93件中 41 - 50件表示
  • セゴレーヌ・ロワイヤル

    セゴレーヌ・ロワイヤルから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    中国に対しては、ダルフール紛争をめぐる中国の介入に抗議し、北京五輪ボイコットを呼びかけた。セゴレーヌ・ロワイヤル フレッシュアイペディアより)

  • 中国の人権問題

    中国の人権問題から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    中華人民共和国政府はスーダンとイランとの関係強化はエネルギー供給を目的とし、ミャンマーとの関係強化はインド洋への足がかりを目的としている。北朝鮮の脱北者を強制送還に積極的である。中華人民共和国はこうした問題とされる国家との関係を維持するため、例えばスーダンのダルフール紛争の大量虐殺に対する国際介入に反対する動きをとっている。中国の人権問題 フレッシュアイペディアより)

  • ハッキングチーム

    ハッキングチームから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2015年3月、国連は同意しなかった。事務局は次のように書いている。「パネルの見解は『このようなソフトウェアは、軍事作戦を支援するのに適合するので禁止項目中の軍事装備もしくは軍事支援という分類に該当する可能性がある。それゆえ、ダルフール紛争における交戦国を標的とする潜在的な利用のすべてがパネルの関心事である。』ということであった。」ハッキングチーム フレッシュアイペディアより)

  • ジャンジャウィード

    ジャンジャウィードから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2003年以降のダルフール紛争の主要な当事者であり、アラブ人が支配するスーダン政府の支援を受けて非アラブ人国民に対して民族浄化を行なっている。彼等によって殺害されたのは、2003年以降で1万人とも3万人とも言われている。ジャンジャウィード フレッシュアイペディアより)

  • イタリア陸軍

    イタリア陸軍から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    現在では多くの国際紛争にアメリカ側、国連軍或いはNATOの一員として支援部隊等を派遣している。派遣先としてはレバノン内戦(1982年)、ナミビア(1989年)、アルバニアとクルディスタン(1991年)、ソマリア内戦(1992年)、モザンビーク(1993年)、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(1995年)、東ティモールとコソボ紛争(1999年)、コンゴ民主共和国(2001年)、アフガニスタン紛争 (2001年-)(2002年)、イラク戦争とダルフール紛争及び国際連合レバノン暫定駐留軍(2003年)などである。さらに各国駐在のイタリア大使館の警備にも従事している。イタリア陸軍 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア軍

    イタリア軍から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    国際連合アフリカ連合ダルフール派遣団(UNAMID)? 2008年開始。アフリカ連合によるダルフール紛争介入の支援を目的とする。派遣団2万3129名(51ヵ国軍)中3名。イタリア軍 フレッシュアイペディアより)

  • スーダン解放軍

    スーダン解放軍から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    この記事ではダルフール紛争に関する武装勢力について記述します。南スーダンの旧反政府勢力スーダン人民解放軍と間違えないで下さい。スーダン解放軍 フレッシュアイペディアより)

  • 正義と平等運動

    正義と平等運動から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    正義と平等運動(せいぎとびょうどううんどう、英Justice and Equality Movement, jem, JEM)はハリール・イブラーヒームを指導者とするスーダンのダルフールの反政府武装組織でダルフール紛争でのザガワを中心にした当事者集団の1つである。正義と平等運動 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーイ・チーク

    ジョーイ・チークから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2005-06年シーズンをもって現役を引退した。引退後はスーダン・ダルフール問題解決を目指す人権活動家。1ジョーイ・チーク フレッシュアイペディアより)

  • ニャラ

    ニャラから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2000年代に入るとダルフール紛争の発生により周辺からの避難民が続々と流入、難民を支援する国連やNGOの拠点になった。ニャラ フレッシュアイペディアより)

93件中 41 - 50件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード