889件中 11 - 20件表示
  • 内モンゴル独立運動

    内モンゴル独立運動から見たチベットチベット

    1636年に満州人が建国した大清帝国は満洲、モンゴル、チベット、東トルキスタン、中国本土、朝鮮におよぶ大帝国であった。満州人はモンゴル帝国の玉璽をモンゴル王族から受け継ぎ大清帝国を建国するという形をとり、モンゴル人と血縁関係を結ぶとともにモンゴル人を優遇していた。1906年に漢民族の孫文が「駆除韃虜、回復中華」を提唱し、1911年に漢民族によって「駆除韃虜、恢復中華」をスローガンに辛亥革命が行われ、大清帝国は崩壊した。崩壊直前の1911年12月に外モンゴルではロシア帝国を後ろ盾としたモンゴル人諸侯によってチベット人活仏のボグド・ハーンを皇帝とする独立国家が樹立された(ボグド・ハーン政権)。1912年1月1日に漢民族によって中国本土に中華民国が建国されると臨時大総統に就任した孫文は漢人・満州人・モンゴル人・ウイグル人・チベット人を一つに合わせて一国とする旨を宣言した。内モンゴル独立運動 フレッシュアイペディアより)

  • チベットの領域に関する認識と主張

    チベットの領域に関する認識と主張から見たチベットチベット

    チベットの領域に関する認識と主張では、「チベット」の記事の下方単位として、チベット亡命政府および中華人民共和国政府それぞれの主張するチベットの範囲を中心として、「チベットの領域」についての認識について紹介する。チベットの領域に関する認識と主張 フレッシュアイペディアより)

  • グルカ戦争

    グルカ戦争から見たチベットチベット

    グルカ戦争(対チベット)は、18世紀(第一次(1788), 第二次(1793))および19世紀(第三次(1855-1856))に、ネパールのグルカ王朝とチベットの間で行われた戦争。いずれもネパール・チベット間貿易における紛争を契機として勃発、第一次、二次は清朝の介入でチベット有利に、第三次はネパール有利に終結した。グルカ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • チベット民族

    チベット民族から見たチベットチベット

    前近代以来用いられている伝統的な用法は、チベット本土の人々「プーパ」と、ブータン、ラダック、シッキム等の諸国の人々などをあわせた、チベット系の人々に対する総称。チベット民族 フレッシュアイペディアより)

  • 西康省

    西康省から見たチベットチベット

    現在の四川省のカンゼ・チベット族自治州やアバ・チベット族チャン族自治州の他に涼山イ族自治州や攀枝花市、雅安市に当たる地域も含んでおり、四川盆地西端と四川省南端に達していた。現チベット自治区側ではチャムド地区・ニンティ地区に相当する地域を名目的に含んでおり、チベットのカム地方に相当した。西康省 フレッシュアイペディアより)

  • ケサル王伝

    ケサル王伝から見たチベットチベット

    ケサル王伝 (けさるおうでん、英:Epic of King Gesar、 あるいは )あるいはゲセル・ハーン物語(げせる・はーんものがたり)は、チベットおよび中央アジアにおける主要な叙事詩である。現在でも140名あまりのケサル吟遊詩人 (チベット人、モンゴル人、ブリヤート人、トゥ族など)によって歌われており、現存する数少ない叙事詩のひとつとしても価値が高い。この叙事詩は約1,000年前のものと推定され、勇胆の王ケサルと彼が治めたという伝説の国家リン王国 (英:gLing、発音:Ling)について語られている。なお、ケサルとゲセルはそれぞれこの物語の主人公名のチベット語読みとモンゴル語読みである。ケサル王伝 フレッシュアイペディアより)

  • インドの仏教

    インドの仏教から見たチベットチベット

    インドは仏教発祥の地であるが、現代では、ほとんど消滅してしまった。13世紀初頭にイスラム教徒の軍がベンガル地方に侵攻し、仏教の拠点精舎を破壊・虐殺したことによって滅んだとも言われるが、その後も零細な集団としてインド仏教はかなりの期間にわたり存続しており、イスラム勢力の侵攻により完全には滅んだ訳ではなかった。なお、カシミール、ネパール、東ベンガルなどには、細々とながら現在まで存続している。近年には、スリランカから上座部仏教が逆輸入されたり、チベットからの難民受入れによるチベット仏教や、日本山妙法寺による布教、インドの大学に対して講師派遣など日本からの支援によって、2001年の国勢調査では仏教徒は800万人前後となっている。インドの仏教 フレッシュアイペディアより)

  • ブータン

    ブータンから見たチベットチベット

    ブータン王国(ブータンおうこく)、通称ブータンは、南アジアにある国家。インドと中国にはさまれている、世界で唯一チベット仏教(ドゥク・カギュ派)を国教とする国家である。民族はチベット系8割、ネパール系2割。公用語はゾンカ語。首都はティンプー。国旗はかなり複雑なもののひとつで、竜のうろこが細かく書かれている。国花はメコノプシス=ホリドゥラ、国樹はイトスギ、国獣はターキン、国鳥はワタリガラス。ブータン フレッシュアイペディアより)

  • 元 (王朝)

    元 (王朝)から見たチベットチベット

    一方中国からの視点で見たとき、北宋以来、数百年振りに中国の南北を統一する巨大政権が成立したため、遼(契丹)や金の統治を受けた北中国と、南宋の統治を受けてきた南中国が統合された。チンギス・カン時代に金を征服して華北を領土として以来、各地の農耕地や鉱山などを接収、対金戦で生じた荒廃した広大な荒蕪地へは屯田を行い、また大元時代に入る前後で獲得された雲南では農耕地や鉱山の開発が増強されている。首都への物資の回漕に海運を用い始めた事は、民の重い負担を軽減した良法として評価される。元々モンゴル帝国は傘下に天山ウイグル王国やケレイト王国、オングト王国などのテュルク系やホラーサーンやマーワラーアンナフルなどのイラン系のムスリムたちを吸収しながら形成されていった政権であるため、これらの政権内外で活躍していた人々がモンゴル帝国に組み込まれた中国の諸地域に流入し、西方からウイグル系やチベット系の仏教文化やケレイト部族やオングト部族などが信仰していたネストリウス派などのキリスト教、イラン系のイスラームの文化などもまた、首都の大都や泉州など各地に形成されたそれぞれのコミュニティーを中核に大量に流入した。元 (王朝) フレッシュアイペディアより)

  • チベット自治区

    チベット自治区から見たチベットチベット

    中国の公認された少数民族としてのチベット族(蔵族)の居住領域に設けられた民族自治区とされるが、チベット自治区の領域は歴史的・文化的なチベット地域のうちの、中国領に内包される部分の一部で、歴史的に西蔵と呼ばれてきた地方を占めるのみであり、中国語による名称は「西蔵自治区」という。チベット自治区 フレッシュアイペディアより)

889件中 11 - 20件表示