93件中 81 - 90件表示
  • 真珠の首飾り戦略

    真珠の首飾り戦略から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2008年終わりごろからのソマリア沖の海賊、継続中のダルフール紛争、ジンバブエのロバート・ムガベの断続的な弾圧 などの敵対行為に対して、中国の外交方針は現在より直接的なアプローチへとシフトしている。真珠の首飾り戦略 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    小沢は国際治安支援部隊に対しては容認しており、ダルフール紛争への部隊の参加、国際治安支援部隊(ISAF)への参加など国連中心主義(憲法は国連より下位に位置)を強調した。ただし、その際の武器の使用基準見直しについては明言していなかった。なお政府は、ISAF本体への護衛参加については、合憲であるとの見解をまとめている。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・スピルバーグ

    スティーヴン・スピルバーグから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2008年2月、ダルフール紛争での中国政府の対応に不満を持ったスピルバーグは同年の北京オリンピックの芸術顧問を降板した。スピルバーグは「これ以上この仕事を続けるのは私の良心が耐えられない」という声明を発表した。また、「スーダン政府には継続しているこれら犯罪行為の責任があるが、国際社会、特に中国はもっと手を打つべきだ」とも述べた。国際オリンピック委員会(IOC)はスピルバーグの決断を尊重したが、IOC会長のジャック・ロゲはインタビューで「(スピルバーグは)確かに創造性の面で開幕式へ多くものを提供しただろう。」と認めた。スピルバーグの声明は中国当局と国営メディアから「不公平」であると批判された。スティーヴン・スピルバーグ フレッシュアイペディアより)

  • ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニー

    ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニーから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    近年、カタールはレバノンの国内対立解消やダルフール紛争の和平仲介、チャド・スーダン間の対立解消をはじめとする地域の諸問題解決において存在感を示しているが、ハマドの存在は大なるものがあり、『タイム』誌の「世界で最も影響力のある100人」の一人に選ばれたことがある。ハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニー フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合人権理事会

    国際連合人権理事会から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    人権委員会は、委員となる国の資格を特に定めていなかった。そのため、ダルフール紛争の渦中で劣悪な人権状況にあると指摘されるスーダンが議長国となるなど、問題が多かった。人権理事会では、まずその点を改め、理事となる国には「最高水準」()の人権状況が求められるようにした。理事国に深刻かつ組織的な人権侵害があった場合には、総会で投票国の3分の2以上の賛成により理事国資格が停止される。国際連合人権理事会 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ

    アフリカから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    そのために内戦や紛争も多く、代表的なものでは1991年からのソマリア内戦、1997年からのコンゴ内戦、2003年からのダルフール紛争などが尾を引いている。国民の大多数がイスラム教徒であり、比較的に安定した政治を行っていた北アフリカも、2010年に発生した各国の動乱以来、政権が大きく揺らいでいる。アフリカ フレッシュアイペディアより)

  • 新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題

    新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    ジャーナリストの櫻井よしこは、2009年に中国政府が人口62万人のラオスの首都ビエンチャンに大規模な土地を購入して5万人の中華街を作ったことによって、ラオス全体が中国の強い影響下に収まりつつあることや中国政府がダルフール紛争で支援をおこなったアフリカのスーダンで20万人規模の中華街が作られていることを挙げ、新潟における中国総領事館や中華街設置のための用地買収に懸念を示した。また、中国政府は決して中国国内の土地を売らないため、日本が中国に開設している総領事館は全て賃貸物権であるが、中国が日本に開設した領事館は新潟、名古屋を除いて土地を取得しており、その新潟、名古屋でも土地を取得しようとしているのは不平等であると非難している。新潟中国総領事館の万代小学校跡地移転問題 フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀

    21世紀から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    2月 - スーダン西部でダルフール紛争勃発。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の経済

    中華人民共和国の経済から見たダルフール紛争ダルフール紛争

    中国は1998年の国有企業改革により、中国石油天然気集団公司、中国石油化工、中国海洋石油総公司の三社に再編された。これら三社が高まる中国国内の石油需要に対応すべく石油利権の獲得に乗り出している。アフリカではダルフール紛争が起きたスーダン、スーダンの隣国のチャド、累積債務の返済について先進国と交渉している最中のアンゴラ、アフリカ最大の原油産油国のナイジェリア等の国々が挙げられる。また、中国は中央アジアからの石油資源開発に乗り出しており、中国中信集団公司(zh)はカザフスタンの油田に投資してきている。中華人民共和国の経済 フレッシュアイペディアより)

  • スーダン

    スーダンから見たダルフール紛争ダルフール紛争

    西部のダルフール地方3州でも2003年以降、アラブ系と非アラブ系の定住民フール人や遊牧民ザガワ人などとの対立が激化し、ダルフール紛争が勃発した。双方が武装勢力を組織したが、特に政府の支援を受けたアラブ系の民兵組織ジャンジャウィードの勢力が強く、民族浄化がおこなわれたとして非難の対象となった。また、多くの難民がチャドに流れ込み、ザガワ人のイドリス・デビ大統領が実権を握るチャドとの関係も極度に悪化した。2004年アフリカ連合が監視要員の派遣を決定した。スーダン フレッシュアイペディアより)

93件中 81 - 90件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード