93件中 31 - 40件表示
  • 西ダルフール州

    西ダルフール州から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ダルフール紛争が2003年から続いている。西ダルフール州 フレッシュアイペディアより)

  • スルト (リビア)

    スルト (リビア)から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    スルトの南20?のカスル・アブー・ハーディー(Qasr Abu Hadi)のテントで生まれ、スルトの学校に通ったカッザーフィーが1969年のクーデターにより権力を握ると、カッザーフィーは自らの親族や出身部族のカッザーファ部族から積極的に登用を行ったため、スルトはカッザーフィー政権の強固な支持基盤となった。カッザーフィーの根拠地であると同時にトリポリタニアに属するとはいえ中心からは遠く離れており、リビアを構成するトリポリタニア・キレナイカ・フェザーンの三地方からほぼ等距離にあるため、テント型の巨大な国際会議場ワガドゥグー・コンベンションセンターが建設され、行政機関や全国人民会議(国会に相当)等がこの町に移されるようになった。2007年10月にはダルフール紛争の講和会議がスルトで開催された。スルト (リビア) フレッシュアイペディアより)

  • 東ダルフール州

    東ダルフール州から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2012年1月に、ダルフール紛争の和平交渉の結果南ダルフール州から分離した。東ダルフール州 フレッシュアイペディアより)

  • パクス・アメリカーナ

    パクス・アメリカーナから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    冷戦が終結すると、ヨーロッパにおける旧共産圏の諸国を含める形で「アメリカによる平和」は広がった。しかし、その後もなお世界各地(主にアジア、アフリカ、ヨーロッパ旧共産圏、ラテンアメリカ)において地域紛争やテロリズムは絶えてはいない。例えば、アフリカにおいては、ルワンダ大虐殺やダルフール虐殺など、人類史上稀に見る大惨事が立て続けに発生している。パクス・アメリカーナ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーダルフール代表

    サッカーダルフール代表から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2012年3月、チャドにある12の難民キャンプ(ダルフール紛争により発生)より代表選考を兼ねたトライアウトを行い、ダルフール代表が誕生した。最初に16人が選出され、続いて交代要員として4人が選出された。監督にはアメリカのマーク・ハドソンが就任。彼ら20人の選手は全員難民キャンプより合流し 、同年6月にイラク・クルディスタンで開催されたVIVAワールドカップに参戦した。サッカーダルフール代表 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ連合ダルフール派遣団

    アフリカ連合ダルフール派遣団から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    アフリカ連合ダルフール派遣団(アフリカれんごうダルフールはけんだん、African Union Mission in Sudan, AMIS)はアフリカ連合(AU)によりスーダン西部ダルフールへ派遣されたダルフール紛争の平和維持部隊である。アフリカ連合ダルフール派遣団 フレッシュアイペディアより)

  • オマル・アブディラシド・アリ・シルマルケ

    オマル・アブディラシド・アリ・シルマルケから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    シルマルケは国際連合の外交官としてスリランカやシエラレオネに赴任し、スーダンではダルフール紛争に関する政治アドバイザーを務めた。その後、ソマリアでアメリカ大使に任命された。オマル・アブディラシド・アリ・シルマルケ フレッシュアイペディアより)

  • 国際犯罪

    国際犯罪から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    国際社会全体の一般利益を侵害する犯罪であるため、個人の刑事責任が国内法を介さずに直接国際法によって成立し、国際刑事裁判所など国際機関によって訴追・処罰される犯罪を「国際社会全体の名において処罰される犯罪」という。第二次世界大戦後に生まれた新しい国際犯罪である。第一次世界大戦後のヴェルサイユ条約においてもドイツ皇帝の戦争責任を追及する規定が置かれていたが(第227条)、このときは皇帝の亡命国オランダが引き渡しを拒否したため訴追が実現しなかった。個人の戦争責任を追及する手続きが初めて実現したのは第二次世界大戦後に設置されたニュルンベルク国際軍事裁判所と極東国際軍事裁判所においてであり、ドイツや日本の戦争指導者たちに対して通例の戦争犯罪に加え、「平和に対する罪」、「人道に対する罪」を適用し処罰した。これらの裁判は裁判所の公正さ、国家行為に関して個人の刑事責任を追及することの実定法としての確立、共同謀議の概念の適用、といった法的問題があったといわれるが、1946年に国連総会はニュルンベルク原則を確認する決議を採択し、国連国際法委員会は「人類の平和と安全に対する罪」の法典化作業を行った。ジェノサイド条約やアパルトヘイト条約は「人道に対する罪」を発展させた条約と言える。これらの条約は、犯罪の構成要件と個人の刑事責任を条約自体が詳細に定め、管轄裁判所として行為地国の裁判所、被告人に対して管轄権を持つ国の裁判所、そして条約締結後に設立されることとなった国際刑事裁判所が条約作成時に設置されることをすでに予定していた。この種の犯罪行為は私人が行うことは事実上不可能に近く、可能性が考えられるのは国家機関やこれに準ずる地位にある個人であるが、そうであったとしても行為の責任を国家に帰属させず個人に刑事責任を課すものである。しかし国家機関に準ずる地位にある個人に対する裁判を国内裁判所が行うことはほとんど期待できない。イスラエルがアルゼンチンに潜伏していた元ナチスのユダヤ人虐殺責任者であったアドルフ・アイヒマンを自国に連行し、ユダヤ人に対する集団殺害罪や「人道に対する罪」により処罰したことがあったが、この時のイスラエルの管轄権の正当性についても疑問視されている。1993年に設立された旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所(ICTY)や1994年のルワンダ国際刑事裁判所(ICTR)は安保理決議によって設立された特定の事案にのみ限定された裁判所であったが、安保理の統制に従うことなく独立した司法機能を行使し、裁判の公正さや犯罪の実定法規性について第二次世界大戦後の国際軍事裁判所が抱えた問題点を克服したものとなった。常設的な国際刑事裁判所を設立する条約に関しては1994年に国連国際法委員会作成の条約草案が採択され、1998年に国際刑事裁判所規程が採択、2002年に発効した。同規程は、国際刑事裁判所の裁判の対象となる犯罪を「国際社会全体にとっての関心事項である最も重大な犯罪」に限定し、ジェノサイド、「人道に対する罪」、戦争犯罪、侵略の罪という4つの行為をコアクライムとし管轄としている(第5条第1項)。これまでにコンゴ民主共和国、ウガンダ、中央アフリカ共和国が自国内の事項を国際刑事裁判所に付託したほか、ダルフールの事案に関して安保理が付託している。国際犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合人権委員会

    国際連合人権委員会から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    しかしながら、2004年6月30日、安全保障理事会において、ダルフール紛争に対するスーダンの改善がみられない場合には何らかの制裁措置を発動するとの決議が提出され、13対0の賛成多数(中国とパキスタンは棄権)で議決された。朝鮮民主主義人民共和国を巡る問題、イラクのアブグレイブおよびキューバのグァンタナモ米軍基地におけるアメリカ軍の問題などに関しては、一部の構成国の反対によって合意に達することができない状態にあった。国際連合人権委員会 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ペリー (ジャーナリスト)

    スコット・ペリー (ジャーナリスト)から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ペリーの取材活動は国内外を問わず多岐に渡るが、本人は中でも戦争報道に力を入れている。クウェート侵攻、湾岸戦争、ユーゴスラビア紛争、アフガニスタンにおけるターリバーンの活動などを、それぞれ現地取材。2006年と2007年にはダルフール紛争での大量虐殺を報告した。スコット・ペリー (ジャーナリスト) フレッシュアイペディアより)

93件中 31 - 40件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード