前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 2009年のワールドシリーズ

    2009年のワールドシリーズから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    試合開始前にファーストレディのミシェル・オバマとセカンドレディのジル・バイデンが、ヨギ・ベラをマウンドまでエスコート。そして始球式をイラク戦争で左肩を失い、現在はヤンキースタジアムで働くトニー・オディエルノが務めた。フィリーズのライアン・ハワードが初回にワールドシリーズ初安打を記録。3回にチェイス・アトリーのソロ本塁打でフィリーズが先制。フィリーズの先発クリフ・リーは、ヤンキース打線を5回終了時点で無失点・被安打3に抑え、7奪三振を記録。6回にチェイス・アットリーがソロ本塁打を放ち、2対0とリードを広げた。ワールドシリーズ史上、左打者による左腕からの1試合2本塁打は1928年のワールドシリーズ第4戦のベーブ・ルース以来の快挙となった。先発を務めたCC・サバシアとクリフ・リーはともにクオリティ・スタートを記録。ヤンキースは8回にサバシアに代わり、フィル・ヒューズが登板。ヒューズは2四球を与え、アウトを取ることができず降板。その後、ダマソ・マーテが打者2人を抑え、デビッド・ロバートソンが登板。しかし、ロバートソンはジェイソン・ワースに四球を与え、後続のラウル・イバニェスに2点タイムリーを放たれた。フィリーズは9回に2点を追加。2009年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のワールドシリーズ

    2008年のワールドシリーズから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    フィリーズは初回にシェーン・ビクトリーノが安打で出塁し、チェイス・アトリーの2ラン本塁打で先制。2回には満塁としたが、シェーン・ビクトリーノがホームベースでアウトとなったため、得点することができなかった。レイズも3回に満塁としたが、B.J.アプトンが併殺に倒れ、得点することができなかった。フィリーズは4回にカルロス・ルイスの安打で1点を追加、レイズもその裏にカール・クロフォードの本塁打で1点を追加し、5回には岩村明憲の安打で1点を追加。レイズ先発のスコット・カズミアーは、6回を投げ降板。リリーフ登板したJ.P.ハウエル、グラント・バルフォア、トレバー・ミラー、ダン・ウィーラーは無失点に抑えた。フィリーズ先発のコール・ハメルズは7回を2失点に抑え、勝ち投手の権利を得たまま降板。リリーフ登板したライアン・マドソンとブラッド・リッジは無失点に抑え、リッジはセーブを記録した。2008年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のメジャーリーグベースボール

    2008年のメジャーリーグベースボールから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    4月21日 - フィリーズのチェイス・アトリーが球団タイ記録の5試合連続本塁打を放つ。2008年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • エリック・バレント

    エリック・バレントから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    UCLAではトロイ・グロース、エリック・バーンズ、チェイス・アトリー、ギャレット・アトキンスらとチームメートとなり、1997年のカレッジワールドシリーズでは優勝を果たした。3年間しか大学でプレイしなかったが、パシフィック・テン・カンファレンス記録となる69本塁打をはじめ、219打点をあげた。1998年にはカンファレンスのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、同年6月2日に行われたサプルメンタルドラフトの1巡目全体42番目にフィラデルフィア・フィリーズに指名された。エリック・バレント フレッシュアイペディアより)

  • コーディ・ランサム

    コーディ・ランサムから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    2010年はフィラデルフィア・フィリーズでプレーした。怪我で離脱したチェイス・アトリーやプラシド・ポランコの穴を埋めるため、主に守備固めの起用だった。コーディ・ランサム フレッシュアイペディアより)

  • オールスター・フューチャーズゲーム

    オールスター・フューチャーズゲームから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    Chase Utley(チェイス・アトリー), IF (U.S.), 2001オールスター・フューチャーズゲーム フレッシュアイペディアより)

  • イアン・キンスラー

    イアン・キンスラーから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    イアン・マイケル・キンスラー(Ian Michael Kinsler, 1982年6月22日 - )は、MLBテキサス・レンジャーズに所属する内野手(二塁手)。右投右打。アメリカ合衆国アリゾナ州ツーソン出身。パワーとスピードを兼ね備えた好選手で、「チェイス・アトリー(フィリーズ)に次ぐオフェンシブな二塁手」としての地位を着々と築きつつある。メディアによっては、キンズラーとの表記が見られる事もある。イアン・キンスラー フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のMLBオールスターゲーム

    2008年のMLBオールスターゲームから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    ファン投票は4月29日から7月2日まで大リーグ公式サイトなどで行われ、結果は7月6日に発表された。最多得票は、ナショナルリーグが3,889,602票を獲得したチェイス・アトリー(PHI)、アメリカンリーグが3,934,518票を獲得したアレックス・ロドリゲス(NYY)。デビッド・オルティーズとアルフォンソ・ソリアーノは怪我を理由に出場を辞退している。2008年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • オマー・インファンテ

    オマー・インファンテから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    は開幕当初は二塁手としてプレーしていたが、ギーエンが怪我で長期離脱を余儀なくされてしまった。そのため、タイガースはインファンテを遊撃手に移し、チェイス・アトリーが台頭し始めていたフィラデルフィア・フィリーズから、好守の二塁手であるプラシド・ポランコをトレードで獲得することで、ギーエンの穴を埋めた。結局、遊撃手と二塁手をほぼ半分ずつ守りながら121試合に出場。オマー・インファンテ フレッシュアイペディアより)

  • デイビー・ロープス

    デイビー・ロープスから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    は出場151試合、打率.278、17本塁打、58打点、出塁率.355、45盗塁(3位)、93得点(6位)の好成績を挙げ、MVP投票の16位にランクされた他、ゴールドグラブ賞を受賞し、MLBオールスターゲームに初選出された。なお、ロープスはこの年からまで4年連続でオールスター出場を果たしている。ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでは、6試合に出場して3本塁打・7打点を叩き出したがチームは敗退。34歳になる翌も153試合に出場して打率.265、28本塁打(8位)、73打点、出塁率.372、OPS.836、44盗塁(3位)、97四球(3位)、255出塁(7位)、109得点(3位)、RC113(8位)の好成績を収めた。ナ・リーグの二塁手で28本塁打を放ったのはロープスとロジャース・ホーンスビー、デーブ・ジョンソン、ジェフ・ケント、ライン・サンドバーグ、ホワン・サミュエル、チェイス・アトリー、ダン・アグラのみであり、この79年がロープスのキャリア・イヤー、ベスト・シーズンと考えられている。更に、野球ライター兼野球史研究家・野球統計学専門家であるビル・ジェームズによれば、ゴールドグラブ賞受賞は前年ではなく本年の方がより相応しい、と述べている。デイビー・ロープス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「チェイス・アットリー」のニューストピックワード