86件中 11 - 20件表示
  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たジョン・ラナン

    年俸調停権を得たアトリーに対し球団は1月、7年総額8,500万ドルという大型契約を与えた。GMのパット・ギリックは「我々は長期契約を好んでいるわけではないけど、チェイスの場合は例外だ。彼のような選手がこのチームにいるのはラッキーだよ」とアトリーを高く評価した。この年は開幕から前年を上回るペースで打っていたが、7月26日のワシントン・ナショナルズ戦でジョン・ラナンから死球を受け右手を骨折、1か月間の欠場に追い込まれる。それでも復帰後はすぐにレギュラーとして出場し、最終的には打率.332(リーグ3位)・OPS.976(同7位)・103打点の好成績を残した。故障離脱がなければ、この年のリーグMVPはチームメイトのジミー・ロリンズではなくアトリーが受賞した可能性もあるほどの活躍で、チームの14年ぶり地区優勝に貢献。しかしポストシーズンでは、大学時代の同僚アトキンスが在籍するロッキーズに地区シリーズで敗れた。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たジム・トーミ

    カリフォルニア州パサデナ生まれ。幼少期は同州ロサンゼルスに本拠地を置くロサンゼルス・ドジャースのファンで、そのドジャースが出場した1988年のワールドシリーズ第2戦を会場のドジャー・スタジアムで観戦している。当時から研究熱心で、12歳から15歳の頃には憧れのジム・トーミなど一流選手の打撃フォームを研究しながらバッティングセンターで毎日打撃練習していた。同州ロングビーチのLong Beach Polytechnic High School に進学後、にドジャースからドラフト2巡目(全体76位)指名を受けたが、契約せずカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に進学する。本人によれば「確かにプロ野球は夢だったけど、人間的に成長するためには大学へ行くことが必要だと思った」という。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たプラシド・ポランコ

    同年のシーズン開幕をメジャーで迎えたアトリーは、4月4日のパイレーツ戦に代打として初出場。ジェフ・スーパンの前に空振り三振に倒れる。初の先発は同月24日のコロラド・ロッキーズ戦で、8番・二塁として出場したアトリーは、3回裏にアーロン・クックからメジャー初本塁打となる満塁本塁打を放っている。この年はメジャー定着とはならなかったが、AAA級スクラントン・ウィルクスバリで113試合に出場して打率.323・OPS.907の好成績を残し、同級のオールスターゲームに選出された。は開幕をAAA級スクラントン・ウィルクスバリで迎え、フィリーズの正二塁手プラシド・ポランコの故障に伴い5月上旬にメジャーへ昇格、その後6月中旬にまたもマイナーへ戻されるも、同月下旬にメジャー再昇格を果たす。そこからはシーズン最後までメジャーに定着し94試合に出場、打率.266・13本塁打・57打点を記録した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たスコット・カズミアー

    打席に立つとまず下半身を揺らし、上半身をリラックスさせる動作をとる。そしてバットを構え、投球が来ると、それを短く(コンタクト後のフォロースルーが小さな)速いスウィングで弾き返す。このスウィングについて、2008年のワールドシリーズで対戦したスコット・カズミアーは「彼は他の左打者と比べても異質だね。大抵の左打者はスウィングの軌道がもっと長いんだけど、彼の場合は短くて速くて、バットがヒッティングゾーンを通過していくのが本当に速い」と話した。そのほか、クリス・ヤングやペドロ・フェリシアーノも「速いこと」と「短い(コンパクトな)こと」に言及している。このスウィングでアトリーは、毎年打率.300・30本塁打前後の成績を収めている。三振が毎年100近いのが短所である。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たCC・サバシア

    初のワールドシリーズ優勝を経験したアトリーはシーズン終了後、5月中旬以降ずっと臀部の痛みを我慢しながらプレイしていたことを明かし、11月下旬に手術を受ける。翌のシーズン開幕に間に合わなくなる可能性もあったが、リハビリをこなし4月5日の開幕戦で先発出場して復帰。この年も5年連続となるOPS.900超えのほか、自己最高の23盗塁を記録するなど元気な姿を見せた。9月8日の試合では2年連続の30号本塁打を放ち、同僚のハワードやジェイソン・ワース、ラウル・イバニェス?とともに史上12組目の "30発カルテット" を形成している。フィリーズはリーグ2連覇を達成し、ヤンキースとのワールドシリーズに進出。そこでアトリーは、初戦でCC・サバシアに2本塁打を浴びせるなど6試合で計5本塁打を放ち、レジー・ジャクソン(1977年)が保持するシリーズ最多本塁打記録に並ぶ強打を発揮。しかしフィリーズは2勝4敗で敗れ2年連続の世界一を逃した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たクリス・ヤング (投手)

