前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
819件中 1 - 10件表示
  • レンネット

    レンネットから見たチーズチーズ

    レンネット (Rennet) とは、母乳の消化のために数種の哺乳動物の胃で作られる酵素の混合物のことで、チーズの製造に用いられる。凝乳酵素とも呼ばれる。主な活性酵素はキモシン(chymosin、) である。レンネット フレッシュアイペディアより)

  • チーズフォンデュ

    チーズフォンデュから見たチーズチーズ

    チーズフォンデュ(英語 cheese fondue, 仏語 フォンデュ・オ・フロマージュ fondue au fromage)は、チーズを白ワインなどで煮込んだ家庭料理。スイスを中心に、フランス・イタリアにまたがるアルプス山岳部やその周辺の家庭料理・郷土料理で、最も代表的なフォンデュ。単に「フォンデュ」といえば、チーズフォンデュを指す場合が多い。チーズフォンデュ フレッシュアイペディアより)

  • 竹輪

    竹輪から見たチーズチーズ

    また、穴に細切りにしたキュウリ、チーズ、ソーセージやマヨネーズ、辛子明太子などを詰めて酒肴やおかずにすることもよく行われる。竹輪 フレッシュアイペディアより)

  • カロリーメイト

    カロリーメイトから見たチーズチーズ

    発売当初はチーズ味のブロックとミルク味の缶だけの商品構成であったが、1983年11月にコーヒー味の缶、1984年4月にフルーツ味のブロックを発売し、1990年代になるとブロックにはチョコレート味などのバリエーションや、ゼリーなどの商品形態の種類が次第に増えていった。また、大塚製薬の佐賀栄養製品研究所より「朝食には、糖質だけでなく、五大栄養素のバランスが大事」という様々な試験結果が発表(日本臨床栄養 29(1) 35-43(2007))されており、栄養バランスの重要性についての認識が一般に広まるにつれ、朝食や忙しい人の手軽な食事、夜食、非常食などの用途で親しまれている。中には低カロリー食であるとの誤解からダイエットに用いる者もいるが、商品名のとおりカロリーが豊富に含まれているのでダイエット用途には適さない。五大栄養素であるタンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルのうち前三者までがカロリー源であることを考えれば、栄養バランスに優れることと低カロリーであることは絶対に両立できぬことであり、カロリーメイトも当然ながら豊富なカロリーを含む。カロリーメイト フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見たチーズチーズ

    従って、初めて搾乳が行われた動物はヤギと考えられ、チーズやバターなどの乳製品も、ヤギの乳から発明された。乳用のほか、肉用としても利用され、皮や毛も利用される。群れを作って移動するヤギは、遊牧民の生活にも都合が良く、肉や毛皮、乳を得ることを目的として、家畜化された結果、分布域を広げていったと考えられる。一方、農耕文明においては飼育されていたものの遊牧民ほどは重宝しなくなった。ヤギは農耕そのものには役に立たず、ヒツジの方が肉や毛皮が良質であり、また、新たに家畜化されたウシの方が乳が多く農作業に適していたからである。ただし、現在でも多くの品種のヤギが飼育されている。ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • 雪印乳業

    雪印乳業から見たチーズチーズ

    1925年(大正14年)創業。かつては牛乳・乳飲料などの市乳事業をはじめとして、バター・チーズなどの乳食品事業や、育児品、アイスクリーム、冷凍食品、医薬品なども手掛ける、総合乳業メーカーのトップであり、グループ全体の連結売上高が1兆円を超える巨大食品グループであった。雪印乳業 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア料理

    イタリア料理から見たチーズチーズ

    現代イタリア料理の基盤は大変古く、古代ローマ帝国までさかのぼる。当時のローマ人は、食事にかける時間をとても大切にし、当時から1日3食の構成をとり、1食をコース料理にして2?3時間もかけて食事をする習慣があった。また、彼らは、満腹になると、鳥の羽で咽喉を刺激し、作為的に嘔吐をして、空腹になるとまた食べたという。セネカは、「ローマ人は食べるために吐き、吐くために食べる」と評している。さらに裕福なローマ人たちの間で、腕利きの料理人を呼んで料理を客に披露することが流行だった。料理人達はそれぞれ競って腕を磨いて新しい料理作りに励んだことで、周辺の国々の追随を許さない優れた食文化が誕生し、これがローマ帝国の発展とともにヨーロッパ各地へと広がっていった。具体例をいくつかあげると、ローマ軍の遠征兵士のスタミナ源として携帯されたことが契機となり、同様に欧州各地に広まったチーズやメロン、牡蠣などもそうである。イタリア料理 フレッシュアイペディアより)

  • たこ焼き

    たこ焼きから見たチーズチーズ

    日本国外に進出したたこ焼き店も見られるが、タコを食べる習慣がある文化圏は、朝鮮半島、地中海沿岸地域(南ヨーロッパ等)の一部、アフリカ東岸地域、メキシコなどの例外があるにしても比較的少ないため、現地で受け入れられるようなソーセージ、チーズなどの食材を代わりに入れるか、あるいは、具を入れないで焼き上げたものが売られている場合がある。たこ焼き フレッシュアイペディアより)

  • トムとジェリー

    トムとジェリーから見たチーズチーズ

    雌猫(トゥードル他)に対しては非常に惚れっぽく、その場合は他の何事も目に入らなくなる。親友でもある野良猫のブッチとは恋の鞘当てを演じることもある。ミルクと魚(缶詰類も含む)が大好物。かつてはジェリーの大好物であるチーズは匂いがダメらしく、苦手であったが『トムとジェリー ショー』ではジェリーのチーズを取り上げて食べるシーンがあることから克服している。また、ジェリーを追い回している最中にジェリーをほうきでたたこうとしたお手伝いさんに誤ってトムがたたかれ、ネズミの心を持ってしまい、チーズを食べたことがある。他にも屋敷の金庫に大量のチーズを隠し持っていたが、ジェリーに狙われ、結局金庫ごと強奪された。トムとジェリー フレッシュアイペディアより)

  • ケソンプティ

    ケソンプティから見たチーズチーズ

    タガログ語でkesoはチーズ、putiは白であり、「白いチーズ」を意味する。キメの細かい絹ごし豆腐のような食感を有する。ケソンプティ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
819件中 1 - 10件表示

「チーズ」のニューストピックワード