889件中 21 - 30件表示
  • シャキ

    シャキから見たチベットチベット

    シャキ(英:Shakhi)は、チベット原産の警備犬種のひとつである。別名はチベタン・ガード・ドッグ(英:Tibetan Guard Dog)、コンポ(英:Konpo)。シャキ フレッシュアイペディアより)

  • 1904年の政治

    1904年の政治から見たチベットチベット

    5月15日 - チベット、フランシス・ヤングハズバンドFrancis Younghusband大佐率いるイギリス軍に対して宣戦布告。1904年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ダライ・ラマ2世

    ダライ・ラマ2世から見たチベットチベット

    1475年にチベット(現:中華人民共和国チベット自治区シガツェ市)で生まれる。父親はKunga Gyaltsen。母親はKunga Pemoでありチベット仏教ニンマ派信者として知られ、農業を営んでいたという。ダライ・ラマ2世 フレッシュアイペディアより)

  • 徳欽県

    徳欽県から見たチベットチベット

    徳欽県(とくきんけん、デチェン県)は中華人民共和国雲南省デチェン・チベット族自治州の県。チベットではカム地方に分類される。徳欽県 フレッシュアイペディアより)

  • なーんとなくブーリン

    なーんとなくブーリンから見たチベットチベット

    カレーショップ、チャンドラで父親の仕事を手伝う少年、「ぱぱお」はある日、向かいにある寿司屋、朝日寿司の仲良し兄弟の一人、波多野傑作に自分の店の味を侮辱されてしまった。それで怒った彼は、勝手にお互いの兄や姉を賭けて、どっちの店の味が上品か対決をする。それを知って驚いたのが「ぱぱお」の姉「ままめ」、彼女は馬鹿馬鹿しい話だと呆れていたが、男家族の波多野家は女性が家族の一員になるとみんなやる気満々だ。困ったままめだが、その夜、ぱぱおは宅配便で秘密の素材を手に入れていた。それは何とチベット産の黒豚で、これをサービスすれば勝負に勝てると豪語する。しかし、いざ蓋を開けてみれば、中で梱包されていたブタこそ、全身火傷を負っていたブーリンだったのだった…。なーんとなくブーリン フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・チャーチワード

    ジェームズ・チャーチワードから見たチベットチベット

    チャーチワードは、1868年にインド(又はチベット、ミャンマー)でイギリス陸軍に所属していた際、寺院の僧に絵文字のある粘土板(チャーチワードはナーカルとよぶ)を見せられたという。1880年にイギリス陸軍大佐で退役し、この絵文字を解読したところ、ムー(チャーチワードによると発音はMOO)大陸の聖なる霊感の書であったという。友人のウィリアム・ニーヴンがメキシコで発見した石板を見せられた際にナーカルと同じ絵文字があったことがムー大陸の著作をするきっかけとなったという。絵文字はマヤのトロアノ絵写本、チベットのラサ記録に記載されていたという。ジェームズ・チャーチワード フレッシュアイペディアより)

  • 西川一三

    西川一三から見たチベットチベット

    日中戦争下に内モンゴルより河西回廊を経てチベットに潜行。戦後インドを経て帰国。西川一三 フレッシュアイペディアより)

  • チュシ・ガンドゥク

    チュシ・ガンドゥクから見たチベットチベット

    チュシ・ガンドゥク( ワイリー方式:chu bzhi sgang drug)はチベットの東部カム地方の別称。またこの土地出身のチベット人たちが1958年6月16日に結成し1950年代末から1970年代初頭にかけてゲリラ戦を展開した、中華人民共和国(中国)によるチベット支配の打倒を試みる抗中統一ゲリラ組織の名称。「チュシ」は「4つの河」、「ガンドゥク」は「6つの山脈」の意。チュシ・ガンドゥク フレッシュアイペディアより)

  • 太極図

    太極図から見たチベットチベット

    太極図は「U+262F」にコードポイントが割り振られている ()。Unicodeではほかに「U+0FCA」(チベット語表記用記号)で代用できるともされている。太極図 フレッシュアイペディアより)

  • 仏舎利塔

    仏舎利塔から見たチベットチベット

    中国では「仏舎利塔」のことを「覆鉢式塔」と呼ぶ。チベット仏教の仏塔である。覆鉢式塔のつくりはストゥーパのつくりと基本的に同じで、南北朝時代の雲岡石窟の中にすでに覆鉢式塔の造形が見られた。早い時期にチベットに伝わり、チベットから各地に広まった。仏舎利塔 フレッシュアイペディアより)

889件中 21 - 30件表示