198件中 11 - 20件表示
  • オスマン帝国

    オスマン帝国から見たチューリップチューリップ

    このように、17世紀末から18世紀にかけては軍事的衰退が表面化したが、これを期に西欧技術・文化の吸収を図り、後期のトルコ・イスラム文化が成熟していった時代でもあった。中でもアフメト3世の大宰相イブラヒム・パシャ(在任1718年-1730年)の執政時代に対外的には融和政策が取られ、泰平を謳歌する雰囲気の中で西方の文物が取り入れられて文化の円熟期を迎えた。この時代は西欧から逆輸入されたチューリップが装飾として流行したことから、チューリップ時代と呼ばれている。しかし、の混乱に乗じて行われたが、1730年にナーディル・シャーが登場()し、オスマン側に劣勢に動き始めると、浪費政治への不満を募らせていた人々はを起こして君主と大宰相を交代させるに至り、チューリップ時代は終焉した。オスマン帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 春

    から見たチューリップチューリップ

    現在では園芸植物では球根系のチューリップ・ヒヤシンス・アネモネなども春の花の代表と認識されているが、これらは元来はヨーロッパのスプリング・エフェメラルであった。 フレッシュアイペディアより)

  • フィーバー

    フィーバーから見たチューリップチューリップ

    なお、「フィーバー」の前作に当たるマシンとして、同様に回転ドラムによる抽選を採用した「ブレンド」がある。こちらはアタッカーではなく、ライン上に停止した図柄の組み合わせに応じた数のチューリップが開放するというものだった(チューリップは1個玉が入賞すると閉じてしまうため、大当たりで大量に玉が出るということはなかった)。フィーバー フレッシュアイペディアより)

  • フラワーヒル菊池高原

    フラワーヒル菊池高原から見たチューリップチューリップ

    サクラ、シバザクラ、バラ、チューリップ、ポピー、スイセン、セイヨウシャクナゲ、レンギョウ、シャクヤク、コデマリ、ゴテチア、ボタン、ハナモモなどフラワーヒル菊池高原 フレッシュアイペディアより)

  • 原種

    原種から見たチューリップチューリップ

    栽培種が改良される前の、野生のときのままのもの。また、全く改良されていない植物のことを言う。改良種(交配種)に比べると、花や果実が貧弱だったり、花の色がくすんでいたり、花付きがまばらあるいは一時期しか咲かないなど、改良種に比べて劣る部分が多いが、丈が低く、野趣に富んでいることから、原種を愛好する人もいる。国外の草花でも、原種やそれに近いものは山野草として流通する例もある。チューリップの原種は、花は小さいが、花弁が非常に長いもの、葉に模様があるなどのものがあり、また、シクラメンの原種は鉢物になっている園芸種に比べて丈夫で、香りのあるものもある。バラの原種は、四季咲き性こそないが、花も立派で豊か芳香を持つものがかなりある。また、一般に栽培種より様々な悪条件に耐える性質が強く、そのため、これをあらためて品種改良の素材とする、あるいは交配親とするなどの例もある。一般に、品種改良は、その過程で特定の性質のものだけを選び出すため、原種の持つ遺伝子の多様性を著しく失う傾向がある。そのため、新しい性質を求める場合には原種から探すのが効果的な場合も多い。原種 フレッシュアイペディアより)

  • 鬱金香

    鬱金香から見たチューリップチューリップ

    鬱金香 フレッシュアイペディアより)

  • フォステリアナ

    フォステリアナから見たチューリップチューリップ

    フォステリアナ フレッシュアイペディアより)

  • TULIP

    TULIPから見たチューリップチューリップ

    TULIP フレッシュアイペディアより)

  • 労働公園

    労働公園から見たチューリップチューリップ

    面積は102万m²。多くの植栽により、多種類の花や木など緑溢れる憩いの場となっている。池や庭園なども配置されるほか、ゴルフ場、テニス場、スケート場、小動物園、遊園地などの娯楽施設もある。特にヤナギの木が美しい景観をなしている。時期によりさまざまな花が楽しめ、5月のチューリップ、10月のキクなどが美しい。また日本から贈られたサクラや芝生なども見られる。園内にあるリフトに乗ると大連テレビタワーの前にたどり着く。労働公園 フレッシュアイペディアより)

  • くじゅう花公園

    くじゅう花公園から見たチューリップチューリップ

    面積約20ha、標高800mにある花の公園。広い園内にはチューリップやラベンダー、コスモスなど季節に応じて様々な花が植えられ、日本百名山に数えられる久住山を借景とする美しい自然が満喫できる。また、久住山の反対側には阿蘇五岳を見晴らし、時には雲海も見られるなど日本離れした景色がすばらしい。夏は涼しい高原の空気が日ごろの疲れを癒してくれると共に、子供向けのイベントも充実している。毎年、春から秋にかけて営業し、冬季(11月?3月上旬)は休業している。くじゅう花公園 フレッシュアイペディアより)

198件中 11 - 20件表示