889件中 61 - 70件表示
  • モンゴル帝国

    モンゴル帝国から見たチベットチベット

    モンゴル帝国の創始者チンギス・カンと『四駿四狗』やその他の後継者たちはモンゴルから領土を大きく拡大し、西は東ヨーロッパ、アナトリア(現在のトルコ)、シリア、南はアフガニスタン、チベット、ミャンマー、東は中国、朝鮮半島まで、ユーラシア大陸を横断する帝国を作り上げた。最盛期の領土面積は約3300万km?で、地球上の陸地の約25%を統治し、当時の人口は1億人を超えていた。モンゴル帝国 フレッシュアイペディアより)

  • ユートピア

    ユートピアから見たチベットチベット

    アガルタ:大洪水によって地底に移住したとされる人々の王国。モンゴルやチベットのラマ僧などにより、口承として流布されて来たという。地球空洞説の一つ。ちなみにその首都は「シャンバラ」である。ユートピア フレッシュアイペディアより)

  • 河口慧海

    河口慧海から見たチベットチベット

    中国や日本に伝承されている漢語に音訳された仏典に疑問をおぼえ、仏陀本来の教えの意味が分かる物を求めて、梵語の原典とチベット語訳の仏典入手を決意。日本人として初めてチベットへの入国を果たした。河口慧海 フレッシュアイペディアより)

  • 康熙帝

    康熙帝から見たチベットチベット

    18世紀には、ダライ・ラマ6世を巡って生じたチベットの内紛で、青海のグシ・ハン王家の傍系王族の一部とジュンガルのツェワンラプタンが同盟を組み、康熙56年(1717年)、ジュンガル軍がチベットに侵攻し、ラサを制圧、チベット=ハンのラサンを殺害した。康熙帝はラサンの救援要請に応じて康熙57年(1718年)、チベットに出兵したが、この第一次派遣軍はジュンガル軍によって壊滅させられた。これに対し康熙帝は、グシ・ハン一族の主立った者たちを、当初ジュンガルと同盟した者達を含めて北京に招き、爵位で釣って清朝側につけることに成功、康熙59年(1720年)の第二次派遣軍は、「グシ・ハンの打ち立てた法の道」を回復することを旗印に、グシ・ハン一族の軍勢とともに進軍、カンチェンネー、ポラネーらゲリラ勢力の蜂起に苦しめられていたジュンガル軍はこれを見て戦わずして中央チベットから撤退していった。康熙帝 フレッシュアイペディアより)

  • 平和五原則

    平和五原則から見たチベットチベット

    もともとは、同年4月に中国・インド間で締結された「中華人民共和国とインド共和国の中国チベット地方とインド間の通商・交通に関する協定」の前文に記されたものであったが、同年6月、周首相のインド訪問の際、両国の共同声明の形で再確認され、さらに一般国際関係にも適用されるべきもの、として宣言された。平和五原則 フレッシュアイペディアより)

  • アルナーチャル・プラデーシュ州

    アルナーチャル・プラデーシュ州から見たチベットチベット

    辛亥革命によって清朝が滅亡し、その遺領の再編が問題になった際、チベットとモンゴルの民族政権は、「文殊皇帝」(=清朝の皇帝)が退陣した結果、その支配下にあった中国、チベット、モンゴルなどの諸国はそれぞれ対等、別個の国家となったという立場をとり、チベット、モンゴルの二国がそれぞれ独立国家として国際承認を受けることを目指し、国際社会への働きかけに着手した。一方、漢人共和主義者たちは、自分たちがつくる共和国を、単に漢人の土地のみを国土とする漢人国家とはせず、清朝に臣属していた諸民族の分布領域を枠組とする中国を設定し、自身の共和政権を、その「中国」の「中央政府」と位置づける立場をとり、チベット、モンゴルの民族政権の服属を目指してそれぞれと戦火を交えた。この紛争を調停するべく、モンゴルにはロシア、チベットにはイギリスが後ろ盾となって開催されたのが、シムラ会議(1913年-1914年)、(1915年5月15日)である。アルナーチャル・プラデーシュ州 フレッシュアイペディアより)

  • 青海省

    青海省から見たチベットチベット

    この省の領域の大部分は、チベット人自身によるチベットの地方区分でいう「アムド地方」に属し、アムド地方の西部から中央部を占めており、東南部に位置するキクド(ジェクンド、玉樹)一帯のみ、カム地方に属する。またモンゴル人は、この地やそのモンゴル系住人を「デート・モンゴル(高地モンゴル)と称する。2005年1月省長に就任した宋秀岩は中国で20年ぶりの女性省長である。青海省 フレッシュアイペディアより)

  • カンゼ・チベット族自治州

    カンゼ・チベット族自治州から見たチベットチベット

    日本語ではチベット語にもとづく「カンゼ」というカナ転写のほか、漢字の表記を音写した「カンツー」などの表記例が見られる。漢字名の音読みは「かんし」。「プーリー」は「プー族」、「ランキョン」とは「自治」の意で、クルは州に相当する地方行政単位。チベットの伝統的な地理区分ではカム地方の東部に相当する。カンゼ・チベット族自治州 フレッシュアイペディアより)

  • ジュンガル

    ジュンガルから見たチベットチベット

    1636年、オイラトのホシュート部長トゥルバイフはチベット仏教ゲルク派の要請に応じて、青海に割拠するカルマ派のチョクト・ホンタイジを討伐した。翌年、チョクト・ホンタイジを殲滅したトゥルバイフはダライ・ラマ5世から「持教法王」の称号を授かり、グーシ・ノミーン・ハーン(国師法王)となると、青海遠征に同行したジュンガル部長ホトゴチンに「バートル・ホンタイジ」の称号を授けて中央アジアのオイラトを任せるとともに、自らはチベットを統一してチベット王の位に就いた(1642年)。ジュンガル フレッシュアイペディアより)

  • ブラマプトラ川

    ブラマプトラ川から見たチベットチベット

    ブラフマプトラ川( - がわ、英:Brahmaputra River, ヒンディー語:??????????? Bramhaputra, ベンガル語:??????????? Brohmoputro) はチベットに発しバングラデシュでガンジス川と合流し、ベンガル湾へ注ぐ河川である。チベットではヤルンツァンポ川(チベット語: Yar-lung gTsang-po, 中国語:)、バングラデシュではジョムナ川(英:Jamuna River, ベンガル語:????? Jomuna)と呼ばれている。ブラマプトラ川 フレッシュアイペディアより)

889件中 61 - 70件表示