前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示
  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たラウル・イバニェス

    のシーズン開幕に間に合わない可能性もあったが、4月5日の開幕戦で先発出場して復帰。この年も5年連続となるOPS.900超えのほか、自己最高の23盗塁を記録するなど元気な姿を見せた。9月8日の試合では2年連続の30号本塁打を放ち、ハワードやジェイソン・ワース、ラウル・イバニェスとともに史上12組目の "30発カルテット" を形成している。フィリーズはリーグ2連覇を達成し、ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズに進出。そこでアトリーは、初戦でCC・サバシアに2本塁打を浴びせるなど6試合で計5本塁打を放ち、レジー・ジャクソン(1977年)が保持するシリーズ最多本塁打記録に並ぶ強打を発揮。しかしフィリーズは2勝4敗で敗れ2年連続の世界一を逃した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たジェイソン・ワース

    のシーズン開幕に間に合わない可能性もあったが、4月5日の開幕戦で先発出場して復帰。この年も5年連続となるOPS.900超えのほか、自己最高の23盗塁を記録するなど元気な姿を見せた。9月8日の試合では2年連続の30号本塁打を放ち、ハワードやジェイソン・ワース、ラウル・イバニェスとともに史上12組目の "30発カルテット" を形成している。フィリーズはリーグ2連覇を達成し、ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズに進出。そこでアトリーは、初戦でCC・サバシアに2本塁打を浴びせるなど6試合で計5本塁打を放ち、レジー・ジャクソン(1977年)が保持するシリーズ最多本塁打記録に並ぶ強打を発揮。しかしフィリーズは2勝4敗で敗れ2年連続の世界一を逃した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たジミー・ロリンズ

    1月21日にフィリーズと総額8,500万ドルの7年契約を結んだ。GMのパット・ギリックは「我々は長期契約を好んでいるわけではないけど、チェイスの場合は例外だ。彼のような選手がこのチームにいるのはラッキーだよ」とアトリーを高く評価した。この年は開幕から前年を上回るペースで打っていたが、7月26日のワシントン・ナショナルズ戦でジョン・ラナンから死球を受け右手を骨折、1か月間の欠場に追い込まれる。それでも復帰後はすぐにレギュラーとして出場し、最終的には打率.332(リーグ3位)・OPS.976(同7位)・103打点の好成績を残した。故障離脱がなければ、この年のリーグMVPはチームメイトのジミー・ロリンズではなくアトリーが受賞した可能性もあるほどの活躍で、チームの14年ぶり地区優勝に貢献。しかしポストシーズンでは、大学時代の同僚アトキンスが在籍するコロラド・ロッキーズに地区シリーズで敗れた。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たシルバースラッガー賞

    レギュラーシーズンでは、6月23日から8月3日にかけてメジャー史上10位タイとなる35試合連続安打を達成し注目を集める。この間、7月には全試合で安打を放ち月間MVPを受賞、オールスターにも初めて選出された。シーズン通算では3割・30本塁打・100打点のほか、200安打やリーグ最多得点を記録するなど軒並み成績を伸ばし、シーズン終了後にシルバースラッガー賞を初受賞。チームを代表するスター選手となった。また、日米野球にもチームメイトのライアン・ハワードらとともに参加している。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たロサンゼルス・ドジャース

    チェイス・キャメロン・アトリー(Chase Cameron Utley, 1978年12月17日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナ出身のプロ野球選手(二塁手)。右投左打。MLB・ロサンゼルス・ドジャース所属。愛称はシルバー・フォックス。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たコロラド・ロッキーズ

    2003年のシーズン開幕をメジャーで迎えたアトリーは、4月4日のピッツバーグ・パイレーツ戦に代打として初出場。ジェフ・スーパンの前に空振り三振に倒れる。初の先発は同月24日のコロラド・ロッキーズ戦で、「8番・二塁手」として出場したアトリーは、3回裏にアーロン・クックからメジャー初本塁打となる満塁本塁打を放っている。この年はメジャー定着とはならなかったが、AAA級スクラントン・ウィルクスバリで113試合に出場して打率.323・OPS.907の好成績を残し、同級のオールスターゲームに選出された。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たピッツバーグ・パイレーツ

    2003年のシーズン開幕をメジャーで迎えたアトリーは、4月4日のピッツバーグ・パイレーツ戦に代打として初出場。ジェフ・スーパンの前に空振り三振に倒れる。初の先発は同月24日のコロラド・ロッキーズ戦で、「8番・二塁手」として出場したアトリーは、3回裏にアーロン・クックからメジャー初本塁打となる満塁本塁打を放っている。この年はメジャー定着とはならなかったが、AAA級スクラントン・ウィルクスバリで113試合に出場して打率.323・OPS.907の好成績を残し、同級のオールスターゲームに選出された。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た姜正浩

    先述のポストシーズンにおけるプレーに加え、2015年9月27日に発生した、シカゴ・カブスのクリス・コグランによる併殺崩しによってピッツバーグ・パイレーツの姜正浩が左脚の脛骨骨折と靭帯断裂の大怪我を負ったプレーの発生をきっかけとして、2月25日、大リーグ機構は、二塁ベース付近で走者が併殺を防ぐためにする危険なスライディングを禁止する新ルールを採用したと発表した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たクリス・コグラン

    先述のポストシーズンにおけるプレーに加え、2015年9月27日に発生した、シカゴ・カブスのクリス・コグランによる併殺崩しによってピッツバーグ・パイレーツの姜正浩が左脚の脛骨骨折と靭帯断裂の大怪我を負ったプレーの発生をきっかけとして、2月25日、大リーグ機構は、二塁ベース付近で走者が併殺を防ぐためにする危険なスライディングを禁止する新ルールを採用したと発表した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たアーロン・クック

    2003年のシーズン開幕をメジャーで迎えたアトリーは、4月4日のピッツバーグ・パイレーツ戦に代打として初出場。ジェフ・スーパンの前に空振り三振に倒れる。初の先発は同月24日のコロラド・ロッキーズ戦で、「8番・二塁手」として出場したアトリーは、3回裏にアーロン・クックからメジャー初本塁打となる満塁本塁打を放っている。この年はメジャー定着とはならなかったが、AAA級スクラントン・ウィルクスバリで113試合に出場して打率.323・OPS.907の好成績を残し、同級のオールスターゲームに選出された。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示

「チェイス・アットリー」のニューストピックワード