前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示
  • チューリップ

    チューリップから見たハンス・クリスチャン・アンデルセン

    『おやゆび姫』: 原作: アンデルセン、出版社: 西村書店、ISBN 4890138455 (1991年)チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たバラ

    チューリップには後述のチューリップ相場に代表されるように多様な園芸品種が存在する。外観は、花弁の先端が丸いもの・尖ったもの・フリル状のものもある。咲き方は一重から八重。一つの球根から複数の花がつくもの。すぼまった状態で開花するものや花弁が外側へ反り返り全開して開花するものなど。花色も青以外の赤・黄・オレンジ・白・緑・紫などの単色や複数の色のものなど、数百品種のチューリップが存在する。青バラと同様に多くの育種家によって青いチューリップの開発が進められているが、花弁全体が青い品種は発表されていない。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見た新潟市

    日本には、江戸時代後期に伝来したが普及するに至らず、大正時代に入って、ようやく新潟市で本格的な球根栽培が始まった。このことから、新潟地域の栽培農家は新潟が「日本チューリップ発祥の地」と自負しており、道の駅花夢里にいつには記念碑が建てられている。1963年には新潟県の県花にも指定されている。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見た菓子

    球根の糖度がきわめて高くでん粉に富むため、オランダでは食用としての栽培も盛んで主に製菓材料として用いられる。そのほか、花をサラダや菓子の添え物として生食することもある。日本でも近年、生産量が増えており、主に通信販売などで一般にも入手可能である。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たアムステルダム

    デリバティブ取引のひとつである商品取引は、17世紀初頭にオランダで行われたチューリップ取引が起源であると言われている。当初は、植物愛好家間の取引であったが、投機的な資金が流入し、珍しい品種のチューリップの球根が高値で取引された。これを、チューリップ・マニアまたはチューリップ・バブルと呼ぶことがある。ハーレム、アムステルダム等での常設現物市場や、相対取引での先渡取引等、一般庶民を巻き込んで盛んに取引が行われたが、1637年の球根価格の暴落により、チューリップ・マニアまたはチューリップ・バブルは終焉した。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見た農薬

    食用に適するものは専用の品種で、一般の園芸品種は灰汁が強く、また農薬などの問題もあり食用は避けるべきである。また、多くの品種で全草に心臓毒であるツリピンを含み毒性がある。また球根は傷付くとアレルギー性物質のツリパリンAを生成する。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たハウステンボス

    ハウステンボス - 長崎県に位置し、古くより日本と交易のあったオランダを扱ったテーマパーク。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見た通信販売

    球根の糖度がきわめて高くでん粉に富むため、オランダでは食用としての栽培も盛んで主に製菓材料として用いられる。そのほか、花をサラダや菓子の添え物として生食することもある。日本でも近年、生産量が増えており、主に通信販売などで一般にも入手可能である。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たオタワ

    オタワ - カナダの首都。毎年5月に開かれる世界最大規模のチューリップ・フェスティバルとそこで咲くチューリップから、「チューリップ・シティ」と呼ばれる。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たサラダ

    球根の糖度がきわめて高くでん粉に富むため、オランダでは食用としての栽培も盛んで主に製菓材料として用いられる。そのほか、花をサラダや菓子の添え物として生食することもある。日本でも近年、生産量が増えており、主に通信販売などで一般にも入手可能である。チューリップ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
75件中 1 - 10件表示

「チューリップの花情報」のニューストピックワード