86件中 61 - 70件表示
  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た二塁手

    チェイス・キャメロン・アトリー(Chase Cameron Utley, 1978年12月17日 - )は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州パサデナ出身の野球選手。二塁手、右投左打。MLB・フィラデルフィア・フィリーズに所属している。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たロングビーチ (カリフォルニア州)

    カリフォルニア州パサデナ生まれ。幼少期は同州ロサンゼルスに本拠地を置くロサンゼルス・ドジャースのファンで、そのドジャースが出場した1988年のワールドシリーズ第2戦を会場のドジャー・スタジアムで観戦している。当時から研究熱心で、12歳から15歳の頃には憧れのジム・トーミなど一流選手の打撃フォームを研究しながらバッティングセンターで毎日打撃練習していた。同州ロングビーチのLong Beach Polytechnic High School に進学後、にドジャースからドラフト2巡目(全体76位)指名を受けたが、契約せずカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に進学する。本人によれば「確かにプロ野球は夢だったけど、人間的に成長するためには大学へ行くことが必要だと思った」という。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た打率

    UCLAでは1年目は遊撃手として、2年目からは二塁手として、通算で179試合に出場して打率.342・53本塁打・174打点を記録。ルームメイトのギャレット・アトキンスとともに、チームの主軸として活躍する。大学で3年間を過ごしたアトリーは、のドラフトでフィラデルフィア・フィリーズから1巡目(全体15位)で指名を受けると、契約を締結し念願のプロ入りを果たす。同年にマイナーリーグSS-A級バタヴィアでプロデビューし40試合に出場、打率.307・出塁率.383という成績を残し、翌にはAdv-A級クリアウォーターに昇格。一時は外角の速球がなかなか打てずに苦しんだが、最終的には16本塁打(チームトップタイ)・120安打(同2位)を記録し、マイナーリーグのオールスター "フューチャーズゲーム" アメリカ合衆国選抜の一員に選ばれている。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たタンパベイ・レイズ

    は、4月17日から4月21日にかけて5試合連続本塁打を放ち同月の月間MVPを受賞する上々の滑り出し。前半戦94試合で25本塁打・69打点・OPS.955を記録し、オールスターゲームには、ファン投票でナ・リーグ最多の3,889,602票を集めて選出される。後半戦は65試合で8本塁打・35打点・OPS.855と調子を落としたが、前年を上回る数の死球を浴びても怪我なく1年を乗り切った。チームは2年連続地区優勝。ポストシーズンでフィリーズは、1勝もできずに敗退した前年と異なり、ブルワーズとの地区シリーズを3勝1敗、ドジャースとのリーグ優勝決定戦を4勝1敗、レイズとのワールドシリーズを4勝1敗と快勝し、28年ぶりの世界一に到達した。アトリーはポストシーズンを通して打率.220と低迷したが、全試合で出塁したほか、ワールドシリーズでは2本塁打を放つなど一定の役割を果たした。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た三振

    同年のシーズン開幕をメジャーで迎えたアトリーは、4月4日のパイレーツ戦に代打として初出場。ジェフ・スーパンの前に空振り三振に倒れる。初の先発は同月24日のコロラド・ロッキーズ戦で、8番・二塁として出場したアトリーは、3回裏にアーロン・クックからメジャー初本塁打となる満塁本塁打を放っている。この年はメジャー定着とはならなかったが、AAA級スクラントン・ウィルクスバリで113試合に出場して打率.323・OPS.907の好成績を残し、同級のオールスターゲームに選出された。は開幕をAAA級スクラントン・ウィルクスバリで迎え、フィリーズの正二塁手プラシド・ポランコの故障に伴い5月上旬にメジャーへ昇格、その後6月中旬にまたもマイナーへ戻されるも、同月下旬にメジャー再昇格を果たす。そこからはシーズン最後までメジャーに定着し94試合に出場、打率.266・13本塁打・57打点を記録した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たプレイヤー・オブ・ザ・マンス