    打席に立つとまず下半身を揺らし、上半身をリラックスさせる動作をとる。そしてバットを構え、投球が来ると、それを短く(コンタクト後のフォロースルーが小さな)速いスウィングで弾き返す。このスウィングについて、2008年のワールドシリーズで対戦したスコット・カズミアーは「彼は他の左打者と比べても異質だね。大抵の左打者はスウィングの軌道がもっと長いんだけど、彼の場合は短くて速くて、バットがヒッティングゾーンを通過していくのが本当に速い」と話した。そのほか、クリス・ヤングやペドロ・フェリシアーノも「速いこと」と「短い(コンパクトな)こと」に言及している。このスウィングでアトリーは、毎年打率.300・30本塁打前後の成績を収めている。三振が毎年100近いのが短所である。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たペドロ・フェリシアーノ

    打席に立つとまず下半身を揺らし、上半身をリラックスさせる動作をとる。そしてバットを構え、投球が来ると、それを短く(コンタクト後のフォロースルーが小さな)速いスウィングで弾き返す。このスウィングについて、2008年のワールドシリーズで対戦したスコット・カズミアーは「彼は他の左打者と比べても異質だね。大抵の左打者はスウィングの軌道がもっと長いんだけど、彼の場合は短くて速くて、バットがヒッティングゾーンを通過していくのが本当に速い」と話した。そのほか、クリス・ヤングやペドロ・フェリシアーノも「速いこと」と「短い(コンパクトな)こと」に言及している。このスウィングでアトリーは、毎年打率.300・30本塁打前後の成績を収めている。三振が毎年100近いのが短所である。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たギャレット・アトキンス

    UCLAでは1年目は遊撃手として、2年目からは二塁手として、通算で179試合に出場して打率.342・53本塁打・174打点を記録。ルームメイトのギャレット・アトキンスとともに、チームの主軸として活躍する。大学で3年間を過ごしたアトリーは、のドラフトでフィラデルフィア・フィリーズから1巡目(全体15位)で指名を受けると、契約を締結し念願のプロ入りを果たす。同年にマイナーリーグSS-A級バタヴィアでプロデビューし40試合に出場、打率.307・出塁率.383という成績を残し、翌にはAdv-A級クリアウォーターに昇格。一時は外角の速球がなかなか打てずに苦しんだが、最終的には16本塁打(チームトップタイ)・120安打(同2位)を記録し、マイナーリーグのオールスター "フューチャーズゲーム" アメリカ合衆国選抜の一員に選ばれている。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たジェフ・スーパン

    同年のシーズン開幕をメジャーで迎えたアトリーは、4月4日のパイレーツ戦に代打として初出場。ジェフ・スーパンの前に空振り三振に倒れる。初の先発は同月24日のコロラド・ロッキーズ戦で、8番・二塁として出場したアトリーは、3回裏にアーロン・クックからメジャー初本塁打となる満塁本塁打を放っている。この年はメジャー定着とはならなかったが、AAA級スクラントン・ウィルクスバリで113試合に出場して打率.323・OPS.907の好成績を残し、同級のオールスターゲームに選出された。は開幕をAAA級スクラントン・ウィルクスバリで迎え、フィリーズの正二塁手プラシド・ポランコの故障に伴い5月上旬にメジャーへ昇格、その後6月中旬にまたもマイナーへ戻されるも、同月下旬にメジャー再昇格を果たす。そこからはシーズン最後までメジャーに定着し94試合に出場、打率.266・13本塁打・57打点を記録した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たロサンゼルス・ドジャース

    カリフォルニア州パサデナ生まれ。幼少期は同州ロサンゼルスに本拠地を置くロサンゼルス・ドジャースのファンで、そのドジャースが出場した1988年のワールドシリーズ第2戦を会場のドジャー・スタジアムで観戦している。当時から研究熱心で、12歳から15歳の頃には憧れのジム・トーミなど一流選手の打撃フォームを研究しながらバッティングセンターで毎日打撃練習していた。同州ロングビーチのLong Beach Polytechnic High School に進学後、にドジャースからドラフト2巡目(全体76位)指名を受けたが、契約せずカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に進学する。本人によれば「確かにプロ野球は夢だったけど、人間的に成長するためには大学へ行くことが必要だと思った」という。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

86件中 11 - 20件表示

「チェイス・アットリー」のニューストピックワード