前へ 1 次へ
6件中 1 - 6件表示
  • ダヴィンチ・アドバイザーズ

    ダヴィンチ・アドバイザーズから見たダヴィンチ・ホールディングスDAホールディングス

    ダヴィンチ・アドバイザーズ フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィンチアドバイザーズ

    ダヴィンチアドバイザーズから見たダヴィンチ・ホールディングスDAホールディングス

    ダヴィンチアドバイザーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジュールA

    ジュールAから見たダヴィンチ・ホールディングスDAホールディングス

    鈴木エドワードが設計を担当。地上11階・地下4階建で、下層部は4層分の吹き抜けとなっている。この吹き抜け部分は公開空地で、総合設計制度により容積率緩和を目指す目的がある。当初は複合オフィスビルとして建設され、地下に会員制のレストランやクラブ、吹き抜けの上4フロアはオフィス、その上にスポーツジムを設け、上層階2フロアはマンションとした。のちに内装がフルリノベーションされ、賃貸マンション主体の構成となっている。雲をイメージした切り込みを入れたパンチングメタルの外装が特徴的であり、これには目の前の幹線道路の騒音や、首都高速道路の視界を遮る目的がある。2004年にダヴィンチが所有権を取得したのち、2014年にはゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが運用する不動産投資信託であるジャパン・プライベート・リート投資法人が取得したジュールA フレッシュアイペディアより)

  • 秀和

    秀和から見たDAホールディングスDAホールディングス

    2005年(平成17年)には、再建スポンサーとして秀和を買収したモルガン・スタンレー傘下の不動産ファンドに所有権が移った。その翌年である2006年(平成18年)、ダヴィンチ・アドバイザーズがこれを購入したが、購入額は1,430億円であり、単独物件として日本国内で最大級の不動産取引となった。秀和 フレッシュアイペディアより)

  • Daiwa銀座ビル

    Daiwa銀座ビルから見たDAホールディングスDAホールディングス

    2002年、株式会社ダヴィンチ・アドバイザーズが運用するファンドが本ビルを取得した。資産価値の向上にあたり、建て替えではなくリニューアルを選択。これには、完成後の建築基準法の改正による容積率制限の変更のため、建て替えでは従前の延床面積を確保できないという理由があった。改装には約1年半を要し、空調室外機の屋上への移設、筋交いを用いない耐震補強、アスベストの除去とともに、地下の受電設備の屋上への移設により貸室面積の増加を図った。このリニューアル事業により、2005年に建築・設備維持保全推進協会主催で優良な長寿命建築物を評価する「BELCA賞ロングライフ部門」を受賞した。Daiwa銀座ビル フレッシュアイペディアより)

  • 不動産会社

    不動産会社から見たDAホールディングスDAホールディングス

    森ビル・森トラスト・レジデンス・ビルディングマネジメント・ケン・コーポレーション・木下工務店・アーバンコーポレイション・DAインベストメンツ・スルガコーポレーション・アルデプロ・プロパスト等不動産会社 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
6件中 1 - 6件表示