    3月、国際大会・第1回ワールド・ベースボール・クラシックが開催される。アトリーはこの大会にアメリカ合衆国代表の一員として4試合に出場し、打率.385を記録した。大会終了後のMLBレギュラーシーズンでは、6月23日から8月3日にかけてメジャー史上10位タイとなる35試合連続安打を達成し注目を集める。この間、7月には全試合で安打を放ち月間MVPを受賞、オールスターゲームにも初めて選出された。シーズン通算では3割・30本塁打・100打点のほか、200安打やリーグ最多得点を記録するなど軒並み成績を伸ばし、シーズン終了後にシルバースラッガー賞を初受賞。チームを代表するスター選手となった。また、日米野球にもチームメイトのライアン・ハワードらとともに参加している。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た三塁手

    、アトリーはAA級レディングを飛び越してAAA級スクラントン・ウィルクスバリに昇格。そこではスコット・ローレンの後釜としての期待から、これまでの二塁手から三塁手へとコンバートされ1シーズンを過ごす。しかし慣れないポジションなだけに動きは不自然でぎこちなく、28失策・守備率.918と不安定さを露呈する。結局、ローレンはこの年の夏にセントルイス・カージナルスへトレードされるが、アトリーは翌のスプリングトレーニングで二塁手へ戻される。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た二塁打

    守備は、UCLAで二塁を守っていたのを観たフィリーズGM補佐(当時)のマイク・アーバックルが「彼は将来は左翼手にコンバートされるかもしれない」という印象を抱いたほど動きが悪く、メジャーに初めて昇格してきたときも守備には不安があった。しかし次第に上達しており、プラス・マイナス・システムという指標では、アトリーは2004年から2006年の3年間で+52(メジャー2位)、2006年から2008年の3年間では+85(同1位)と、優秀な数字を残している。走塁では、2010年までの通算XBT%(単打で2つ以上進塁するか、あるいは二塁打で一塁から生還した割合)が57%と高い数値を残している。盗塁は毎年15-20個ほど決めており、通算成功率は88.1%。2009年には23度盗塁を試みているが失敗は1度もなかった。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たミルウォーキー・ブルワーズ

    は、4月17日から4月21日にかけて5試合連続本塁打を放ち同月の月間MVPを受賞する上々の滑り出し。前半戦94試合で25本塁打・69打点・OPS.955を記録し、オールスターゲームには、ファン投票でナ・リーグ最多の3,889,602票を集めて選出される。後半戦は65試合で8本塁打・35打点・OPS.855と調子を落としたが、前年を上回る数の死球を浴びても怪我なく1年を乗り切った。チームは2年連続地区優勝。ポストシーズンでフィリーズは、1勝もできずに敗退した前年と異なり、ブルワーズとの地区シリーズを3勝1敗、ドジャースとのリーグ優勝決定戦を4勝1敗、レイズとのワールドシリーズを4勝1敗と快勝し、28年ぶりの世界一に到達した。アトリーはポストシーズンを通して打率.220と低迷したが、全試合で出塁したほか、ワールドシリーズでは2本塁打を放つなど一定の役割を果たした。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た2008年のMLBオールスターゲーム

    は、4月17日から4月21日にかけて5試合連続本塁打を放ち同月の月間MVPを受賞する上々の滑り出し。前半戦94試合で25本塁打・69打点・OPS.955を記録し、オールスターゲームには、ファン投票でナ・リーグ最多の3,889,602票を集めて選出される。後半戦は65試合で8本塁打・35打点・OPS.855と調子を落としたが、前年を上回る数の死球を浴びても怪我なく1年を乗り切った。チームは2年連続地区優勝。ポストシーズンでフィリーズは、1勝もできずに敗退した前年と異なり、ブルワーズとの地区シリーズを3勝1敗、ドジャースとのリーグ優勝決定戦を4勝1敗、レイズとのワールドシリーズを4勝1敗と快勝し、28年ぶりの世界一に到達した。アトリーはポストシーズンを通して打率.220と低迷したが、全試合で出塁したほか、ワールドシリーズでは2本塁打を放つなど一定の役割を果たした。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

86件中 61 - 70件表示

「チェイス・アットリー」のニューストピックワード