前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • テーオーシー

    テーオーシーから見たダヴィンチ・ホールディングスダヴィンチ・ホールディングス

    2007年5月 - 株式会社ダヴィンチ・アドバイザーズの子会社・有限会社アルガーブが株式約10%を取得。テーオーシー フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィンチ・アドバイザーズ

    ダヴィンチ・アドバイザーズから見たダヴィンチ・ホールディングスダヴィンチ・ホールディングス

    ダヴィンチ・アドバイザーズ フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィンチアドバイザーズ

    ダヴィンチアドバイザーズから見たダヴィンチ・ホールディングスダヴィンチ・ホールディングス

    ダヴィンチアドバイザーズ フレッシュアイペディアより)

  • PCCW

    PCCWから見たダヴィンチ・ホールディングスダヴィンチ・ホールディングス

    日本では、東京駅八重洲口の旧国鉄の所有していた土地を買収し高層オフィスビル「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」を建て、「フォーシーズンズホテル丸の内東京」を併設させるなど、豊富な資金調達力を背景にさまざまな動きを見せることで話題を集めた。その後2006年9月20日に同ビルを約2000億円でダヴィンチ・ホールディングス系の不動産投資ファンドに売却した。PCCW フレッシュアイペディアより)

  • 第百銀行

    第百銀行から見たダヴィンチ・ホールディングスダヴィンチ・ホールディングス

    第百銀行(だいひゃくぎんこう)はかつて存在した都市銀行。川崎財閥の中核銀行だったが、1943年三菱銀行に吸収合併された。本店は東京都中央区日本橋一丁目7-9(現在ダヴィンチ日本橋179ビル所在地)にあった。行章は「百」の字を円形に図案化した物を使用。第百銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 秀和

    秀和から見たダヴィンチ・ホールディングスダヴィンチ・ホールディングス

    2005年(平成17年)には、再建スポンサーとして秀和を買収したモルガン・スタンレー傘下の不動産ファンドに所有権が移った。その翌年である2006年(平成18年)、ダヴィンチ・アドバイザーズがこれを購入したが、購入額は1,430億円であり、単独物件として日本国内で最大級の不動産取引となった。秀和 フレッシュアイペディアより)

  • 李沢楷

    李沢楷から見たダヴィンチ・アドバイザーズダヴィンチ・ホールディングス

    2006年にオフィス部分のみをダヴィンチ・アドバイザーズへ売却したが、現在もフォーシーズンズホテル丸の内東京は保有して経営を続けている。李沢楷 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィックセンチュリープレイス丸の内

    パシフィックセンチュリープレイス丸の内から見たダヴィンチ・アドバイザーズダヴィンチ・ホールディングス

    2006年9月20日にダヴィンチ・アドバイザーズがPCCWから2000億円で、2009年12月にはセキュアード・キャピタル・ジャパンがダヴィンチ社から1400億円で当ビルオフィス部分の全部を取得している。金融危機後で国内最大の不動産取引となっている。パシフィックセンチュリープレイス丸の内 フレッシュアイペディアより)

  • リッカー

    リッカーから見たダヴィンチ・アドバイザーズダヴィンチ・ホールディングス

    リッカー会館として1963年に建設された本社ビルは、その年の日本建築学会賞を受賞している。リッカー倒産後はダイエーがテナントビルとして使用した。2002年にダヴィンチ・アドバイザーズ へ売却され、オフィスビル「ダヴィンチ銀座」として使用されている。リッカー フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見たダヴィンチ・ホールディングスダヴィンチ・ホールディングス

    森ビル・森トラスト・ケン・コーポレーション・木下工務店・アーバンコーポレイション・ダヴィンチ・アドバイザーズ・スルガコーポレーション・アルデプロ・プロパスト等不動産会社 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示