97件中 61 - 70件表示
  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た出塁率

    のMLBドラフト1巡目(全体15位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名を受けると、契約を締結し念願のプロ入りを果たす。同年に傘下のA-級でプロデビューし、40試合に出場して打率.307・出塁率.383という成績を残した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のアメリカ合衆国代表に選出される。同大会では4試合に出場し、打率.385を記録した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たリリーフ

    はシーズン開幕から、相手の先発投手が右腕だったときの先発二塁手として起用される。そこで実績を残すとチームは6月、救援投手陣強化のためデトロイト・タイガースからウーゲット・ウービナをトレードで獲得し、見返りとしてアトリーと併用していたポランコを放出。これにより、アトリーが正二塁手となった。当初は主に5番から7番を担っていたアトリーだが、7月中旬ごろからは打線の中軸として3番打者を任されることも多くなる。最終的にこの年は147試合に出場し、打率.291・28本塁打・105打点という成績を収める。28本塁打のうち26本は二塁手として出場したときに放ったもので、これは球団タイ記録である。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た盗塁

    のシーズン開幕に間に合わない可能性もあったが、4月5日の開幕戦で先発出場して復帰。この年も5年連続となるOPS.900超えのほか、自己最高の23盗塁を記録するなど元気な姿を見せた。9月8日の試合では2年連続の30号本塁打を放ち、ハワードやジェイソン・ワース、ラウル・イバニェスとともに史上12組目の "30発カルテット" を形成している。フィリーズはリーグ2連覇を達成し、ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズに進出。そこでアトリーは、初戦でCC・サバシアに2本塁打を浴びせるなど6試合で計5本塁打を放ち、レジー・ジャクソン(1977年)が保持するシリーズ最多本塁打記録に並ぶ強打を発揮。しかしフィリーズは2勝4敗で敗れ2年連続の世界一を逃した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た単打

    守備は、UCLAで二塁を守っていたのを観たフィリーズGM補佐(当時)のマイク・アーバックルが「彼は将来は左翼手にコンバートされるかもしれない」という印象を抱いたほど動きが悪く、メジャーに初めて昇格してきたときも守備には不安があった。しかし次第に上達しており、プラス・マイナス・システムという指標では、アトリーは2004年から2006年の3年間で+52(メジャー2位)、2006年から2008年の3年間では+85(同1位)と、優秀な数字を残している。走塁では、2010年までの通算XBT%(単打で2つ以上進塁するか、あるいは二塁打で一塁から生還した割合)が57%と高い数値を残している。盗塁は毎年15-20個ほど決めており、通算成功率は88.1%。2009年には23度盗塁を試みているが失敗は1度もなかった。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た日本語

    名前は、日本語メディアではチェース・アットリーなどの表記も見られる。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たOPS (野球)

    2003年のシーズン開幕をメジャーで迎えたアトリーは、4月4日のピッツバーグ・パイレーツ戦に代打として初出場。ジェフ・スーパンの前に空振り三振に倒れる。初の先発は同月24日のコロラド・ロッキーズ戦で、「8番・二塁手」として出場したアトリーは、3回裏にアーロン・クックからメジャー初本塁打となる満塁本塁打を放っている。この年はメジャー定着とはならなかったが、AAA級スクラントン・ウィルクスバリで113試合に出場して打率.323・OPS.907の好成績を残し、同級のオールスターゲームに選出された。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た左翼手

    守備は、UCLAで二塁を守っていたのを観たフィリーズGM補佐(当時)のマイク・アーバックルが「彼は将来は左翼手にコンバートされるかもしれない」という印象を抱いたほど動きが悪く、メジャーに初めて昇格してきたときも守備には不安があった。しかし次第に上達しており、プラス・マイナス・システムという指標では、アトリーは2004年から2006年の3年間で+52(メジャー2位)、2006年から2008年の3年間では+85(同1位)と、優秀な数字を残している。走塁では、2010年までの通算XBT%(単打で2つ以上進塁するか、あるいは二塁打で一塁から生還した割合)が57%と高い数値を残している。盗塁は毎年15-20個ほど決めており、通算成功率は88.1%。2009年には23度盗塁を試みているが失敗は1度もなかった。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た二塁手

    チェイス・キャメロン・アトリー(Chase Cameron Utley, 1978年12月17日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナ出身のプロ野球選手(二塁手)。右投左打。MLB・ロサンゼルス・ドジャース所属。愛称はシルバー・フォックス。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たロングビーチ (カリフォルニア州)

    カリフォルニア州パサデナ生まれ。幼少期は同州ロサンゼルスに本拠地を置くロサンゼルス・ドジャースのファンで、そのドジャースが出場した1988年のワールドシリーズ第2戦を会場のドジャー・スタジアムで観戦している。当時から研究熱心で、12歳から15歳の頃には憧れのジム・トーミなど一流選手の打撃フォームを研究しながらバッティングセンターで毎日打撃練習していた。同州ロングビーチのに進学後、にドジャースからMLBドラフト2巡目(全体76位)指名を受けたが、契約せずカリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA)に進学する。本人によれば「確かにプロ野球は夢だったけど、人間的に成長するためには大学へ行くことが必要だと思った」という。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

97件中 61 - 70件表示

「チェイス・アットリー」のニューストピックワード