40件中 11 - 20件表示
  • ジャスティン・ジャマーノ

    ジャスティン・ジャマーノから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    5月22日にメジャーデビュー。フィラデルフィア・フィリーズ戦に先発し、チェイス・アトリーに3点本塁打を打たれたものの、5回を5安打5奪三振4四球4失点という内容で初登板初勝利をあげた。ジャスティン・ジャマーノ フレッシュアイペディアより)

  • アトリー

    アトリーから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    チェイス・アトリー (Utley) - アメリカの野球選手。アトリー フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・ロリンズ

    ジミー・ロリンズから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    は、チェイス・アトリー、ライアン・ハワード、パット・バレルらとともに20発カルテットを結成したが、ナショナルリーグ東地区首位のニューヨーク・メッツに12ゲーム差を付けられ地区2位に終わった。ジミー・ロリンズ フレッシュアイペディアより)

  • デイビー・ロープス

    デイビー・ロープスから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    は出場151試合、打率.278、17本塁打、58打点、出塁率.355、45盗塁(3位)、93得点(6位)の好成績を挙げ、MVP投票の16位にランクされた他、ゴールドグラブ賞を受賞し、MLBオールスターゲームに初選出された。なお、ロープスはこの年からまで4年連続でオールスター出場を果たしている。ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでは、6試合に出場して3本塁打・7打点を叩き出したがチームは敗退。34歳になる翌も153試合に出場して打率.265、28本塁打(8位)、73打点、出塁率.372、OPS.836、44盗塁(3位)、97四球(3位)、255出塁(7位)、109得点(3位)、RC113(8位)の好成績を収めた。ナ・リーグの二塁手で28本塁打を放ったのはロープスとロジャース・ホーンスビー、デーブ・ジョンソン、ジェフ・ケント、ライン・サンドバーグ、ホワン・サミュエル、チェイス・アトリー、ダン・アグラのみであり、この79年がロープスのキャリア・イヤー、ベスト・シーズンと考えられている。更に、野球ライター兼野球史研究家・野球統計学専門家であるビル・ジェームズによれば、ゴールドグラブ賞受賞は前年ではなく本年の方がより相応しい、と述べている。デイビー・ロープス フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ダブス

    グレッグ・ダブスから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    はプラシド・ポランコが三塁のレギュラーを務めたため、主に代打として起用された。6月22日にDFAとなり、翌23日にAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスへ降格したが、29日にポランコが故障者リスト入りしたため、再びフィリーズとメジャー契約を結んだ。8月17日にチェイス・アトリーが故障から復帰したため、再びDFAとなり、20日にAAA級リーハイバレーへ降格。9月3日に再びフィリーズとメジャー契約を結んだ。この年は88試合に出場し、打率.196・5本塁打・15打点・1盗塁だった。オフの10月28日にFAとなった。グレッグ・ダブス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ラナン

    ジョン・ラナンから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    にA+級ポトマック・ナショナルズ、AA級ハリスバーグ・セネターズ、AAA級コロンバス・クリッパーズの3つの階級で12勝3敗・防御率2.31を記録し、ナショナルズ傘下の最優秀投手に選出された。7月26日にメジャー初昇格し、同日の対フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビューを果たしたが、5回にチェイス・アトリーとライアン・ハワードに連続死球を与え、危険球退場となった。デビュー戦での退場はのアーロン・ブーン以来。8月26日にAAA級コロンバスへ降格し、メジャー1年目を6試合の先発登板で2勝2敗・防御率4.15・10奪三振の成績で終えた。ジョン・ラナン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・エイキンズ

    ウィリー・エイキンズから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    は打率.278・20本塁打・98打点の成績で、本塁打数と打点数はジョージ・ブレットに次いでチーム2位を記録した。この年のロイヤルズはリーグチャンピオンシップシリーズでニューヨーク・ヤンキースを3連勝で下し、フィラデルフィア・フィリーズとのワールドシリーズに進出を果たした。エイキンズはワールドシリーズの第1戦と第4戦で2本塁打ずつ放ち、6試合で打率.400を記録したが、チームは2勝4敗でワールドチャンピオンを逃した。同一シリーズで1試合2本塁打を2度記録している選手は他にのチェイス・アトリーのみである(終了時)。ウィリー・エイキンズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・スプリンガー

    ジョージ・スプリンガーから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    1シーズンワールドシリーズ本塁打:5(2017年、歴代1位タイ)※レジー・ジャクソン(1977)、チェイス・アトリー(2009)と並ぶ。4試合連続は史上初ジョージ・スプリンガー フレッシュアイペディアより)

  • ルーベン・テハダ

    ルーベン・テハダから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    はウィルマー・フローレスの本格的な台頭もあったが、遊撃をメインに内野のリザーブ格で起用された。打撃面でやや復調し、116試合の出場で自己2位の94安打を放って打率.261をマーク。守備は、遊撃手(81試合)で5失策・守備率.982・DRS - 15と非常に低調だった。他には三塁手を19試合、二塁手を13試合で守った。チームにとって9年振りとなったポストシーズンでは、ロサンゼルス・ドジャースとのディビジョンシリーズでポストシーズン初出場を果たしたが、第2戦の7回裏の守備の併殺プレーのときに1塁走者のチェイス・アトリーの激しいスライディングを受けて負傷退場した。診断の結果、右足の腓骨骨折と分かった。ルーベン・テハダ フレッシュアイペディアより)

  • ハウィー・ケンドリック

    ハウィー・ケンドリックから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    2005年辺りから「マイナー最高打者」との評判が定着し、ベースボール・アメリカ誌の有望株リストでは、2006年版12位にランクされた。天才的なコンタクトを誇り、内角低目から外角高目まで幅広く対応出来るため、「右のトニー・グウィン」とも称されている。スイングはコンパクトでシャープ、かつリストも強いので、痛烈なラインドライブを打てる。特に「投球の組み立てを理解出来るようになった」と語る2005年以降、長打力が増した。体格の不利を豊富な練習量で補って来た努力家でもあり、「将来の首位打者」との呼び声も高い。広角に打ち分ける卓越した打撃センスを有する反面、積極打法のため四球は選ばない。スピードがあり、レンジ(守備範囲)も広いが、盗塁技術に関しては改善の余地がある。また、故障がちな虚弱体質も不安材料。グラブさばきは基本に忠実で、二塁手の他に一塁手・三塁手としてのプレー経験がある。2016年シーズンからは同じ二塁手に前年シーズン途中から加入したチェイス・アトリーがいることもあり、左翼手として出場することも多くなった。ハウィー・ケンドリック フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「チェイス・アットリー」のニューストピックワード