889件中 31 - 40件表示
  • チベット (1912-1950)

    チベット (1912-1950)から見たチベットチベット

    1912年から1951年まで、チベットのダライラマ政権は、チベットの国土の半ば以上に排他的実効支配を確立し、国際社会に対し、国家としての独立を求めていた。チベット (1912-1950) フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ヒルトン

    ジェームズ・ヒルトンから見たチベットチベット

    ヒルトンはサマセット・モームを礼賛し、また小説家は、舞台が「テネシー州であろうと、チンブツクーであろうと、チベットであろうと」「なによりもまず物語を、どうか語ってもらいたいものである」と語る文学観を持っていた。ジェームズ・ヒルトン フレッシュアイペディアより)

  • ヴァイローツァナ

    ヴァイローツァナから見たチベットチベット

    ヴァイローツァナ (Vairotsana,)は、チベット仏教に伝承されるゾクチェンの相承系譜における初期の偉大なラマにして、訳経法師。彼は、グル・パドマサンバヴァ、ヴィマラ・ミトラと共に、チベットにゾクチェンの教えを伝えた3大ラマの1人である。彼はグル・パドマサンバヴァの25大弟子の1人であり、大日如来の化身と見なされていた。ヴァイローツァナ フレッシュアイペディアより)

  • 茶馬古道

    茶馬古道から見たチベットチベット

    茶馬古道(ちゃばこどう)とは雲南省で取れた茶(磚茶)をチベットの馬と交換したことから名付けられた交易路である。茶馬古道 フレッシュアイペディアより)

  • ラサ

    ラサから見たチベットチベット

    ラサ(??????,lha sa)は吐蕃時代の7世紀に成立したチベットの古都。吐蕃時代(7世紀 - 842年)やダライ・ラマ政権時代(1642年 - 1959年)に政権の本拠地がおかれて政治的中枢となり、また政権の変遷をこえて文化的中枢でありつづけた。チベット、モンゴル、満州などの諸民族から構成されるチベット仏教文化圏の中枢でもある。ラサ フレッシュアイペディアより)

  • ゾン

    ゾンから見たチベットチベット

    ゾン () とは、チベット文化圏に多く見られる城塞建築である。ブータンでは最上位の地方区分単位の庁舎であり、その庁舎が管轄する行政単位をゾンカク (???????, rdzong khag) と称する。ゾン フレッシュアイペディアより)

  • モモ (料理)

    モモ (料理)から見たチベットチベット

    モモ(, ネパール語: ?:?:)は、広くチベット文化圏で食べられる小籠包、蒸し餃子、肉まん(包子)に類する食べ物。モモ (料理) フレッシュアイペディアより)

  • シャングリラ

    シャングリラから見たチベットチベット

    小説の設定ではチベットの未知の地域にある。ヒマラヤ山脈の西の果てを崑崙山脈のほうへ向かった辺りに、カラカル(Karakal)という名の8,500メートル以上の高峰があり、そのふもとの霧の漂う調和に満ちた谷間に、シャングリラという僧院が建っている。シャングリラに住む人々は普通の人々よりはるかに長生きし、老いる速さは非常に遅い。元は18世紀初頭にペローという名の宣教師が建てた僧院であったが、そこにラマ僧らが集まり、図書館やセントラルヒーティングなど最新式の設備が整えられ世界中の知識も蒐集する研究の地となった。シャングリラ フレッシュアイペディアより)

  • フランシス・ヤングハズバンド

    フランシス・ヤングハズバンドから見たチベットチベット

    フランシス・エドワード・ヤングハズバンド卿(、1863年5月31日 - 1942年7月31日)は、イギリスの陸軍将校、探検家、スピリチュアル・ライター。極東や中央アジア探検で知られ、わけても1904年のチベット行ではチベット人の虐殺事件を起こした。アジア情勢や外交政策に関する著作がある。チベット行政長官や王立地理学会長を歴任。軍での最終階級は中佐。インドの星勲章 (KCSI) 、インド帝国勲章 (KCIE) 受章。フランシス・ヤングハズバンド フレッシュアイペディアより)

  • 北東アジア

    北東アジアから見たチベットチベット

    さまざまな定義があるが、ここでは、広義に捉えた東アジアと北アジアを合せた地域とする定義で論じる。具体的には中国本土、満洲、チベット、東トルキスタン、台湾、朝鮮半島、モンゴル、シベリア、ロシア極東である。北東アジア フレッシュアイペディアより)

889件中 31 - 40件表示