75件中 41 - 50件表示
  • チューリップ

    チューリップから見たパミール高原

    チューリップはユリ科チューリップ属の植物。球根ができ、形態は有皮鱗茎。和名は鬱金香(うこんこう、うっこんこう)、中近東ではラーレと呼ばれる。アナトリア、イランからパミール高原、ヒンドゥークシュ山脈、カザフスタンのステップ地帯が原産。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たブルーモスク

    原産地はトルコのアナトリア地方とされ、トルコ国内の宮殿(トプカプ宮殿等)やモスク(ブルーモスク等)に貼られたタイルに描かれている。生産地ではオランダが非常に有名で、各国へ輸出されている。トルコからオランダにチューリップが伝わったのは16世紀頃。日本のホームセンターや園芸品店で販売されている球根は、ほとんどがオランダからの輸入である。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見た外貨

    トルコを原産とするチューリップは、外貨獲得のために主力輸出品として活用しており、オランダでは代表的な風景の一部として、風車とともに紹介される。古くより経済に影響を与えた、重要な花の品種である。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たアマナ (植物)

    日本にはアマナ、ヒロハノアマナという植物が分布しており、チューリップと姿が似ている。かつてはチューリップ属に含まれていたが、形態の違いから、現在はアマナ属に分類されている。甘菜の意であり、食用とされた。別名ムギクワイ。水田の畦などの水分の多い場所を好む(チューリップと違い球根は乾燥に弱い)。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見た砺波チューリップ公園

    砺波チューリップ公園 - 富山県砺波市に位置する公園。となみチューリップフェアが行われる。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たなばなの里

    なばなの里 - 三重県桑名市に位置し、春夏秋冬四季の花が咲く花をテーマにしたテーマパーク。大規模なチューリップの花壇が見られる。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見た炎症

    いくつかの種類のチューリップ(ピンクダイヤモンドなど)は、抗炎症作用やコラーゲン産生増強作用が明らかにされ、化粧品の原料として応用されている。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たとなみチューリップフェア

    砺波チューリップ公園 - 富山県砺波市に位置する公園。となみチューリップフェアが行われる。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見た道の駅花夢里にいつ

    日本には、江戸時代後期に伝来したが普及するに至らず、大正時代に入って、ようやく新潟市で本格的な球根栽培が始まった。このことから、新潟地域の栽培農家は新潟が「日本チューリップ発祥の地」と自負しており、道の駅花夢里にいつには記念碑が建てられている。1963年には新潟県の県花にも指定されている。チューリップ フレッシュアイペディアより)

  • チューリップ

    チューリップから見たオーストリア

    古くはオスマン帝国でもてはやされ、オーストリアの大使ブスベック(ブスベキウス)によってはじめてヨーロッパに伝わる。この伝来のときにあやまってチュルバン(ターバン)と伝わったために現在のチューリップと言う名が生まれた。後、ブスベックの友人クルシウスがオランダのライデン植物園に移り、そこでチューリップを栽培したところ評判となった。盗難が何度も起きたためクルシウスは栽培をやめてしまったが、その後オランダではチューリップ狂時代をはじめ、幾度と歴史上にチューリップが登場する事となる。16世紀末にはイギリスでも栽培が始まり、カーネーションやオーリキュラと共に、早くから育種が進んだ。19世紀には多数の品種が生まれ、現在でもいくつかが栽培されている。チューリップ フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「チューリップの花情報」のニューストピックワード