80件中 51 - 60件表示
  • 中華人民共和国の経済

    中華人民共和国の経済から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    中国は1998年の国有企業改革により、中国石油天然気集団公司、中国石油化工、中国海洋石油総公司の三社に再編された。これら三社が高まる中国国内の石油需要に対応すべく石油利権の獲得に乗り出している。アフリカではダルフール紛争が起きたスーダン、スーダンの隣国のチャド、累積債務の返済について先進国と交渉している最中のアンゴラ、アフリカ最大の原油産油国のナイジェリア等の国々が挙げられる。また、中国は中央アジアからの石油資源開発に乗り出しており、中国中信集団公司(zh)はカザフスタンの油田に投資してきている。中華人民共和国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックの開会式

    北京オリンピックの開会式から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    同期、スティーブン・スピルバーグらを芸術顧問として選定したが、2008年2月、スピルバーグはダルフール紛争に関する中国政府の姿勢に抗議して芸術顧問を辞退した。北京オリンピックの開会式 フレッシュアイペディアより)

  • 真珠の首飾り戦略

    真珠の首飾り戦略から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2008年終わりごろからのソマリア沖の海賊、継続中のダルフール紛争、ジンバブエのロバート・ムガベの断続的な弾圧 などの敵対行為に対して、中国の外交方針は現在より直接的なアプローチへとシフトしている。真珠の首飾り戦略 フレッシュアイペディアより)

  • ニャラ

    ニャラから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    現在、ダルフール紛争により周辺からの避難民が続々と流入しており、難民を支援する国連やNGOの拠点ともなっている。ニャラ自体は戦災からは免れているものの、周辺の村々は激しい戦闘の舞台となっている。ニャラ フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合人権理事会

    国際連合人権理事会から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    人権委員会は、委員となる国の資格を特に定めていなかった。そのため、ダルフール紛争の渦中で劣悪な人権状況にあると指摘されるスーダンが議長国となるなど、問題が多かった。人権理事会では、まずその点を改め、理事となる国には「最高水準」()の人権状況が求められるようにした。理事国に深刻かつ組織的な人権侵害があった場合には、総会で投票国の3分の2以上の賛成により理事国資格が停止される。国際連合人権理事会 フレッシュアイペディアより)

  • 民族イスラーム戦線

    民族イスラーム戦線から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    シャリーアの導入によるイスラム国家化を掲げていたが、1999年には元政治部門が国民会議となり、トラービーは人民国民会議を結成し弾圧されるに至った。NIFは第二次スーダン内戦やダルフール紛争に関して政治手法や暴力の行使を非難されることが多く、例えば神の抵抗軍や西ナイル岸戦線、ウガンダ国民救済戦線をウガンダと南部スーダンにおける代理部隊として用いた責任を帰される場合もある。民族イスラーム戦線 フレッシュアイペディアより)

  • チャド

    チャドから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2004年頃から隣国スーダンのダルフール紛争が激化した影響により、国内の反政府勢力も活発化。2006年4月には、反政府軍から首都ンジャメナが攻撃を受ける事態となった。イドリス・デビ大統領は攻撃を撃退し、翌5月の総選挙で勝利し再び国内の体制固めを行ったものの、2008年1月には、アティが反政府勢力の影響下となり、翌2月には再び首都ンジャメナが攻撃に晒される状況となっている。チャド フレッシュアイペディアより)

  • チャドの歴史

    チャドの歴史から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2003年から2004年にかけて隣国スーダンのダルフール紛争が激化、20万人とも推定される難民と追撃する民兵組織がチャド国内に侵入し、政情を不安定なものにさせた。チャドとスーダンは互いに反政府勢力へ荷担していると非難したが解決策は見いだせず、チャド国内側の治安が一方的に悪化した。チャドの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2007年のプレーオフのさなか、チームメートのアイラ・ニューブルが始めたダルフール紛争で国際的に非難されているスーダン政府を支援している中国への抗議に対する署名を拒否したため非難を浴びた。この署名運動には当時キャバリアーズに所属していたラリー・ヒューズ、サーシャ・パブロビッチ、ジードルナス・イルガスカスらが署名していた 。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • E型肝炎

    E型肝炎から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2004年に、二つの地域(両方ともサハラ砂漠以南のアフリカ)での主要な大流行がみられた。その一つはチャドで、9月27日までに1,442症例の報告があり46名が死亡した。現在もなお紛争下にあるスーダンでも、人々はE型肝炎の深刻な大流行に苦しんでいる(ダルフール紛争参照)。9月28日までに、主に西ダルフール地方で、6,861症例の報告があり87名が死亡している。ユニセフ、国境なき医師団、赤十字や、その他の国際的保健機関は目下、石鹸の入手機会の増加、新たな井戸掘り、給水・貯水の塩素処理などに取り組んでいる。しかし、現存する資源は未だ充分でなく、この地域の人々の健康と福祉を保証するために、より多くの人材や資金が著しく求められている。E型肝炎 フレッシュアイペディアより)

80件中 51 - 60件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード