッシュアイペディアより)

  • ダリオ・フランキッティ

    ダリオ・フランキッティから見たシカゴランド・スピードウェイ

    2007年には、インディ500で優勝するなどの活躍を見せ、最終戦(シカゴランド・スピードウェイ)ではラスト一周でトップとなりシリーズチャンピオンに輝いた。ダリオ・フランキッティ フレッシュアイペディアより)

  • ダリオ・フランキッティ

    ダリオ・フランキッティから見たNASCAR

    2008年にはチップ・ガナッシ・レーシングよりNASCAR・スプリントカップシリーズに参戦したが、全くいいところがなく、シーズン途中に下位カテゴリーのネイションワイドシリーズに降格。それでも成績が上向かなかった。ダリオ・フランキッティ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示