前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • チュ・ジンモ

    チュ・ジンモから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    チュ・ジンモが、韓国の、さらにはアジア圏のトップスターとして躍り出たのは、『カンナさん大成功です!』(2006年)のメガヒット(韓国の歴代映画興行成績の第10位,2008年9月現在)と、『愛』(2007年)の確かな演技への評価(青龍映画賞 ・主演男優賞ノミネート、大韓民国映画大賞・主演男優賞ノミネート)によるところが大きい。『カンナさん大成功です!』の脚本がきた30代前半の頃、チュ・ジンモは自分の演技について正当な評価がなされず、一線級の脚本が来ないことに傷つき、悩んでいたという。もちろんデビュー以来彼がスターでなかった時期は一度もないが、出演作でヒロイン役の女優に光が当たることが多かったことも事実である。この映画でも一応は男性主役であったが、女性主役の慕う王子様的役割であり、物語の比重はヒロインに重きをおいており、演技経験のほとんどなかったキム・アジュンの方が、大きかった。そのため、彼は出演依頼を受けることを躊躇ったようであるが、キム・ヨンファ監督は彼に、漫画的なキャラクターの女性主役とのバランスをとるために、男性主役には華があると同時にリアルな男性像を演じられる役者が必要であり、この映画をドタバタコメディで終わらせないためには、チュ・ジンモの存在が不可欠であることを力説した。そこでチュ・ジンモは監督の期待に応え、監督とともに撮影現場をまとめながら、安定感と現実感を備えたキャラクターを演じて、映画の完成度を高めることに貢献した。チュ・ジンモが『愛』の主役に抜擢された背景には、身近な先輩であり、アジア屈指の映画スターであるチャン・ドンゴンの理解と協力があった。チュ・ジンモがたまたまチャン・ドンゴンの自宅に遊びに行った際に、『愛』の脚本を見つけて一気に読み切り、それに惚れ込んでしまったため、チャン・ドンゴンがカク・キョンテク監督にチュ・ジンモを紹介したというエピソードがある。この映画でチュ・ジンモは、韓国の地方都市釜山の元柔道選手のチンピラという役作りのために、カク・キョンテク監督が録音した釜山訛りのテープを昼夜なく聞いて猛練習し、体重も10Kg増やしたという。派手なアクションシーンも、スタントマンを使わず自らが演じている。その年の映画賞の最優秀男優賞の受賞は逃したが、チュ・ジンモは、カク・キョンテク監督に、チャン・ドンゴンよりも演技が上手い、と言わしめる程の演技的な成功を収め、この映画は興行的にも成功している。多忙なチュ・ジンモのストレス解消法は釣りである。彼は心身の疲れを感じると、釣り道具を車に積み込んで、韓国江原道内陸部の人気のない湖まで行き、携帯電話も切って一人で夜釣りを楽しむという。TVドラマ『ゲームの女王』(SBS 2006年) では、ファンサービスを考えてか、彼が釣りをするシーンがたくさん出てくる。さらに映画『ライアー』を連想させるシーン、特技である水泳やスケートのシーンも盛り込まれていた。チュ・ジンモ フレッシュアイペディアより)

  • 東地宏樹

    東地宏樹から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    本格的に声優業に関わり始めたきっかけは、『メン・イン・ブラック』の「金曜ロードショー」放送版。主演のウィル・スミスのオーディションが事務所に来たとき、ウィルのファンだったためにオーディションを受け、合格した。以降、洋画の吹き替えを中心とした活動を行い、ウィル・スミスの他、クリスチャン・ベール、チャン・ドンゴン、パク・シニャンなどを持ち役とする。近年はサム・ワーシントンやブラッド・ピットを担当する事も増えている。『プリズン・ブレイク』のマイケル役(主演)の吹き替えで知名度を上げた。東地宏樹 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    チャン・ドンゴン主演の『イヴのすべて』が、連続ドラマとして初めて地上波キー局のテレビ朝日系で放送された。話題性を欠いていたためか、これは低調のうちに放送終了した。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • ロスト・メモリーズ

    ロスト・メモリーズから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    主演はチャン・ドンゴンで、仲村トオルも準主演で出演している。日本による朝鮮統治が継続しているパラレルワールドを舞台に、日本が体制悪として描かれている映画だが、仲村が演じるのはステレオタイプな悪役ではなく、家族を守るために親友との戦いに挑むという悲劇的な役柄になっている。ロスト・メモリーズ フレッシュアイペディアより)

  • レディ・ゴー!

    レディ・ゴー!から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    このドラマに出てくるキャストは、日本で人気タレントのユン・ソナ、映画「猟奇的な彼女」に出演したチャ・テヒョン、「ブラザーフッド」「秋の童話」に出演したウォンビン、さらにはウォンビン演じるハン・スンジュの兄役でチャン・ドンゴンが出演するという豪華ぶりである。レディ・ゴー! フレッシュアイペディアより)

  • 張東建

    張東建から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    張東建 フレッシュアイペディアより)

  • チャンドンゴン

    チャンドンゴンから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    チャンドンゴン フレッシュアイペディアより)

  • チャン

    チャンから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    (朝鮮語): チャン・ウェリョン(韓国のサッカー選手)、サラ・チャン(韓国のヴァイオリニスト)、チャン・ドンゴン(韓国の男優)、チャン・ユンジョン(韓国の歌手)など。チャン フレッシュアイペディアより)

  • 韓流四天王

    韓流四天王から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    韓流四天王(かんりゅうしてんのう、ハンりゅうしてんのう)とは、韓国人俳優であるペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、イ・ビョンホン、ウォンビンの4人をまとめて称した呼び名である韓流四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国芸術総合学校

    韓国芸術総合学校から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    チャン・ドンゴン(中退、俳優)韓国芸術総合学校 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「チャン・ドンゴン」のニューストピックワード