97件中 21 - 30件表示
  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たクリス・ヤング (投手)

    打席に立つとまず下半身を揺らし、上半身をリラックスさせる動作をとる。そしてバットを構え、投球が来ると、それを短く(コンタクト後のフォロースルーが小さな)速いスウィングで弾き返す。このスウィングについて、2008年のワールドシリーズで対戦したスコット・カズミアーは「彼は他の左打者と比べても異質だね。大抵の左打者はスウィングの軌道がもっと長いんだけど、彼の場合は短くて速くて、バットがヒッティングゾーンを通過していくのが本当に速い」と話した。そのほか、クリス・ヤングやペドロ・フェリシアーノも「速いこと」と「短い(コンパクトな)こと」に言及している。このスウィングでアトリーは、毎年打率.300・30本塁打前後の成績を収めている。三振が毎年100近いのが短所である。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たペドロ・フェリシアーノ

    打席に立つとまず下半身を揺らし、上半身をリラックスさせる動作をとる。そしてバットを構え、投球が来ると、それを短く(コンタクト後のフォロースルーが小さな)速いスウィングで弾き返す。このスウィングについて、2008年のワールドシリーズで対戦したスコット・カズミアーは「彼は他の左打者と比べても異質だね。大抵の左打者はスウィングの軌道がもっと長いんだけど、彼の場合は短くて速くて、バットがヒッティングゾーンを通過していくのが本当に速い」と話した。そのほか、クリス・ヤングやペドロ・フェリシアーノも「速いこと」と「短い(コンパクトな)こと」に言及している。このスウィングでアトリーは、毎年打率.300・30本塁打前後の成績を収めている。三振が毎年100近いのが短所である。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たギャレット・アトキンス

    UCLAでは1年目は遊撃手として、2年目からは二塁手として、通算で179試合に出場して打率.342・53本塁打・174打点を記録。ルームメイトのギャレット・アトキンスとともに、チームの主軸として活躍した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たハウィー・ケンドリック

    ポストシーズンである10月10日の地区シリーズ第2戦の対メッツ戦にて、メッツが2対1でリードの7回裏ドジャースの攻撃、1死1・3塁の場面でハウィー・ケンドリックのセカンドゴロの際に一塁走者のアトリーが併殺崩しを敢行。結果として併殺は阻止されたが、このプレーでメッツの遊撃手ルーベン・テハダはアトリーに吹き飛ばされ、右足のひ骨骨折で退場、シリーズ絶望の大怪我を負った。このプレーに対し、大リーグ機構は「危険なスライディング」行為をして2試合の出場停止処分を言い渡したが、アトリーが不服としたため処分は保留された。しかし、処分に提訴したアトリーの態度を不服とするファンから同選手を守るための厳戒態勢が敷かれ、アトリーはニューヨークで行われた第3戦以降の試合を欠場した。翌年3月7日にMLB機構が処分を取り下げた。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たジェフ・スーパン

    2003年のシーズン開幕をメジャーで迎えたアトリーは、4月4日のピッツバーグ・パイレーツ戦に代打として初出場。ジェフ・スーパンの前に空振り三振に倒れる。初の先発は同月24日のコロラド・ロッキーズ戦で、「8番・二塁手」として出場したアトリーは、3回裏にアーロン・クックからメジャー初本塁打となる満塁本塁打を放っている。この年はメジャー定着とはならなかったが、AAA級スクラントン・ウィルクスバリで113試合に出場して打率.323・OPS.907の好成績を残し、同級のオールスターゲームに選出された。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たルーベン・テハダ

    ポストシーズンである10月10日の地区シリーズ第2戦の対メッツ戦にて、メッツが2対1でリードの7回裏ドジャースの攻撃、1死1・3塁の場面でハウィー・ケンドリックのセカンドゴロの際に一塁走者のアトリーが併殺崩しを敢行。結果として併殺は阻止されたが、このプレーでメッツの遊撃手ルーベン・テハダはアトリーに吹き飛ばされ、右足のひ骨骨折で退場、シリーズ絶望の大怪我を負った。このプレーに対し、大リーグ機構は「危険なスライディング」行為をして2試合の出場停止処分を言い渡したが、アトリーが不服としたため処分は保留された。しかし、処分に提訴したアトリーの態度を不服とするファンから同選手を守るための厳戒態勢が敷かれ、アトリーはニューヨークで行われた第3戦以降の試合を欠場した。翌年3月7日にMLB機構が処分を取り下げた。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たシンシナティ・レッズ

    6月28日のシンシナティ・レッズ戦で二塁ベースへ滑り込んだ際に右手親指を痛め、翌日に故障者リスト入り。8月中旬まで1か月半欠場し、この間に開催されたオールスターでもファン投票選出ながら出場を辞退した。それでも9月1日からシーズン最終戦までは29試合で打率.306・OPS.911と活躍し、チームの4年連続地区優勝を支えた。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たカンザスシティ・ロイヤルズ

    2月18日に1年200万ドルでドジャースと再契約した。7月7日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で通算1000打点を達成した。この年は昨シーズンと比べてベンチからの出番が多くなり、出場試合数は11試合しか減っていないものの打席数は200以上減少した。打率は昨シーズンより低い.236だったが、出塁率、長打率は昨シーズンを上回った。オフの11月2日にFAとなったが、2月17日にドジャースと改めて2年契約を結んだ。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たシカゴ・カブス

    先述のポストシーズンにおけるプレーに加え、2015年9月27日に発生した、シカゴ・カブスのクリス・コグランによる併殺崩しによってピッツバーグ・パイレーツの姜正浩が左脚の脛骨骨折と靭帯断裂の大怪我を負ったプレーの発生をきっかけとして、2月25日、大リーグ機構は、二塁ベース付近で走者が併殺を防ぐためにする危険なスライディングを禁止する新ルールを採用したと発表した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たトレード

    はAA級レディング・フィリーズを飛び越してAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズに昇格。そこではスコット・ローレンの後釜としての期待から、これまでの二塁手から三塁手へとコンバートされ1シーズンを過ごす。しかし慣れないポジションなだけに動きは不自然でぎこちなく、28失策・守備率.918と不安定さを露呈する。結局、ローレンはこの年の夏にセントルイス・カージナルスへトレードされるが、アトリーは翌のスプリングトレーニングで二塁手へ戻される。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

97件中 21 - 30件表示

「チェイス・アットリー」のニューストピックワード