1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示
  • CC・サバシア

    CC・サバシアから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    ヤンキース移籍1年目の、開幕投手となったサバシアは19勝を挙げ、最多勝のタイトルを獲得した。過去2年間は結果を残せなかったポストシーズンでは、ツインズとの地区シリーズでは第1戦を7回途中2失点でまとめ勝利投手になり、続くエンゼルスとのリーグ優勝決定戦では2試合16イニングを投げ2勝・防御率1.12の好投でシリーズMVPを受賞。ヤンキース6年ぶりのリーグ優勝の原動力となる。自身初の出場となったフィリーズとのワールドシリーズでも、2試合でチェイス・アトリーにソロ本塁打計3本を浴びた以外はほぼ抑え、ヤンキースはフィリーズを4勝2敗で下し世界一となった。このワールドシリーズでの優勝はサバシア自身初めての経験となった。CC・サバシア フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ローワンド

    アーロン・ローワンドから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    その年の11月に、ジム・トーミらとのトレードでローワンドはフィラデルフィア・フィリーズに移籍した。ローワンドにとってこのトレードは衝撃だったらしく「ショックで何も考えられない。ドラフトからデビューまでシカゴ一筋だったから、ビジネスと分かっていても僕の心はシカゴのままだ。本当にショックだ」と語っている。移籍初年度のは、5月11日のメッツ戦で打球をダイビングキャッチした際にフェンスに顔から激突し、鼻の骨を折る怪我を負った。5月27日に復帰したが、今度は8月21日のカブス戦で二塁手のチェイス・アトリーと衝突し左のかかとを骨折、そのままシーズンを終えた。アーロン・ローワンド フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ジャマーノ

    ジャスティン・ジャマーノから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    5月22日にパドレスでメジャーリーグデビュー。フィラデルフィア・フィリーズ戦に先発し、チェイス・アトリーに3ランホームランを打たれたものの5回を5安打5奪三振4四球4失点という内容で初登板初勝利をあげた。7月23日にジョー・ランダの交換要員としてトラビス・チックと共にシンシナティ・レッズへ移籍。7月31日にはレアール・コーミエとの交換トレードでフィリーズへ移籍した。5月19日にウェーバー経由でパドレスに復帰。この年はパドレスで23試合に先発し、7勝10敗で防御率4.46という内容だった。ジャスティン・ジャマーノ フレッシュアイペディアより)

  • プラシド・ポランコ

    プラシド・ポランコから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    7月3日にメジャーデビュー。三振の少ない堅実なバッティングと内外野をこなすユーティリティーさでレギュラーを掴む。7月29日にスコット・ローレンとのトレードでフィラデルフィア・フィリーズに移籍。移籍後までの3シーズンで打率.294を記録する活躍を見せ、2004年には自己最多の17本塁打を記録。チェイス・アトリーの台頭もあってシーズン途中の6月8日にウーゲット・ウービナ、ラモン・マルティネスとのトレードでデトロイト・タイガースに移籍する。プラシド・ポランコ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ラナン

    ジョン・ラナンから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    2005年のMLBドラフト11巡目(全体の324番目)でワシントン・ナショナルズに指名され契約。にAdv-A級、AA級、AAA級の3つの階級で12勝3敗・防御率2.31を記録し、ナショナルズ傘下の最優秀投手に選出された。同年7月26日にメジャー初昇格し、同日の対フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビューを果たしたが、5回にチェイス・アトリーとライアン・ハワードに連続死球を与え、危険球退場となった。デビュー戦での退場はのアーロン・ブーン以来。8月26日にAAA級のコロンバスに降格し、メジャー1年目を6試合の登板で2勝2敗・防御率4.15の成績で終えた。ジョン・ラナン フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ブラウン (外野手)

    ライアン・ブラウン (外野手)から見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    はマイク・キャメロンをFAで獲得したこともあり、ブラウンをレフトにコンバートし、2007年はセンターを守ったが元々は内野手であるビル・ホールをサードで起用。5月16日には8年総額4,500万ドルで契約延長した。この契約はジェフ・スーパンの4年総額4,200万ドルを上回る球団史上最高金額で契約年数も球団史上最長となった。オールスターゲームのファン投票でチェイス・アトリーに次ぐリーグ2位となる3,835,840票で選出された。151試合に出場し、打率.285と前年より4分近く下がったが、37本塁打・106打点、リーグ最多の83長打を記録し、チームのワイルドカード獲得に貢献。フィラデルフィア・フィリーズとのディヴィジョンシリーズでは打率.313を記録したが、チームは1勝3敗で敗退。シルバースラッガー賞を初受賞し、MVPの投票ではアルバート・プホルス、ライアン・ハワードに次ぐ3位に入った。は打率.320・32本塁打・114打点・20盗塁、リーグトップの203安打を記録。は打率.304・25本塁打・103打点で、本塁打が初めて30本に届かなかった。ライアン・ブラウン (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • 12月17日

    12月17日から見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    1978年 - チェイス・アトリー、メジャーリーガー12月17日 フレッシュアイペディアより)

  • フィラデルフィア・フィリーズ

    フィラデルフィア・フィリーズから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    2006年にはトーミに代わり、正一塁手に就いたライアン・ハワードが打率.313、58本塁打、149打点という驚異的な成績を残し(本塁打は球団記録)、本塁打王、打点王に加え、ナショナルリーグMVPを受賞。チームはこの年に連続地区優勝が止まったブレーブスを押さえ地区2位となったものの、首位メッツには12ゲーム差をつけられてしまった。翌2007年にはジミー・ロリンズが「20・20・20・20」を達成し、MVPを受賞。2年連続でフィリーズの選手がMVPを受賞することとなった。チームもロリンズ、ハワード、チェイス・アトリーを中心とした打撃陣の活躍により、2位メッツを1ゲーム差で抑え、7度目の地区優勝を果たす。しかし、地区シリーズではコロラド・ロッキーズに敗れた。フィラデルフィア・フィリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    開幕直後に中指を骨折しながら強行出場していたこともあり低調なスタートを切り、7月27日には右手を骨折したチェイス・アトリーの代役としてマット・マロニーとのトレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • チェース・アットリー

    チェース・アットリーから見たチェイス・アトリーチェイス・アトリー

    チェース・アットリー フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
20件中 11 - 20件表示

「チェイス・アットリー」のニューストピックワード