1130件中 51 - 60件表示
  • 仏教学

    仏教学から見たチベットチベット

    これら学問仏教となった部派仏教のアンチテーゼとして、仏塔礼拝信徒・大衆部から成立し、利他・菩薩を特徴とする大乗仏教においても、説一切有部などへの対応から次第に学問的傾向を帯びるようになり、空、唯識、中観、如来蔵などの思想が発達、中国やチベットへ伝播し、それぞれの地域で更に体系化されるようになった。仏教学 フレッシュアイペディアより)

  • シュナの旅

    シュナの旅から見たチベットチベット

    谷の底の小さな王国の王子、「シュナ」という青年の物語である。チベット民話「犬になった王子」(文:君島久子、岩波書店)が元となっている。麦を求めて王子が旅をするという民話で、『シュナの旅』も基本的に同じ構成ではあるが、登場人物・キャラクター等は宮崎独自のもの。シュナの旅 フレッシュアイペディアより)

  • ネパール・チベット戦争

    ネパール・チベット戦争から見たチベットチベット

    ネパール・チベット戦争(ネパール・チベットせんそう、英語:Nepalese?Tibetan War)は、ネパールとチベットの間に勃発した戦争。ネパール・チベット戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァイローツァナ

    ヴァイローツァナから見たチベットチベット

    ヴァイローツァナ (,)は、チベット仏教に伝承されるゾクチェンの相承系譜における初期の偉大なラマにして、訳経僧。彼は、グル・パドマサンバヴァ、ヴィマラミトラと共に、チベットにゾクチェンの教えを伝えた3大ラマの1人である。彼はグル・パドマサンバヴァの25大弟子の1人であり、大日如来の化身と見なされていた。ヴァイローツァナ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ヒルトン

    ジェームズ・ヒルトンから見たチベットチベット

    ヒルトンはサマセット・モームを礼賛し、また小説家は、舞台が「テネシー州であろうと、チンブツクーであろうと、チベットであろうと」「なによりもまず物語を、どうか語ってもらいたいものである」と語る文学観を持っていた。ジェームズ・ヒルトン フレッシュアイペディアより)

  • シャングリラ

    シャングリラから見たチベットチベット

    小説の設定ではチベットの未知の地域にある。ヒマラヤ山脈の西の果てを崑崙山脈のほうへ向かった辺りに、カラカル(Karakal)という名の8,500メートル以上の高峰があり、そのふもとの霧の漂う調和に満ちた谷間に、シャングリラという僧院が建っている。シャングリラに住む人々は普通の人々よりはるかに長生きし、老いる速さは非常に遅い。元は18世紀初頭にペローという名の宣教師が建てた僧院であったが、そこにラマ僧らが集まり、図書館やセントラルヒーティングなど最新式の設備が整えられ世界中の知識も蒐集する研究の地となった。シャングリラ フレッシュアイペディアより)

  • カンゼ・チベット族自治州

    カンゼ・チベット族自治州から見たチベットチベット

    日本語ではチベット語にもとづく「カンゼ」というカナ転写のほか、漢字の表記を音写した「カンツー」などの表記例が見られる。漢字名の音読みは「かんし」。「プーリー」は「チベット民族」、「ランキョン」とは「自治」の意で、クルは州に相当する地方行政単位。チベットの伝統的な地理区分ではカム地方の東部に相当する。カンゼ・チベット族自治州 フレッシュアイペディアより)

  • ナンパラ銃撃事件

    ナンパラ銃撃事件から見たチベットチベット

    ナンパラ銃撃事件(ナンパラじゅうげきじけん、)は2006年9月30日、中国人民武装警察部隊の国境警備員がナンパラでチベットから不法出国しようとしているチベット人難民を銃撃したとされる事件。作家のジョナサン・グリーンや事件の目撃者は、非武装の難民たちが歩いているとき国境警備員に遠くから銃撃され、一人の修道女が殺害され数人が負傷し、また、殺害された修道女は17歳のケルサン・ナンツォであると主張している。ただし、公開された動画や写真は遠距離から撮影された不鮮明なもので、雪上の人影がケルサン・ナンツォ本人かどうか、また本人の生死も確認出来ない。子供を含む32人のチベット人が逮捕され、刑罰を受けた後に釈放されたが、チベット人権団体によれば2016年現在でも未だに行方不明者がいるとされる。中国政府は無防備な難民に対する銃撃を否定したが、近くにいた登山隊の一人でルーマニア人のセルジュ・マテイが事件発生当時の現場を動画で撮影していた。セルジュ・マテイがビデオをチベットから運び出し、ルーマニアのテレビ局であるPROTVで公開した結果、事件は主に欧米や西側諸国で広く報道されたが、日本国内では殆ど報道されなかった。ナンパラ銃撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • ムスタン王国

    ムスタン王国から見たチベットチベット

    ネパールとチベットの国境、ネパール中西部、ダウラギリ地方の北部、ガンダキ川の上流に位置する。南北約81km、東西約64km、面積3,640平方km。ほぼ奈良県と同じ広さである。チベット高原や中央アジアとインド平原を結ぶ回廊にあたるため重要な地点である。ムスタン王国 フレッシュアイペディアより)

  • 青海省

    青海省から見たチベットチベット

    この省の領域の大部分は、チベット人自身によるチベットの地方区分でいう「アムド地方」に属し、アムド地方の西部から中央部を占めており、東南部に位置するキクド(ジェクンド、玉樹)一帯のみ、カム地方に属する。またモンゴル人は、この地やそのモンゴル系住人を「デート・モンゴル(高地モンゴル)と称する。2005年1月省長に就任した宋秀岩は中国で20年ぶりの女性省長である。青海省 フレッシュアイペディアより)

1130件中 51 - 60件表示

「チベット自治区」のニューストピックワード