93件中 61 - 70件表示
  • 3月4日

    3月4日から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2009年 - 国際刑事裁判所がスーダン大統領オマル・アル=バシールに対しダルフール紛争における人道に対する罪、ジェノサイド罪で逮捕状を発行。国際刑事裁判所の現職の国家元首の起訴は初。3月4日 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・シークレット

    ザ・シークレットから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    宗教学者のダグラス・E・コーワンは、悪い考えを持っているからひどい目に合うという論理で被害者を非難することを批判し、「この理屈に従うなら、誘拐された人やレイプされた人が、なにを言われることになるか想像してください」と語っている。バーンの本で長らく引用されてきた引き寄せの法則の専門家 Bob Proctor は、ABCニュースでの「ダルフール紛争で餓死した子供たちは、その飢餓を自分自身で引き寄せましたか?」という質問に、「おそらく国のせいだと思う」と答えた。しかし、彼らが主張する法則とこの答えは矛盾している。ザ・シークレット フレッシュアイペディアより)

  • 56式自動歩槍

    56式自動歩槍から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    政府の正規軍ではないゲリラや民兵、テロリスト、海賊などが56式を他国製のAKと共に用いることも多いが、それらは横流し品が兵器の闇市場で売買された物か、特定の国から供与されたものであることがほとんどである。ガザ地区を実効支配するハマスが使用する56式はイランが、ダルフール紛争で戦闘を繰り返している民兵組織ジャンジャウィードの装備する56式はスーダン政府がそれぞれ供与したものと見られている。56式自動歩槍 フレッシュアイペディアより)

  • E型肝炎

    E型肝炎から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2004年に、二つの地域(両方ともサハラ砂漠以南のアフリカ)での主要な大流行がみられた。その一つはチャドで、9月27日までに1,442症例の報告があり46名が死亡した。現在もなお紛争下にあるスーダンでも、人々はE型肝炎の深刻な大流行に苦しんでいる(ダルフール紛争参照)。9月28日までに、主に西ダルフール地方で、6,861症例の報告があり87名が死亡している。ユニセフ、国境なき医師団、赤十字や、その他の国際的保健機関は目下、石鹸の入手機会の増加、新たな井戸掘り、給水・貯水の塩素処理などに取り組んでいる。しかし、現存する資源は未だ充分でなく、この地域の人々の健康と福祉を保証するために、より多くの人材や資金が著しく求められている。E型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • 潘基文

    潘基文から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    世界連邦運動世界政策研究所のウィリアム・ペイス専務理事によれば、潘基文は人権や途上国の開発分野において優れた功績を残していると述べている。一例として、2015年から2030年までの世界の貧困削減目標を定めた『持続可能な開発目標』の採択におけるリーダーシップを挙げ、この採択は過去20年間で最も成功した国家間交渉の一つだと述べている。国連の組織運営については、潘に最も近しい人たちの話として、潘が国連組織を適切に運営できるようになるまで2年以上かかったと述べている。しかしながら国連人権高等弁務官の任命過程は適切で、また、人事や職務上の不正をしていないことは今日の世界では特筆すべきことだと述べている。スーダンにおけるダルフール危機、リビアやシリアにおける内戦、イスラム国の拡大などの事態について、潘のリーダーシップの欠如を批判する声もあるが、事務総長はスケープゴートにされているだけで、主たる責任は安保理の常任理事国5ヶ国にあると述べている。ペイスは潘基文を総評して、「カリスマ性は無いが遺産を残したリーダー」と述べている。潘基文 フレッシュアイペディアより)

  • GENEZ

    GENEZから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2年前にダルフール紛争で政府に雇われた傭兵部隊の隊長。元少佐。禿頭と面長な顔が特徴。唇は薄く目は魚のようで黒目が小さい。子供たちを誘拐して洗脳し、自軍の兵士にしていた。部隊は謙吾によって壊滅されたが生き延びており、日本に入国して謙吾に復讐しようとしたが敗れ、逮捕される。GENEZ フレッシュアイペディアより)

  • 内戦

    内戦から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2003年 - 継続 ダルフール紛争(スーダン)内戦 フレッシュアイペディアより)

  • デズモンド・ムピロ・ツツ

    デズモンド・ムピロ・ツツから見たダルフール危機ダルフール紛争

    2007年、ツツは、世界で最も困難な諸問題に取り組むために、知恵、慈愛、リーダーシップ、誠実さを提供する世界の指導者たちのグループである、の議長であることが宣言された。ツツは2013年5月までこの職務で手腕を振るった。辞任し、名誉エルダー(Honorary Elder)となると、彼は「議長としての素晴らしい6年間の後、辞任すべき時が来たと告げるのは悲しいが、エルダーとして、我々は常に終身の指導者に反対すべきである。」と述べた。ツツはThe Eldersを率いて2007年10月に(このグループが創設されてから最初のミッションとして)ダルフール危機の和平を促進するため、スーダンを訪問した。ツツは「我々の望みは、我々がダルフールにスポットライトを当て続け、この地域で平和を維持するために政府を支援することである。」と述べた。彼はまた、Eldersの代表団と共に、コートジボワール、キプロス、エチオピア、インド、南スーダン、そして中東を訪れた。ツツは特にThe Eldersが提案した児童結婚についてのイニシアティヴに関与し、「Girls Not Brides:児童結婚を終わらせるためのグローバル・パートナーシップ」を立ち上げるため、2011年9月にニューヨークのクリントン・グローバル・イニシアティヴに参加した。デズモンド・ムピロ・ツツ フレッシュアイペディアより)

  • チャド

    チャドから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    チャドは2004年頃から隣国スーダンのダルフール紛争が激化した影響により、国内の反政府勢力も活発化。2006年4月には、反政府軍から首都ンジャメナが攻撃を受ける事態となった。イドリス・デビ大統領は攻撃を撃退し、翌5月の総選挙で勝利し再び国内の体制固めを行ったものの、2008年1月には、アティが反政府勢力の影響下となり、翌2月には再び首都のンジャメナが攻撃に晒される状況となっている。チャド フレッシュアイペディアより)

  • ミア・ファロー

    ミア・ファローから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    国連親善大使のほか、ダルフール紛争解決へ向けた活動を行うなど社会的な一面も見せる。後者については、2007年3月、紛争を解決しようという姿勢を見せない中華人民共和国を牽制するために、北京オリンピック組織委員会顧問のスティーヴン・スピルバーグに抗議活動を行い話題となった(抗議との関連性は不明であるが、翌月、スピルバーグは中国国家主席に対し、紛争解決を働きかけるよう書簡を送った)。2009年にはハンガーストライキも行っている。ミア・ファロー フレッシュアイペディアより)

93件中 61 - 70件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード