242件中 41 - 50件表示
  • タブーク州

    タブーク州から見たチューリップチューリップ

    タブーク州は、バラ、チューリップ、カーネーションなど100種以上の花をヨーロッパに輸出している。タブーク州 フレッシュアイペディアより)

  • いつか赤いチューリップ

    いつか赤いチューリップから見たチューリップチューリップ

    なお、チューリップは入善町の特産品である。いつか赤いチューリップ フレッシュアイペディアより)

  • あけぼの山公園

    あけぼの山公園から見たチューリップチューリップ

    風車広場 - 季節に応じ、チューリップやコスモスなどが植えられるあけぼの山公園 フレッシュアイペディアより)

  • カヴァルナ

    カヴァルナから見たチューリップチューリップ

    民族誌学博物館は19世紀末に、富豪の家の所有であった建物にある。その内装はこの時代の人々の人々の文化や物品を展示している。典型的なドブルジャの家の様子を示し、人々の文化や日常生活に関する物品を展示している。建物はクワの木やボタン、チューリップに囲まれている。カヴァルナ フレッシュアイペディアより)

  • 労働公園

    労働公園から見たチューリップチューリップ

    面積は102万m²。多くの植栽により、多種類の花や木など緑溢れる憩いの場となっている。池や庭園なども配置されるほか、ゴルフ場、テニス場、スケート場、小動物園、遊園地などの娯楽施設もある。特にヤナギの木が美しい景観をなしている。時期によりさまざまな花が楽しめ、5月のチューリップ、10月のキクなどが美しい。また日本から贈られたサクラや芝生なども見られる。園内にあるリフトに乗ると大連テレビタワーの前にたどり着く。労働公園 フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ時代

    チューリップ時代から見たチューリップチューリップ

    「チューリップ時代」という名前は、この時期のオスマン帝国でチューリップの栽培・観賞が盛んになったことに由来しており、後世名付けられた名称である。元来オスマン帝国のあったアナトリア半島はチューリップの原産地の一つであったが、17世紀の西欧でのチューリップ栽培熱(チューリップ・バブルを参照)が、アフメト3世時代のオスマン帝国に「逆輸入」され、チューリップの栽培が流行したことからこのように呼ばれる。チューリップ栽培が流行した背景には、1718年のパッサロヴィッツ条約(オーストリアなどとの講和条約)によってもたらされた対外関係の安定と、それに伴う国内状況の好転が深く関係している。チューリップ時代 フレッシュアイペディアより)

  • ダリア

    ダリアから見たチューリップチューリップ

    赤色・オレンジ色・黄色・白色・ピンク色・藤色・ボタン色・紫色など、バラやチューリップと並び、最も縹色のバラエティーに富んだ植物である。絞りや爪白のもの、コラレット咲きには花弁(大きな舌状花)とカラー(管状花を取り囲む小さな舌状花)の色が違う2色咲きのものがある。英語に ということばがあるが、青色と緑色の縹色はない。ダリア フレッシュアイペディアより)

  • イェンス・イエンセン

    イェンス・イエンセンから見たチューリップチューリップ

    20世紀初頭に自然風庭園の普及に最も影響力のあったデザイナーの一人で、美しい庭園が在来種を持っていることが、人間の関与なしに引き出されるとして、それぞれの場所で在来種を持っていることを示した。その美しさは、オランダや日本でメープルやらチューリップを用意する必要はなく、私たちの裏庭や州立公園の上流から野生のものを調達することができること、そして、「工場がすべてフィットネスを持ち、その完全な美しさを引き出すように、その適切な環境に置かれている必要があり、そこに造園の芸術がある」と述べ、自分の哲学をまとめた。イェンス・イエンセン フレッシュアイペディアより)

  • リン (マサチューセッツ州)

    リン (マサチューセッツ州)から見たチューリップチューリップ

    国内で最初のチューリップ、スプリング池に近いフェイエステイトリン (マサチューセッツ州) フレッシュアイペディアより)

  • ビバ!クイズ

    ビバ!クイズから見たチューリップチューリップ

    1981年時点での回答者の座席はライチョウ・チューリップ・ホタルイカ・立山・合掌造りと富山県にちなんだものがマークとして使用されていた。ビバ!クイズ フレッシュアイペディアより)

242件中 41 - 50件表示

「チューリップの花情報」のニューストピックワード