1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示
  • オマル・アル=バシール

    オマル・アル=バシールから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    オマル・ハサン・アフマド・アル=バシール(??? ??? ???? ??????、Omar Hasan Ahmad al-Bashīr、1944年1月1日 - )は、スーダンの政治家、軍人。1989年にクーデターによって軍事政権を成立させ政権を掌握。現在は同国大統領および与党国民会議の議長(党首)を務める。2003年から続くダルフール紛争での集団虐殺に関与にしたとして国際刑事裁判所から逮捕状が出されている。オマル・アル=バシール フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    しかしチャベスはアメリカが行っているパレスチナの和平や復興支援、スーダンのバシールがしているダルフール紛争、中国のチベットやウイグルや法輪功に対する人権弾圧、イランにおける民主化勢力への弾圧、また旧フセイン政権の極めて残忍な拷問や少数派への大量虐殺、ジンバブエの人権侵害などの悪行に対しては一切言及していない。チャベスはアメリカを一方的に批判する反面に反米的な友好国の悪行をすべて黙殺している。また冷戦時代の中ソ対立でソ連側についたフィデル・カストロは今でも友好的な国がロシアなのに対し(ただ、ラウル・カストロが中国を訪問するなど、キューバと中国の関係修復は進んでいる)、チャベスは国連安保理の常任理事国である中国とロシアの両国を後ろ盾に非常に密接な関係を持っている。有事の際には自国の飛行場をロシア軍の大形爆撃機に貸しても良いという姿勢も見せている。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • 国民会議 (スーダン)

    国民会議 (スーダン)から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    党首に相当する党議長はバシール大統領が務める。イスラム原理主義政党と考えるのが一般的だが、党政策はこの他にも、アラブとアフリカの統合推進、対立する「アラブ系」と非アラブ人の融和、包括的な国家開発の促進などを掲げている。しかし党の最も重要な使命は国政へのシャリーアの導入など、スーダンのイスラーム化であり、世俗主義者や南部の非アラブ系のアニミストやキリスト教徒の反感を買いスーダン内戦の原因となっている。「アラブ系中心主義」がダルフール紛争の要因であるとされるが、弾圧の対象には「アラブ系」のベジャ会議なども含まれ、また黒人勢力間でも分断工作を行い内戦を複雑化させている。強硬な政治運営が内外から白眼視されている。そのため近年、急激なイスラーム化は控えつつある。国民会議 (スーダン) フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・スピルバーグ

    スティーヴン・スピルバーグから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2008年2月、ダルフール紛争での中国政府の対応に不満を持ったスピルバーグは同年の北京オリンピックの芸術顧問を降板した。スピルバーグは「これ以上この仕事を続けるのは私の良心が耐えられない」という声明を発表した。また、「スーダン政府には継続しているこれら犯罪行為の責任があるが、国際社会、特に中国はもっと手を打つべきだ」とも述べた。国際オリンピック委員会(IOC)はスピルバーグの決断を尊重したが、IOC会長のジャック・ロゲはインタビューで「(スピルバーグは)確かに創造性の面で開幕式へ多くものを提供しただろう。」と認めた。スピルバーグの声明は中国当局と国営メディアから「不公平」であると批判された。スティーヴン・スピルバーグ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンジャウィード

    ジャンジャウィードから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2003年以降のダルフール紛争の主要な当事者であり、アラブ人が支配するスーダン政府の支援を受けて非アラブ人国民に対して民族浄化を行なっている。彼等によって殺害されたのは、2003年以降で1万人とも3万人とも言われている。ジャンジャウィード フレッシュアイペディアより)

  • セゴレーヌ・ロワイヤル

    セゴレーヌ・ロワイヤルから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    中国に対しては、ダルフール紛争をめぐる中国の介入に抗議し、北京五輪ボイコットを呼びかけた。セゴレーヌ・ロワイヤル フレッシュアイペディアより)

  • セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

    セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2005年、ダルフール紛争にある共和国に人道支援活動を実施。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 経済制裁

    経済制裁から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ダルフール紛争での非アラブ系住民の虐殺 1996年6月 - 2001年9月)経済制裁 フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀

    21世紀から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2月 - スーダン西部でダルフール紛争勃発。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    中華人民共和国政府は、人権抑圧国家と言われているスーダン、ミャンマー、ジンバブエ、イラン、北朝鮮などの国々との関係を深めている。例えばスーダンのダルフール紛争の大量虐殺に対する国際介入に反対する動きをとっている。また、近年になりイスラム過激派テロ組織に武器・弾薬を横流ししている疑惑が暴かれた。さらに、2011年夏に北朝鮮に長距離弾道ミサイル運搬用特殊車両を輸出していた(これは国連安保理決議違反である)ことも判明した。こうしたことから欧米諸国の知識人やマスコミは、中華人民共和国政府を「自由と人権の敵」として批判することが多い(詳細は中国の人権問題を参照)。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード