80件中 31 - 40件表示
  • ジュナイナ

    ジュナイナから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ジュナイナ(El Geneina, アラビア語: ???????, Al-Junaynah)は、スーダン西部西ダルフール州の州都。人口:170,618人(2006年)。ハルツームから西南西へ1,200km、チャド国境附近にある。ダルフール紛争が深刻化しているダルフールの主要都市の1つであり、国内避難民が集中している都市の1つでもある。ジュナイナ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ空軍

    ウクライナ空軍から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    また、独立後の極度の経済混乱により、ウクライナ空軍は多くの機体を退役させざるを得なくなったが、それに伴い余剰機体の輸出に力を入れてきた。主なものとしては、クロアチアへMiG-21bis/UM、エリトリアへMiG-29/UBやSu-27(S?/UB?)、スリランカへMiG-27MとMiG-23UM、アンゴラへSu-27S、イエメンへSu-17M4が輸出されている。中華人民共和国製の旧式の前面装備しか保有しないアルバニアは新しい装備を探しており、ウクライナから中古のMiG-21を購入する契約が検討されていたがこれはキャンセルとなった。また、2004年にスーダンへMiG-21を輸出したことが、同国における住民虐殺問題(ダルフール紛争)と絡んで一部で問題視された。2005年にはエストニアへMiG-23MLDとSu-24が輸出されているが、これはタルトゥにある博物館に所蔵された。2007年にはアゼルバイジャンへMiG-29 9-13とMiG-29UBが輸出されたが、これはリヴィウで近代化改修を受けた機体であり、ウクライナ製の近代化改修機としては本国に先駆けての配備となった。その他、オレンジ革命後明らかになってきたところに拠れば、クチマ政権は中華人民共和国へ航空機発射型の長距離ミサイルを密輸するなど、裏での取引も少なからず行われてきたようである。その他、自国及び各国の機材の整備も国内企業が請け負っている。ウクライナ空軍 フレッシュアイペディアより)

  • ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニー

    ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニーから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    カタールは、近年、レバノンの国内対立解消やダルフール紛争の和平仲介、チャド・スーダン間の対立解消をはじめとする地域の諸問題解決において存在感を示しているが、ハマド首相兼外相の存在は大なるものがあり、タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」の一人に選ばれている。ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニー フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合部隊

    欧州連合部隊から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ダルフール紛争の影響により、2003年頃よりチャドおよび中央アフリカでは治安状態が悪化してきていた。人道支援および治安維持の目的により2007年に国際連合中央アフリカ・チャド・ミッション(MINURCAT)の創設が決議され、その支援として欧州連合部隊 チャド・中央アフリカ(EUFOR Tchad/RCA)が編成・派遣された。フランス軍を主力とし約4,000名が派遣されている。欧州連合部隊 フレッシュアイペディアより)

  • エル=ファーシル

    エル=ファーシルから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    エル=ファーシル(Al-Fashir, Al Fāshir, El Fāsher、アラビア語:?????? )は、スーダン共和国北ダルフール州の州都。スーダン北西部に位置するダルフール地方の大都市で、ニャラの北東195kmに位置する。人口は264,734人(2006年)で、ダルフール紛争以前の178,500人(2001年推計)から増加している。エル=ファーシル フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合人権委員会

    国際連合人権委員会から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2004年6月30日には、安全保障理事会において、ダルフール紛争に対するスーダンの改善がみられない場合には、何らかの制裁措置を発動するとの決議が提出され、13対0の賛成多数(中国とパキスタンは棄権)で議決された。朝鮮民主主義人民共和国を巡る問題、イラクのアブグレイブおよびキューバのグァンタナモ米軍基地におけるアメリカ軍の問題などに関しては、一部の構成国の反対によって合意に達することができない状態にあった。国際連合人権委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 軍馬

    軍馬から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    騎兵はもはや過去のものになったと思われがちだが、第三世界の国々の中には未だに小規模な騎兵を用いている国がある。ただし、騎兵を用いる対象は非武装の難民などが中心で、ダルフール紛争におけるジャンジャウィード民兵などがその例である。軍馬 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ペリー (ジャーナリスト)

    スコット・ペリー (ジャーナリスト)から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ペリーの取材活動は国内外を問わず多岐に渡るが、本人は中でも戦争報道に力を入れている。クウェート侵攻、湾岸戦争、ユーゴスラビア紛争、アフガニスタンにおけるターリバーンの活動などを、それぞれ現地取材。2006年と2007年にはダルフール紛争での大量虐殺を報告した。スコット・ペリー (ジャーナリスト) フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    中華人民共和国政府はスーダンとイランとの関係強化はエネルギー供給を目的とし、ミャンマーとの関係強化はインド洋への足がかりを目的としている。北朝鮮の脱北者を強制送還に積極的である。中華人民共和国はこうした問題とされる国家との関係を維持するため、例えばスーダンのダルフール紛争の大量虐殺に対する国際介入に反対する動きをとっている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • ミア・ファロー

    ミア・ファローから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    国連親善大使のほか、ダルフール紛争解決へ向けた活動を行うなど社会的な一面も見せる。後者については、2007年3月、紛争を解決しようという姿勢を見せない中華人民共和国を牽制するために、北京オリンピック組織委員会顧問のスティーヴン・スピルバーグに抗議活動を行い話題となった(抗議との関連性は不明であるが、翌月、スピルバーグは中国国家主席に対し、紛争解決を働きかけるよう書簡を送った)。ミア・ファロー フレッシュアイペディアより)

80件中 31 - 40件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード