97件中 81 - 90件表示
  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た2007年のナショナルリーグディビジョンシリーズ

    1月21日にフィリーズと総額8,500万ドルの7年契約を結んだ。GMのパット・ギリックは「我々は長期契約を好んでいるわけではないけど、チェイスの場合は例外だ。彼のような選手がこのチームにいるのはラッキーだよ」とアトリーを高く評価した。この年は開幕から前年を上回るペースで打っていたが、7月26日のワシントン・ナショナルズ戦でジョン・ラナンから死球を受け右手を骨折、1か月間の欠場に追い込まれる。それでも復帰後はすぐにレギュラーとして出場し、最終的には打率.332(リーグ3位)・OPS.976(同7位)・103打点の好成績を残した。故障離脱がなければ、この年のリーグMVPはチームメイトのジミー・ロリンズではなくアトリーが受賞した可能性もあるほどの活躍で、チームの14年ぶり地区優勝に貢献。しかしポストシーズンでは、大学時代の同僚アトキンスが在籍するコロラド・ロッキーズに地区シリーズで敗れた。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たバッティングセンター

    カリフォルニア州パサデナ生まれ。幼少期は同州ロサンゼルスに本拠地を置くロサンゼルス・ドジャースのファンで、そのドジャースが出場した1988年のワールドシリーズ第2戦を会場のドジャー・スタジアムで観戦している。当時から研究熱心で、12歳から15歳の頃には憧れのジム・トーミなど一流選手の打撃フォームを研究しながらバッティングセンターで毎日打撃練習していた。同州ロングビーチのに進学後、にドジャースからMLBドラフト2巡目(全体76位)指名を受けたが、契約せずカリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA)に進学する。本人によれば「確かにプロ野球は夢だったけど、人間的に成長するためには大学へ行くことが必要だと思った」という。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たドジャー・スタジアム

    カリフォルニア州パサデナ生まれ。幼少期は同州ロサンゼルスに本拠地を置くロサンゼルス・ドジャースのファンで、そのドジャースが出場した1988年のワールドシリーズ第2戦を会場のドジャー・スタジアムで観戦している。当時から研究熱心で、12歳から15歳の頃には憧れのジム・トーミなど一流選手の打撃フォームを研究しながらバッティングセンターで毎日打撃練習していた。同州ロングビーチのに進学後、にドジャースからMLBドラフト2巡目(全体76位)指名を受けたが、契約せずカリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA)に進学する。本人によれば「確かにプロ野球は夢だったけど、人間的に成長するためには大学へ行くことが必要だと思った」という。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たプロ野球選手

    チェイス・キャメロン・アトリー(Chase Cameron Utley, 1978年12月17日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナ出身のプロ野球選手(二塁手)。右投左打。MLB・ロサンゼルス・ドジャース所属。愛称はシルバー・フォックス。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のアメリカ合衆国代表に選出される。同大会では4試合に出場し、打率.385を記録した。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たアメリカ合衆国

    チェイス・キャメロン・アトリー(Chase Cameron Utley, 1978年12月17日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナ出身のプロ野球選手(二塁手)。右投左打。MLB・ロサンゼルス・ドジャース所属。愛称はシルバー・フォックス。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見た1988年のワールドシリーズ

    カリフォルニア州パサデナ生まれ。幼少期は同州ロサンゼルスに本拠地を置くロサンゼルス・ドジャースのファンで、そのドジャースが出場した1988年のワールドシリーズ第2戦を会場のドジャー・スタジアムで観戦している。当時から研究熱心で、12歳から15歳の頃には憧れのジム・トーミなど一流選手の打撃フォームを研究しながらバッティングセンターで毎日打撃練習していた。同州ロングビーチのに進学後、にドジャースからMLBドラフト2巡目(全体76位)指名を受けたが、契約せずカリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA)に進学する。本人によれば「確かにプロ野球は夢だったけど、人間的に成長するためには大学へ行くことが必要だと思った」という。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たロサンゼルス

    カリフォルニア州パサデナ生まれ。幼少期は同州ロサンゼルスに本拠地を置くロサンゼルス・ドジャースのファンで、そのドジャースが出場した1988年のワールドシリーズ第2戦を会場のドジャー・スタジアムで観戦している。当時から研究熱心で、12歳から15歳の頃には憧れのジム・トーミなど一流選手の打撃フォームを研究しながらバッティングセンターで毎日打撃練習していた。同州ロングビーチのに進学後、にドジャースからMLBドラフト2巡目(全体76位)指名を受けたが、契約せずカリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA)に進学する。本人によれば「確かにプロ野球は夢だったけど、人間的に成長するためには大学へ行くことが必要だと思った」という。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たコンバート (野球)

    はAA級レディング・フィリーズを飛び越してAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズに昇格。そこではスコット・ローレンの後釜としての期待から、これまでの二塁手から三塁手へとコンバートされ1シーズンを過ごす。しかし慣れないポジションなだけに動きは不自然でぎこちなく、28失策・守備率.918と不安定さを露呈する。結局、ローレンはこの年の夏にセントルイス・カージナルスへトレードされるが、アトリーは翌のスプリングトレーニングで二塁手へ戻される。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・アトリー

    チェイス・アトリーから見たスクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダース

    はAA級レディング・フィリーズを飛び越してAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズに昇格。そこではスコット・ローレンの後釜としての期待から、これまでの二塁手から三塁手へとコンバートされ1シーズンを過ごす。しかし慣れないポジションなだけに動きは不自然でぎこちなく、28失策・守備率.918と不安定さを露呈する。結局、ローレンはこの年の夏にセントルイス・カージナルスへトレードされるが、アトリーは翌のスプリングトレーニングで二塁手へ戻される。チェイス・アトリー フレッシュアイペディアより)

97件中 81 - 90件表示

「チェイス・アットリー」のニューストピックワード