80件中 41 - 50件表示
  • ソマリア沖海賊の対策部隊派遣

    ソマリア沖海賊の対策部隊派遣から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2008年9月25日にウクライナの貨物船「ファイナ」号が襲撃された。この船には戦車を含む武器が多数積載されており、荷物の行き先がダルフール紛争の続くスーダンであったため、単なる海賊事件ではなく安全保障上の事態として重大視したアメリカ合衆国、EU、ロシアはこのファイナ号事件を境に対策を強化する。ソマリア沖海賊の対策部隊派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生内閣

    麻生内閣から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    河村官房長官が、スーダンのバシール大統領の特使と会談。国際刑事裁判所がダルフール地方での大量虐殺で逮捕状を発付したことについて「日本は国際刑事裁判の締約国であり、その決定を尊重する立場にある」と表明。スーダン側から「反政府勢力に誤ったメッセージを与え、和平プロセスに悪影響を与える」と批判を受けた。麻生内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 56式自動歩槍

    56式自動歩槍から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    政府の正規軍ではないゲリラや民兵、テロリスト、海賊などが56式を他国製のAKと共に用いることも多いが、それらは横流し品が兵器の闇市場で売買された物か、特定の国から供与されたものであることがほとんどである。ガザ地区を実効支配するハマスが使用する56式はイランが、ダルフール紛争で戦闘を繰り返している民兵組織ジャンジャウィードの装備する56式はスーダン政府がそれぞれ供与したものと見られている。56式自動歩槍 フレッシュアイペディアより)

  • アン・カリー

    アン・カリーから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2007年のダルフール紛争の報道に対して、エミー賞を3度目の受賞。アン・カリー フレッシュアイペディアより)

  • アムネスティ・インターナショナル

    アムネスティ・インターナショナルから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ダルフール紛争において民族浄化を行っているジャンジャウィードがスーダン政府の支援を受けていることは明白であり、またスーダン政府軍そのものが戦闘爆撃機や攻撃ヘリによって民族浄化を行っているとされる。かかる兵器は中国が供与したものであり、中国政府のダルフール紛争への関与に対しアムネスティ・インターナショナルは強い非難を加えている。アムネスティ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題

    新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題から見たダルフール民族浄化ダルフール紛争

    ジャーナリストの櫻井よしこは、2009年に中国政府が人口62万人のラオスの首都ビエンチャンに大規模な土地を購入して5万人の中華街を作ったことによって、ラオス全体が中国の強い影響下に収まりつつあることや中国政府が支援したダルフール民族浄化が行われたアフリカのスーダンでは20万人規模の大中華街が作られていることなどから、新潟における中国総領事館や中華街設置のための用地買収に強い警鐘を鳴らしている。中国政府は決して中国国内の土地を売らないため、日本が中国に開設している総領事館は全て賃貸物権であるが、中国は日本国に開設した領事館は新潟、名古屋を除いて土地を取得しており、その新潟、名古屋でも土地を取得しようとしているのは不平等であると非難している。新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題 フレッシュアイペディアより)

  • スルト (リビア)

    スルト (リビア)から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    スルトの南20?のカスル・アブー・ハーディー(Qasr Abu Hadi)のテントで生まれ、スルトの学校に通ったカッザーフィーが1969年のクーデターにより権力を握ると、カッザーフィーは自らの親族や出身部族のカッザーファ部族から積極的に登用を行ったため、スルトはカッザーフィー政権の強固な支持基盤となった。カッザーフィーの根拠地であると同時にトリポリタニアに属するとはいえ中心からは遠く離れており、リビアを構成するトリポリタニア・キレナイカ・フェザーンの三地方からほぼ等距離にあるため、テント型の巨大な国際会議場ワガドゥグー・コンベンションセンターが建設され、行政機関や全国人民会議(国会に相当)等がこの町に移されるようになった。2007年10月にはダルフール紛争の講和会議がスルトで開催された。スルト (リビア) フレッシュアイペディアより)

  • イタリア陸軍

    イタリア陸軍から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    現在では多くの国際紛争にアメリカ側、国連軍或いはNATOの一員として支援部隊等を派遣している。派遣先としてはレバノン内戦(1982年)、ナミビア(1989年)、アルバニアとクルディスタン(1991年)、ソマリア内戦(1992年)、モザンビーク(1993年)、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(1995年)、東ティモールとコソボ紛争(1999年)、コンゴ民主共和国(2001年)、アフガニスタン紛争 (2001年-)(2002年)、イラク戦争とダルフール紛争及び国際連合レバノン暫定駐留軍(2003年)などである。さらに各国駐在のイタリア大使館の警備にも従事している。イタリア陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • ロメオ・ダレール

    ロメオ・ダレールから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2003年にルワンダでの体験を書いた Shake Hands with the Devil を出版、カナダでベストセラーとなる。2004年には虐殺事件から10年後の追悼式典に出席するため、ルワンダを再訪。2006年にダルフール紛争についての集会を開催。現在は紛争の解決や平和構築について活動し、平和維持活動の教育機関ピアソン・ピースキーピング・センターや大学で講師をつとめる。ロメオ・ダレール フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ガラン

    ジョン・ガランから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    アメリカ合衆国国務省はガランの政権への参加がダルフール紛争の解決に繋がると主張したが、他の者はこの主張は「楽観的すぎる」と看做した。ジョン・ガラン フレッシュアイペディアより)

80件中 41 - 50件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード