141件中 41 - 50件表示
  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た銀行

    5月30日、ブッシュ政権はスーダン系企業31社の米国系銀行との直接取引を停止させる追加の経済制裁措置を実施した。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たジェノサイド

    状況が深刻化するにつれ、災厄が迫っているという警告が発せられた。国連事務総長のコフィ・アナンは、ダルフールでの大量虐殺の危機は「ぞっとさせられるぐらいに現実的」だと述べた。ジャンジャウィードによる作戦の度合いも、(スーダン政府によっては強く否定されるものの)ルワンダのジェノサイドと比較されるに至った。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た国際連合事務総長

    この紛争で2003年2月の衝突以降、正確な数字は不明であるがおよそ40万人程度が既に殺害され、現在進行中の民族浄化の事例として広く報告されている。2004年6月3日の国連事務総長の公式統括(bilan officiel)によれば、1956年の独立以来、1972年から1983年の11年間を除く期間に、200万人の死者、400万人の家を追われた者、60万人の難民が発生しているとされる (UN Doc.S/2004/453)。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たアラブ人

    ダルフール紛争(ダルフールふんそう)は、スーダン西部のダルフール地方で継続中の紛争。特に近年のものはダルフール地方の反政府勢力の反乱を契機に、スーダン政府軍とスーダン政府に支援されたアラブ系の「ジャンジャウィード」(Janjaweed, Janjawid, Jingaweit)と呼ばれる民兵の反撃が、地域の非アラブ系住民の大規模な虐殺や村落の破壊にまで発展したものである。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た民兵

    ダルフール紛争(ダルフールふんそう)は、スーダン西部のダルフール地方で継続中の紛争。特に近年のものはダルフール地方の反政府勢力の反乱を契機に、スーダン政府軍とスーダン政府に支援されたアラブ系の「ジャンジャウィード」(Janjaweed, Janjawid, Jingaweit)と呼ばれる民兵の反撃が、地域の非アラブ系住民の大規模な虐殺や村落の破壊にまで発展したものである。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たジャンジャウィード

    ダルフール紛争(ダルフールふんそう)は、スーダン西部のダルフール地方で継続中の紛争。特に近年のものはダルフール地方の反政府勢力の反乱を契機に、スーダン政府軍とスーダン政府に支援されたアラブ系の「ジャンジャウィード」(Janjaweed, Janjawid, Jingaweit)と呼ばれる民兵の反撃が、地域の非アラブ系住民の大規模な虐殺や村落の破壊にまで発展したものである。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た中華人民共和国

    9月18日、国連安保理は米国のダンフォース国連大使などの提案による、スーダン政府に対し紛争防止の履行がない場合のAU監視部隊の拡大AUによる虐殺の査察および石油の禁輸などによる制裁を警告する決議案(安保理決議1564号)を賛成11、棄権4(アルジェリア、中華人民共和国、ロシア、パキスタン)、反対0で可決した。中華人民共和国とパキスタンはスーダンに石油権益を持つため難色を示していた。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た国際連合

    近年の衝突は2003年2月26日にダルフール解放運動と名乗る反乱軍がゴロの警察署を攻撃したことから始まったと主張されているが、それ以前から反乱軍は軍や警察の拠点を襲撃していた。スーダン政府は地域のアラブ系住民による民兵組織ジャンジャウィードによる地上攻撃を空爆によって支援した。記者のジュリー・フリントとアレックス・デ・ワールは反乱は2001年7月21日にフール人とザガワのグループがアブー・ガムラに集まり、政府の支援による攻撃から彼らの村を守ることをクルアーンにかけて誓ったことから始まると表明している。紛争が政治的な意図に基づいているため、民兵などのエスニシティに基づいて攻撃対象とされた村には人種的な要素の他に、牧羊者(大半がアラブ系)と農民(一般に非アラブ人)との水と土地に関する経済的な争いにも関係する要素がみられた。国連の監視チームは、アラブ人の村が手つかずで残された一方、非アラブ人の村が選ばれていると報道した。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たルワンダ

    2004年8月に、AUは停戦監視団を保護するために150人のルワンダの部隊をダルフールに送った。しかし決定時には「部隊の権限は、民間人の保護を含んでいなかった」が、ルワンダの大統領ポール・カガメは、「もし民間人がそのとき危険な状態にあることが確証されれば、私たちの軍は確かに介在し民間人を保護するために兵力を使用するだろう」と宣言した。だが、そのような努力には確実に150人を超える軍隊を必要とする。ルワンダ部隊は8月の終わりに150人のナイジェリアの部隊と合流した。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たロシア

    9月18日、国連安保理は米国のダンフォース国連大使などの提案による、スーダン政府に対し紛争防止の履行がない場合のAU監視部隊の拡大AUによる虐殺の査察および石油の禁輸などによる制裁を警告する決議案(安保理決議1564号)を賛成11、棄権4(アルジェリア、中華人民共和国、ロシア、パキスタン)、反対0で可決した。中華人民共和国とパキスタンはスーダンに石油権益を持つため難色を示していた。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

141件中 41 - 50件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード