1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示
  • グリコ栄養食品

    グリコ栄養食品から見たチルドチルド

    小麦蛋白や食品用澱粉、食品用色素などの食品添加物を製造・販売する食品原料事業を主な事業としている。かつてはハム・ソーセージなどの食肉加工品や麺類・惣菜などのチルド食品などを製造・販売する食品加工事業も行っていた。グリコ栄養食品 フレッシュアイペディアより)

  • ゆで卵

    ゆで卵から見たチルドチルド

    コンビニエンスストアなどで販売されているサラダやチルド麺類に輪切り状態で入っているゆで卵には、ロールエッグと呼ばれる加工卵が多く用いられている。ゆで卵 フレッシュアイペディアより)

  • ミツカン

    ミツカンから見たチルドチルド

    第二次大戦後、加工・チルド食品に参入し、1964年(昭和39年)に瓶詰めの味付けポン酢の元祖となる「ミツカン味ぽん」、1982年に混ぜ込みふりかけの「おむすび山」、1988年にめんつゆ(後年「追いがつおつゆ」へ改称)を発売。ミツカン フレッシュアイペディアより)

  • コンテナ

    コンテナから見たチルドチルド

    冷凍と総括的に名前が付いているが、現状としては内部温度がコンテナ本体に付随している設定用のコントロールパネルによって、冷凍や冷蔵・保温等の積荷に最適な温度帯に設定されている。例えば、肉や魚などの冷凍食品は-20℃位、野菜や果物などのチルド品は0℃前後を維持しながら通風を行い、産業用の製品で高温に弱いものは適切な温度で保持される。さらに一部の冷凍コンテナでは、野菜や果物から発生するエチレンガスを除去したり、送風による乾燥を防ぐ為に適度な湿度を自動的に散布する機能を備えていたり、天井部に肉をまるごと吊るすミートレールが備わっているものもある。コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • フードリエ

    フードリエから見たチルドチルド

    ハム・ソーセージなどの食肉加工品や麺類・惣菜などのチルド食品などの製造・販売する加工食品事業を主な事業としている。フードリエ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たチルドチルド

    問屋は、日用雑貨や食料品などの流通を製造業と小売業の間で支えている。1970年頃から小売量販店の広域・大規模化が起こり、また冷凍・チルド物流の広がりとともに設備投資に耐えられない中小卸問屋の廃業や統合が進んだ。1990年頃からは、コスト削減のため大手小売店が問屋を通さずに製造業者から商品を直接大量に仕入れる中抜きが一般化したため、一部の業界では合併や共同配送の動きが進んだ。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • めいらくグループ

    めいらくグループから見たチルドチルド

    コーヒーフレッシュ、チルドスープでは、販売シェア第1位(2009年(平成21年))である。また、豆乳類や低果汁入清涼飲料水も販売シェア上位となっている。スジャータのイメージが強いが、多岐にわたる乳製品を中心とした食品の開発、製造、販売を行っている。めいらくグループ フレッシュアイペディアより)

  • 道央札幌郵便局

    道央札幌郵便局から見たチルドチルド

    札幌市を中心とした北海道央地域の巨大拠点となる「メガ物流局」として建設された。ロジスティクス機能を備える。地上5階建て、延べ床面積68,000平方メートル。全国初のチルド用小包区分機、北海道初の大型郵便物区分機(高速型)が導入されている。道央札幌郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 生麺

    生麺から見たチルドチルド

    ただし『生めん類の表示に関する公正競争規約』では、生麺を加工した「ゆでめん」、「むしめん」、「半生めん」、「油揚げめん」も「生めん類」の一種として定義されているため、これらについても広義の生麺として扱われることがある。またこれらの生麺類のうち、冷蔵で保存・流通されるものは「チルド麺」と呼ばれることがある。生麺 フレッシュアイペディアより)

  • ハウス食品

    ハウス食品から見たチルドチルド

    2005年(平成17年) - 吉川工場(チルド製品製造)竣工。台湾におけるカレーレストラン事業に、株式会社壱番屋資本参加。全工場に加え、東京・大阪両本社、ソマテックセンターでISO 14001統合認証取得。「カップシチュー」、「カップdeカレー」、「カレー鍋つゆ」発売。ハウス食品 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示

「チルド商品」のニューストピックワード