141件中 81 - 90件表示
  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たパキスタン

    9月18日、国連安保理は米国のダンフォース国連大使などの提案による、スーダン政府に対し紛争防止の履行がない場合のAU監視部隊の拡大AUによる虐殺の査察および石油の禁輸などによる制裁を警告する決議案(安保理決議1564号)を賛成11、棄権4(アルジェリア、中華人民共和国、ロシア、パキスタン)、反対0で可決した。中華人民共和国とパキスタンはスーダンに石油権益を持つため難色を示していた。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たコロンビア大学

    6月4日にコロンビア大学のマフムード・マムダニはデモクラシー・ナウ!に対し、「ダルフールを救え」同盟のキャンペーンや米国による制裁のあり方を現地の援助を危機に陥れるものとして非難し、同じような犠牲者の発生しているイラク戦争や米国の同盟者であるウガンダとルワンダにより犠牲者数では10倍以上の虐殺が行われている第二次コンゴ戦争をジェノサイドと呼ばずダルフール紛争のみをジェノサイドと呼ぶ米国などによるジェノサイド呼称の政治利用を批判した。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たアメリカ合衆国国務長官

    7月初め、アメリカ国務長官のコリン・パウエルはスーダンとダルフールを訪れ、スーダン政府にジャンジャウィードへの支援を止めるように説得した。アナンはこの訪問を「建設的だ」と評した。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たイギリス

    スーダン政府はこの紛争を「単に小競り合いだ」とし、大統領であるオマル・アル=バシールは、「ダルフールに対する国際的な懸念は実際はスーダンがイスラム国家であることを標的にしている」と語った。スーダン政府は、物資などの支援を求めながら、「東アフリカの国の内政問題に干渉しないように」イギリスおよびアメリカに警告し、自らが「どんな軍事援助をも拒絶するだろう」と語った。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た民進党代表

    2005年5月、民主党の岡田克也代表(当時)がスーダンを訪問。ダルフール地方の難民キャンプを視察し、人道援助を行う考えを示した。その後、外務省は、人道上の問題で中断していたODAを再開する決定を行っている。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たアラブ世界

    3月6日、国連安保理は、スーダン政府の出した退去命令について非公開協議で対応方針を決められなかった。中国が逮捕状発行も問題視すべきだと主張し、アラブ諸国もスーダン大統領を支持したらしいという報道があった。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たドイツ語

    JEM(英語、ドイツ語、フランス語、アラビア語)ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た警察

    近年の衝突は2003年2月26日にダルフール解放運動と名乗る反乱軍がゴロの警察署を攻撃したことから始まったと主張されているが、それ以前から反乱軍は軍や警察の拠点を襲撃していた。スーダン政府は地域のアラブ系住民による民兵組織ジャンジャウィードによる地上攻撃を空爆によって支援した。記者のジュリー・フリントとアレックス・デ・ワールは反乱は2001年7月21日にフール人とザガワのグループがアブー・ガムラに集まり、政府の支援による攻撃から彼らの村を守ることをクルアーンにかけて誓ったことから始まると表明している。紛争が政治的な意図に基づいているため、民兵などのエスニシティに基づいて攻撃対象とされた村には人種的な要素の他に、牧羊者(大半がアラブ系)と農民(一般に非アラブ人)との水と土地に関する経済的な争いにも関係する要素がみられた。国連の監視チームは、アラブ人の村が手つかずで残された一方、非アラブ人の村が選ばれていると報道した。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見た奴隷

    ダルフールは多くの民族が居住している地域で、大別するとフール人、、ザガワなどの非アラブ系の諸民族と、と呼ばれる13世紀以降にこの地域に移住してきたアラブ系とで構成されている。いずれもムスリムであるが、両者の関係は長年緊張を伴うものだった。植民地化される前のフール王国はバッガーラ(正確にはリザイカート)としばしば衝突した。さらに20世紀までダルフールは奴隷交易の中心地の1つで、ギニア湾岸やエジプトなど沿岸地域へ供給する奴隷を手に入れるため、バール・エル=ガザルの辺までフール人とアラブ系との奴隷主が競り合った。フール人やマサリートは定住農民であり、アラブ系やザガワは遊牧する牧畜民であったので、土地や水などの資源をめぐり、経済的な需要からも二つのグループに分かれて紛争が生じた。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ダルフール紛争

    ダルフール紛争から見たエスニシティ

    近年の衝突は2003年2月26日にダルフール解放運動と名乗る反乱軍がゴロの警察署を攻撃したことから始まったと主張されているが、それ以前から反乱軍は軍や警察の拠点を襲撃していた。スーダン政府は地域のアラブ系住民による民兵組織ジャンジャウィードによる地上攻撃を空爆によって支援した。記者のジュリー・フリントとアレックス・デ・ワールは反乱は2001年7月21日にフール人とザガワのグループがアブー・ガムラに集まり、政府の支援による攻撃から彼らの村を守ることをクルアーンにかけて誓ったことから始まると表明している。紛争が政治的な意図に基づいているため、民兵などのエスニシティに基づいて攻撃対象とされた村には人種的な要素の他に、牧羊者(大半がアラブ系)と農民(一般に非アラブ人)との水と土地に関する経済的な争いにも関係する要素がみられた。国連の監視チームは、アラブ人の村が手つかずで残された一方、非アラブ人の村が選ばれていると報道した。ダルフール紛争 フレッシュアイペディアより)

141件中 81 - 90件表示

「ダルフール紛争」のニューストピックワード