98件中 61 - 70件表示
  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た国際連合安全保障理事会決議1706

    8月31日、国連安保理は安保理決議1706号により、国際連合スーダン派遣団(UNMIS)を増派しダルフールにも17,300人の平和維持軍を派遣することを採択した。スーダン政府はこれに強く反発した。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た英語

    JEM(英語、ドイツ語、フランス語、アラビア語)ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たフール人

    ダルフールは多くの民族が居住している地域で、大別するとフール人、マサリート、ザガワなどの非アラブ系の諸民族と、バッガーラと呼ばれる13世紀以降にこの地域に移住してきたアラブ系とで構成されている。いずれもムスリムであるが、両者の関係は長年緊張を伴うものだった。植民地化される前のフール王国はバッガーラ(正確にはリザイカート)としばしば衝突した。さらに20世紀までダルフールは奴隷交易の中心地の1つで、ギニア湾岸やエジプトなど沿岸地域へ供給する奴隷を手に入れるため、バール・エル=ガザルの辺までフール人とアラブ系との奴隷主が競り合った。フール人やマサリートは定住農民であり、アラブ系やザガワは遊牧する牧畜民であったので、土地や水などの資源をめぐり、経済的な需要からも二つのグループに分かれて紛争が生じた。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た紛争

    ダルフール紛争(ダルフールふんそう)は、スーダン(Sudan)西部のダルフール(Darfur)地方での紛争。特に近年のものはダルフール地方の反政府勢力の反乱を契機に、スーダン政府軍とスーダン政府に支援されたアラブ系の「ジャンジャウィード」(Janjaweed, Janjawid, Jingaweit)と呼ばれる民兵の反撃が、地域の非アラブ系住民の大規模な虐殺や村落の破壊に発展したものである。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たアラブ首長国連邦

    1月11日にスーダンの大統領:バシールが軍事上のトップを辞任したのを国営スーダン通信及びアラブ首長国連邦ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た石油

    1956年の独立以降、スーダン政府はアラブ化する傾向を強め、1958年からは軍事独裁政権だった。1955年にはムスリムによるスーダン政府とほぼムスリムでないスーダン南部の非アラブ系諸民族連合との間で内戦が起こり、1972年から1983年の停戦期間を除いて戦闘が2002年の休戦宣言まで続けられていた。2003年の包括和平協定では北部のスーダン統一政府と、南部の反政府グループにより樹立された暫定南スーダン政府との間で国家の歳入(主には石油収入)を分け合うことが合意された。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たBS世界のドキュメンタリー

    『潜入ルポ ダルフール 隠された真実』BS世界のドキュメンタリー、NHK衛星第1、2008年05月20日 初回放送、原題 :「Darfur: The Hidden Truth」、製作 : Tony Comiti Productions (フランス) 2007年、NHK による番組詳細情報。ダルフール地方への潜入ルポルタージュである。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た書簡

    4月-映画監督のスティーヴン・スピルバーグは、中華人民共和国の胡錦濤国家主席にダルフール紛争を収拾させるため、スーダン政府に圧力をかけるよう書簡を送った。スティーヴン・スピルバーグは北京オリンピック組織委員会芸術顧問に要請されていたが、この紛争に対する中華人民共和国の対応を批判して2008年2月辞退したダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たスーダン解放軍

    しかしこの合意はダルフール地方の活動家たちの非アラブ系民族の公正な扱いの要求を満たすものではなかった。2つの地域の反政府集団、正義と平等運動 (JEM) とスーダン解放運動/軍(SLM/A, ダルフール解放戦線、DLFから改称)が政府による、アラブ人の要望に応じた非アラブ人への圧力を非難した。ハサン・トラービーはJEMを支援しているとして非難され、2004年3月以降反乱に関与したと断定され投獄された1。トラービーは関与を否定しているが、「事態を悪化させている」として政府を批判した。SLM はおおよそフール人とマサリートとで、JEM はダルフール北部のザガワによって組織された。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たムスリム

    ダルフールは多くの民族が居住している地域で、大別するとフール人、マサリート、ザガワなどの非アラブ系の諸民族と、バッガーラと呼ばれる13世紀以降にこの地域に移住してきたアラブ系とで構成されている。いずれもムスリムであるが、両者の関係は長年緊張を伴うものだった。植民地化される前のフール王国はバッガーラ(正確にはリザイカート)としばしば衝突した。さらに20世紀までダルフールは奴隷交易の中心地の1つで、ギニア湾岸やエジプトなど沿岸地域へ供給する奴隷を手に入れるため、バール・エル=ガザルの辺までフール人とアラブ系との奴隷主が競り合った。フール人やマサリートは定住農民であり、アラブ系やザガワは遊牧する牧畜民であったので、土地や水などの資源をめぐり、経済的な需要からも二つのグループに分かれて紛争が生じた。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

98件中 61 - 70件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード