80件中 11 - 20件表示
  • ダルフール民族浄化

    ダルフール民族浄化から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ダルフール民族浄化 フレッシュアイペディアより)

  • オマル・アブディラシド・アリ・シルマルケ

    オマル・アブディラシド・アリ・シルマルケから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    シルマルケは国際連合の外交官としてスリランカやシエラレオネに赴任し、スーダンではダルフール紛争に関する政治アドバイザーを務めた。その後、ソマリアでアメリカ大使に任命された。オマル・アブディラシド・アリ・シルマルケ フレッシュアイペディアより)

  • カルマ (スーダン)

    カルマ (スーダン)から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    居住者のほとんどはダルフール紛争によって発生した避難民。カルマ (スーダン) フレッシュアイペディアより)

  • 1564

    1564から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    国際連合安全保障理事会決議1564(UNSCR1564)は、2004年に国際連合安全保障理事会で採択されたダルフール紛争に関する決議。1564 フレッシュアイペディアより)

  • スーダンの経済

    スーダンの経済から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    一方で、ダルフール紛争に代表される政治的な不安定要素は依然として払拭できず、2004年には石油の禁輸措置も視野に入れたスーダン政府非難決議案が国際連合安全保障理事会にて採択されるに至った。この後もスーダン政府の国際的な非協調姿勢には変化はなく、2007年4月にはアフリカ連合を主体としたPKOの入域を拒む事態も発生した。石油産業を取りまくハイリスク・ハイリターンの環境は、継続していくものと考えられている。スーダンの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合アフリカ連合ダルフール派遣団

    国際連合アフリカ連合ダルフール派遣団から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    国際連合アフリカ連合ダルフール派遣団(こくさいれんごうアフリカれんごうダルフールはけんだん African Union / United Nations Hybrid Operation in Darfur,UNAMID)は国際連合とアフリカ連合が共同で行なっている平和維持活動。ダルフール紛争に伴うものであり、2007年7月31日の国際連合安全保障理事会決議1769に基づき設立された。アフリカ連合ダルフール派遣団(AMIS)を引き継ぐものである。国際連合アフリカ連合ダルフール派遣団 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ連合ダルフール派遣団

    アフリカ連合ダルフール派遣団から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    アフリカ連合ダルフール派遣団(アフリカれんごうダルフールはけんだん、African Union Mission in Sudan, AMIS)はアフリカ連合(AU)によりスーダン西部ダルフールへ派遣されたダルフール紛争の平和維持部隊である。アフリカ連合ダルフール派遣団 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーイ・チーク

    ジョーイ・チークから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2005-06年シーズンをもって現役を引退した。引退後はスーダン・ダルフール問題解決を目指す人権活動家。1ジョーイ・チーク フレッシュアイペディアより)

  • ノン・ルフールマン原則

    ノン・ルフールマン原則から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ノン・ルフールマンの原則に関する一例は、西部スーダンのダルフール紛争の難民320名を拘束した2007年のイスラエルである。この地域の反ユダヤ環境からイスラエルを守るために制定された法律のためにダルフール紛争からイスラエルに逃れた難民は、敵性国民とされ公安の対象として投獄された。200人は「脅威がない」とされ不追放原則の適用を受けず強制送還された。残りは紛争が帰国できるまでに静まるまで働くためにキブツとモシャブと呼ばれるイスラエルの集団農場へと釈放された。ノン・ルフールマン原則 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議1590

    国際連合安全保障理事会決議1590から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    国際連合安全保障理事会決議1590(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1590、)は、2005年3月24日に国際連合安全保障理事会で採択されたスーダン・ダルフール情勢に関する決議。略称はUNSCR1590。国際連合安全保障理事会決議1590 フレッシュアイペディアより)

80件中 11 - 20件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード