前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • モンテール

    モンテールから見たチルドチルド

    「小さな洋菓子店モンテール」などのブランドで、シュークリーム、エクレア、ロールケーキ、ワッフル、クレープ等の洋生菓子、いわゆるチルドデザートを製造している。製品は主にスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで販売されている。Yahoo!ショッピングや楽天市場で通信販売も行っている。モンテール フレッシュアイペディアより)

  • 冷蔵

    冷蔵から見たチルドチルド

    JISでは、冷蔵そのものに関する規定はないが、チルドは0℃付近、氷温はマイナス1℃付近、パーシャルはマイナス3℃付近の温度帯と定められている。冷蔵の温度は、チルドより上ということになる。冷蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 日穀製粉

    日穀製粉から見たチルドチルド

    1990年(平成2年) 消費期限の延長を可能にする「クリーン減菌そば粉」開発、コンビニのチルド麺として広く採用日穀製粉 フレッシュアイペディアより)

  • 一体圧延車輪

    一体圧延車輪から見たチルドチルド

    そのため、古くから車輪の一体構造を実現すべく研究開発が各国で行われてきた。まず実用化されたのは、耐摩耗性を引き上げる目的でチルド処理を行った鋳鉄により輪芯とタイヤ部を一体鋳造するチルド車輪である。その後、鋳鋼の一般化に伴って一体鋳鋼車輪も一部で製作された。その後20世紀初頭までに、一体圧延車輪が欧米で開発・実用化された。一体圧延車輪 フレッシュアイペディアより)

  • ミートコンパニオン

    ミートコンパニオンから見たチルドチルド

    チルド製品、調理冷凍食品など食肉加工製品の製造業。ミートコンパニオン フレッシュアイペディアより)

  • 加工米飯

    加工米飯から見たチルドチルド

    加工米飯の日本での起源は、古墳時代(5世紀頃)に食べられていた干飯と考えられている。近代以降では、1935年に日本軍の食料として乾燥米飯(アルファ化米)が開発され、1973年にレトルト食品の赤飯(包装米飯)、1975年にレトルトの白飯が開発された。1988年に初の無菌包装米飯として佐藤食品工業の「サトウのごはん」が発売された。その後、冷凍食品、チルド食品、缶詰など、様々な保存方法の米飯が開発、発売されている。公益社団法人・米穀安定供給確保支援機構によれば、2013年には日本で32万4千トンの加工米飯が生産されており、うち約5割を冷凍食品、約4割を無菌包装米飯が占めている。チャーハン、ピラフ、炊き込みご飯などメニューも豊富である。加工米飯 フレッシュアイペディアより)

  • リドル

    リドルから見たチルドチルド

    ほとんどのリドルの店舗は基本的に同じレイアウトを持っている。ブリキ缶の炭酸飲料を最初の通路に置き、アルコール飲料を最後の通路に置いている。チルド品は店の背面の壁に沿って並べられ、サンドウィッチ、パスタサラダ、果物等の総菜は、チルド品の入り口のところに陳列されている。古い店には棚の間の隙間が狭く、買い物をする人は人の流れに沿って移動する他ない。果物や野菜は通常店の最初の通路にあり、次にパンやケーキが並ぶ。リドル フレッシュアイペディアより)

  • バセル

    バセルから見たチルドチルド

    2010年ごろより、チルド状態のお肉を空輸で輸入し、国内の指定食肉加工場で最終加工処理を行ったカンガルー肉を販売している。バセル フレッシュアイペディアより)

  • 解凍 (食品)

    解凍 (食品)から見たチルドチルド

    肉や魚などの生の動物性食材を冷凍したものは、解凍し過ぎないことが重要なこつである。中心部分は凍ったままの程度にとどめ、すぐさま調理する方が良い。なるべく低温で、ゆっくりと時間をかけて解凍した方が、美味しく解凍できる。そのため、冷蔵庫のチルド室を使う方法が好ましく、自然解凍する場合も涼しい場所で解凍する方が良い。解凍 (食品) フレッシュアイペディアより)

  • 名糖運輸

    名糖運輸から見たチルドチルド

    かつては協同乳業(メイトー牛乳)系列色が強かった。チルドをはじめとする低温物流や、コンビニエンスストア向け輸送に強みを持つ。他の乳製品・飲料メーカーも荷主となっている。名糖運輸 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「チルド商品」のニューストピックワード