1130件中 61 - 70件表示
  • ジュンガル

    ジュンガルから見たチベットチベット

    1636年、オイラトのホシュート部長トゥルバイフはチベット仏教ゲルク派の要請に応じて、青海に割拠するカルマ派のチョクト・ホンタイジを討伐した。翌年、チョクト・ホンタイジを殲滅したトゥルバイフはダライ・ラマ5世から「持教法王」の称号を授かり、グーシ・ノミーン・ハーン(国師法王)となると、青海遠征に同行したジュンガル部長ホトゴチンに「バートル・ホンタイジ」の称号を授けて中央アジアのオイラトを任せるとともに、自らはチベットを統一してチベット王の位に就いた(1642年)。ジュンガル フレッシュアイペディアより)

  • チベット学

    チベット学から見たチベットチベット

    チベット学(チベットがく)は、チベットおよびチベット民族の歴史や文化を研究する学問である。オリエンタリズムとしての東洋学に属する。チベット学 フレッシュアイペディアより)

  • アルナーチャル・プラデーシュ州

    アルナーチャル・プラデーシュ州から見たチベットチベット

    辛亥革命によって同君連合としての政体で君臨していた清朝が滅亡し、その遺領の再編が問題になった際、チベットとモンゴルの民族政権は、「文殊皇帝」(=清朝の皇帝)が退陣した結果、その支配下にあった中国、チベット、モンゴルなどの諸国はそれぞれ対等、別個の国家となったという立場をとり、チベット、モンゴルの二国がそれぞれ独立国家として国際承認を受けることを目指し、国際社会への働きかけに着手した。一方、漢人共和主義者たちは、自分たちがつくる共和国を、単に漢人の土地のみを国土とする漢人国家とはせず、清朝に臣属していた諸民族の分布領域を枠組とする中国を設定し、自身の共和政権を、その「中国」の「中央政府」と位置づける立場をとり、チベット、モンゴルの民族政権の服属を目指してそれぞれと戦火を交えた。この紛争を調停するべく、モンゴルにはロシア、チベットにはイギリスが後ろ盾となって開催されたのが、シムラ会議(1913年-1914年)、(1915年5月15日)である。アルナーチャル・プラデーシュ州 フレッシュアイペディアより)

  • 六つのサッチャー

    六つのサッチャーから見たチベットチベット

    シャーロック・ジョンの元には、レストレード(演:ルパート・グレイヴス)からギャップイヤーでチベットに向かったはずの青年が、自宅前の車中で死んでいた事件が持ち込まれる。駐車中に衝突されて爆発炎上した車から見つかった彼の遺体は死後1週間が経過しており、大臣の息子だったことから特別捜査の命が下っていた。シャーロックは調査に向かったウェルズバラ大臣邸で、サッチャー元首相の石膏像が壊されていたことに気付く。彼はあっさりと青年の死の謎を解き、モリアーティが晩年執着していたボルジア家の黒真珠に関係があると踏んで、サッチャー像の謎を解き始める。同じ型のサッチャー像が壊される事件は4件続き、うち1件では犠牲者も出る。胸像はいずれもジョージア・トビリシの業者から仕入れられ、6体限定で作られたものだった。シャーロックは最後の1軒で張り込みを行うが、侵入者のエイジェイ(演:)と乱闘になり、胸像からはメアリーの過去が入ったUSBメモリが見つかる。六つのサッチャー フレッシュアイペディアより)

  • 海西モンゴル族チベット族自治州

    海西モンゴル族チベット族自治州から見たチベットチベット

    海西モンゴル族チベット族自治州(かいせい-モンゴルぞく-チベットぞく-じちしゅう、モンゴル文字: 転写:Qayisi-yin Moŋ?ol Töbed öbertegen jasaqu jėü、チベット文字:)は、中華人民共和国の青海省に設置されたチベット族およびモンゴル族を自治の主体民族とする自治州の一つ。海西モンゴル族チベット族自治州 フレッシュアイペディアより)

  • ブータン戦争

    ブータン戦争から見たチベットチベット

    だがトンサ・ペンロップの任命したコチ・ビハールの領主は相次いで暗殺された。1772年には任命したコチ・ビハール領主が反旗を翻してイギリス東インド会社に接近すると、歳入の半分にあたる額の支払いと東インド会社の軍事費を負担することを条件にその保護下に入る。そのためコチ・ビハールを巡って東インド会社のインド兵とトンサ・ペンロップ軍が衝突したがペンロップが破れ、山岳地帯の領内に引き上げた。しかし当時のイギリス植民地行政官ウォレス・ヘースティングズには紛争を長期化する意図はなく、チベットの仲介もあって1774年に国境線を紛争以前に戻すアングロ・ブータン条約を締結した。この寛大な講和による東インド会社の目的はチベットへの交易路確立であり、この権益の確立のためにしばしばブータンに使節団を派遣し(1774、1776-1777、1783、1815)、友好関係を構築した。また1792年にはチベットがネパールの侵攻に対して清の支援を受けてこれを撃退したが、そのため清の支配権が強まって諸外国のチベット通商は厳しく制限される事態になった。この事件は交易路を失ったイギリスとネパールとの関係悪化を招き、ブータンの交易路としての重要性は逆に高まっていった。ブータン戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン共和国

    東トルキスタン共和国から見たチベットチベット

    12月までに中国人民解放軍が新疆全域に展開し、東トルキスタンは完全に中華人民共和国に統合された(新疆侵攻)。ウイグル族とソ連領中央アジア出身者、モンゴル族やシベ族、回族で構成された東トルキスタン共和国軍(イリ民族軍)を野戦第五軍に編入した人民解放軍に対抗して、国民党側についたウイグル族のユルバース・カーンは白系ロシア人と中国人ムスリムの軍(帰化軍)を率いていた。1950年、伊吾で国民党軍と人民解放軍の戦闘が起こり、敗れた国民党は中国大陸を脱出することになった()。ユルバース・カーンはチベットを通過してインドのカルカッタへ逃亡しなければならなかったが、チベットでダライラマ軍に攻撃を受けた。カルカッタからは国民党とともに蒸気船で台湾に避難した。ユルバース・カーンが新疆省亡命政府主席に就任。東トルキスタン共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ダラムサラ

    ダラムサラから見たチベットチベット

    チベットからダライ・ラマ14世が亡命して以降、今日に至るまでガンデンポタン(チベット亡命政府)の本拠地となっているマクロード・ガンジー(McLeod Ganj)や、カルマパが居住しているギュトー寺のあるシドゥバリ(Sidhbari)などの町が郊外にある。ダラムサラ フレッシュアイペディアより)

  • ドラえもん のび太とふしぎ風使い

    ドラえもん のび太とふしぎ風使いから見たチベットチベット

    『ドラえもん のび太の大魔境』と同様に、物語の舞台は現代の地球上の秘境とされている(ただし地球上のどこにある秘境かは明かされていない点が大魔境の場合と異なる)。秘境のキャラクターたちの名称や服装など、アジアのモンゴルやチベットあたりを秘境のモデルとしている。ドラえもん のび太とふしぎ風使い フレッシュアイペディアより)

  • 清・シク戦争

    清・シク戦争から見たチベットチベット

    清・シク戦争(しん・シクせんそう、ドーグリー語:???-??? ?????、英語:Sino-Sikh War)は、1841年5月から1842年9月(あるいは8月)にかけて、中国の清朝およびチベットと北インドのシク王国との間で行われた戦争。清・シク戦争 フレッシュアイペディアより)

1130件中 61 - 70件表示

「チベット自治区」のニューストピックワード