93件中 51 - 60件表示
  • ジェノサイド

    ジェノサイドから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ダルフール紛争における集団虐殺ジェノサイド フレッシュアイペディアより)

  • ロメオ・ダレール

    ロメオ・ダレールから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2003年にルワンダでの体験を書いた Shake Hands with the Devil を出版、カナダでベストセラーとなる。2004年には虐殺事件から10年後の追悼式典に出席するため、ルワンダを再訪。2005年にケベック州からカナダ上院議員に選出された(カナダ自由党所属、2014年1月に離党)。2006年にダルフール紛争についての集会を開催。現在は紛争の解決や平和構築について活動し、平和維持活動の教育機関ピアソン・ピースキーピング・センターや大学で講師をつとめる。ロメオ・ダレール フレッシュアイペディアより)

  • ラクダ

    ラクダから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    また砂漠地帯で長時間行動できるため、古くから駱駝騎兵として軍事利用され、現代でも軍隊やゲリラの騎馬隊がラクダを使用することがある。現代ではインドと南アフリカの2か国が純軍事的にラクダ部隊を保有しており、2007年には、ダルフール紛争の国連平和維持活動に対し、インド政府がラクダ部隊を派遣すると報道された。ラクダ フレッシュアイペディアより)

  • アフリカの軍事史

    アフリカの軍事史から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    近年東アフリカではブルンジ内戦(1993?2006)、アメリカ大使館爆破事件及びルワンダ民族浄化(ルワンダ虐殺)(1994)などの紛争が起きている。ウガンダ内戦(神の抵抗軍の反乱)やダルフール紛争は2017年9月時点でも継続しているアフリカの軍事史 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ガラン

    ジョン・ガランから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    アメリカ合衆国国務省はガランの政権への参加がダルフール紛争の解決に繋がると主張したが、他の者はこの主張は「楽観的すぎる」と看做した。ジョン・ガラン フレッシュアイペディアより)

  • ラム・アコル

    ラム・アコルから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    同年、外務大臣に就任した。外相としてはダルフール紛争の和平交渉に当たった。また、2006年(平成18年)11月6日から8日まで来日している。2007年10月、SPLMは政権から離脱を決定した。アコルは政権にとどまり外相職にあったが、10月17日、オマル・アル=バシール大統領は、内閣を改造し、デン・アロルを外相に任命し、アコルを重要でない閣内ポストに移そうとした。結局、この一連の改造劇に伴い、外相を辞任した。ラム・アコル フレッシュアイペディアより)

  • チャドの歴史

    チャドの歴史から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2003年から2004年にかけて隣国スーダンのダルフール紛争が激化、20万人とも推定される難民と追撃する民兵組織がチャド国内に侵入し、政情を不安定なものにさせた。チャドとスーダンは互いに反政府勢力へ荷担していると非難したが解決策は見いだせず、チャド国内側の治安が一方的に悪化した。チャドの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    しかしチャベスはアメリカが行っているパレスチナの和平や復興支援、スーダンのバシールがしているダルフール紛争、中国のチベットやウイグルや法輪功に対する人権弾圧、イランにおける民主化勢力への弾圧、また旧フセイン政権の極めて残忍な拷問や少数派への大量虐殺、ジンバブエの人権侵害などの悪行に対しては一切言及していない。チャベスはアメリカを一方的に批判する反面に反米的な友好国の悪行をすべて黙殺している。また冷戦時代の中ソ対立でソ連側についたフィデル・カストロは今でも友好的な国がロシアなのに対し(ただ、ラウル・カストロが中国を訪問するなど、キューバと中国の関係修復は進んでいる)、チャベスは国連安保理の常任理事国である中国とロシアの両国を後ろ盾に非常に密接な関係を持っていた。有事の際には自国の飛行場をロシア軍の大形爆撃機に貸しても良いという姿勢も見せていた。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ空軍

    ウクライナ空軍から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    また、独立後の極度の経済混乱により、ウクライナ空軍は多くの機体を退役させざるを得なくなったが、それに伴い余剰機体の輸出に力を入れてきた。主なものとしては、クロアチアへMiG-21bis/UM、エリトリアへMiG-29/UBやSu-27(S?/UB?)、スリランカへMiG-27MとMiG-23UM、アンゴラへSu-27S、イエメンへSu-17M4が輸出されている。中華人民共和国製の旧式の前面装備しか保有しないアルバニアは新しい装備を探しており、ウクライナから中古のMiG-21を購入する契約が検討されていたがこれはキャンセルとなった。また、2004年にスーダンへMiG-21を輸出したことが、同国における住民虐殺問題(ダルフール紛争)と絡んで一部で問題視された。2005年にはエストニアへMiG-23MLDとSu-24が輸出されているが、これはタルトゥにある博物館に所蔵された。2007年にはアゼルバイジャンへMiG-29 9-13とMiG-29UBが輸出されたが、これはリヴィウで近代化改修を受けた機体であり、ウクライナ製の近代化改修機としては本国に先駆けての配備となった。その他、オレンジ革命後明らかになってきたところに拠れば、クチマ政権は中華人民共和国へ航空機発射型の長距離ミサイルを密輸するなど、裏での取引も少なからず行われてきたようである。その他、自国及び各国の機材の整備も国内企業が請け負っている。ウクライナ空軍 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァネッサ・ビークロフト

    ヴァネッサ・ビークロフトから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    第52回ヴェネツィア・ビエンナーレレの際には、ビークロフトは、彼女の作品の中でもっとも政治的なパフォーマンスである「VB61、静かな死!ダルフールよ、今も耳が聞こえないの?」展(2007年)を演出した。このパフォーマンスでは、「重なりあって積み上げられた死体を模して、およそ30人のスーダン人の女性が地面に広げられた白いキャンバスの上でうつぶせに寝そべる」ことが行われたのだが、スーダンでのダルフールの虐殺を表象していたのだった。ヴァネッサ・ビークロフト フレッシュアイペディアより)

93件中 51 - 60件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード