51件中 31 - 40件表示
  • キョン・ミリ

    キョン・ミリから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    2000年『おばさん』(チェ・ユミ役)、『イヴのすべて』(チャン・ドンゴンの継母の役で出演)キョン・ミリ フレッシュアイペディアより)

  • 赤P-MAN

    赤P-MANから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    チャン・ドンゴンや、戦場カメラマンの渡部陽一を意識したようなキャラクターで「あなたのことがちゅきでーす」など台詞を発した後、『近代未熟展』と題し、有名人を元にしたややブラックな駄洒落ネタをイラストにしてめくり芸を展開していくというものである。又、前述のキャラクター等意識せずに、普通のタキシード姿でネタを進める場合もある。赤P-MAN フレッシュアイペディアより)

  • チュ・ジンモ

    チュ・ジンモから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    チュ・ジンモが映画『愛 サラン』の主役に抜擢された背景には、韓流四天王の一人であるチャン・ドンゴンの理解と協力があった。インタビュー(2007年9月1日)によれば、チュ・ジンモは身近な先輩であるチャン・ドンゴンの自宅にたまたま遊びに行った際に、『愛 サラン』の脚本を見つけて一気に読み切ったという。チャン・ドンゴンはチュ・ジンモがその脚本に惚れ込んだ様子を見て、カク・キョンテク監督に彼を紹介したという。この映画でチュ・ジンモは、韓国の地方都市釜山の元柔道選手のチンピラという役作りのために、釜山出身のカク・キョンテク監督が録音した釜山訛りのテープを昼夜なく聞いて猛練習をしている。そして、初めて聞いたときには外国語を聞いている感じを抱いた釜山訛りを、撮影を行う頃には自然に話せるようになっていた。また、高校生の頃から成人までの歳月の流れを表現するために体重を8kgを増やした後に、再度高校生の頃のシーンを撮影することに配慮して体重を10kg程度落としたという。派手なアクションシーンもスタントマンを使わず自らが演じている。短期間で体重を増減させることはさすがにきつかったようで、不眠症にもなったというが、その努力が実ってその年の青龍映画賞の主演男優賞にノミネートされている。最優秀男優賞の受賞は逃したが、チュ・ジンモはカク・キョンテク監督に、チャン・ドンゴンよりも演技が上手い、と言わしめる程の演技的な成功を収めている。また、この映画は2007年の韓国映画興行成績の第9位に入り(212万人の動員)、興行的にも成功している。さらに、作品としての質の高さを評価され、第27回ハワイ国際映画祭監督賞および観客賞を受賞している。チュ・ジンモ フレッシュアイペディアより)

  • ウラジオストク

    ウラジオストクから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    黒澤明監督の映画「デルス・ウザーラ」(1975年公開)や、チョナン・カン(草彅剛)主演の映画「ホテルビーナス」(2004年公開)、チャン・ドンゴン主演の映画「タイフーン」(2006年公開)、前田敦子主演の映画「Seventh Code」(2014年公開)の撮影が行われた地である。日本人カメラマン安達貴が活動の拠点にしている。1ウラジオストク フレッシュアイペディアより)

  • 韓国映画

    韓国映画から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    アメリカ合衆国からかたたびたび廃止、自由化を求められていたこと、韓国政府による韓米FTA締結推進目的から、韓国政府は2006年、年間上映日数の40%を韓国映画とする保護を緩めて、半数に減らすことに決定。この決定を受けてイ・ビョンホン、チャン・ドンゴンをはじめとした韓国の俳優陣は韓国映画の保護を求めて「映画人リレー一人デモ」をしたり、座り込みをするなどをして反対運動をおこなった。韓国映画 フレッシュアイペディアより)

  • ソン・ユナ

    ソン・ユナから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    漢陽大学校を首席で入学。1995年 KBSスーパータレントで金賞を含む3賞を受賞したのを機にデビュー。2003年〜2004年にかけて読売テレビ、東京MXテレビで放送された『ホテリアー』で韓国四天王の一人、ペ・ヨンジュンと共演した。また、『サラン』ではチャン・ドンゴン、チェ・ジウの二大スターとも共演している。2009年5月28日俳優ソル・ギョングと結婚した。ソン・ユナ フレッシュアイペディアより)

  • キム・ギドク

    キム・ギドクから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    2000年の『魚と寝る女』と2001年の『受取人不明』がヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、ヨーロッパを中心に海外での評価が高まった。2001年の『悪い男』はソウルだけで30万人を動員するヒットを記録し、翌2002年の第52回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品された。同年には『悪い男』に触発されたチャン・ドンゴンの希望を受け、『コースト・ガード』を製作した。2003年の『春夏秋冬そして春』は韓国映画界最高の栄誉である大鐘賞と青龍賞の作品賞を受賞。全米では韓国映画史上最大のヒット作となった。2004年には『サマリア』が第54回ベルリン国際映画祭で銀熊賞 (監督賞)、『うつせみ』が第61回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞した。その後も『弓』(2005年)や『絶対の愛』(2006年)、『ブレス』(2007年)といった作品を発表。しかし、2008年の『悲夢』の撮影中に起きたアクシデントにショックを受けて映画製作が困難な状態に陥り、以後3年間を寒村の山小屋で暮らした。キム・ギドク フレッシュアイペディアより)

  • イヴのすべて

    イヴのすべてから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    ユン・ヒョンチョル:チャン・ドンゴンイヴのすべて フレッシュアイペディアより)

  • 4

    4から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    韓流四天王:ペ・ヨンジュン・イ・ビョンホン・チャン・ドンゴン・ウォンビン。4 フレッシュアイペディアより)

  • チェン・カイコー

    チェン・カイコーから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    2002年、自由な映画製作のためにハリウッドに渡り、ヘザー・グラハム、ジョセフ・ファインズらを起用して『キリング・ミー・ソフトリー』を製作したが、興行面でも批評面でも失敗に終わった。その後は中国での製作に復帰。2002年の『北京ヴァイオリン』はサン・セバスティアン国際映画祭で監督賞、フロリダ映画祭とトライベッカ映画祭では観客賞を受賞。興行的な成功も収めた。2004年にはテレビドラマとしてリメイクされ、自ら芸術総監督として製作に携わった。2005年、真田広之、セシリア・チャン、ニコラス・ツェー、チャン・ドンゴンと日中韓の俳優を起用して『PROMISE 無極』を製作。建設部に撮影による環境破壊を指摘され、これが国内で大きく報道されたことによって社会問題に発展したが、第63回ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされるなど成功を収めた。2006年には第28回モスクワ国際映画祭で特別功労賞を受賞。2008年、レオン・ライを起用し、梅蘭芳の少年時代から晩年までを描く『花の生涯〜梅蘭芳〜』を製作。翌2009年の第59回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品された。本作では、抗日戦争時代の日本軍の将校役として安藤政信が出演し、京劇に理解を示す日本人を演じている。また、2008年には第21回東京国際映画祭でロシアのニキータ・ミハルコフ監督とともに黒澤明賞を受賞した。チェン・カイコー フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「チャン・ドンゴン」のニューストピックワード