前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
614件中 1 - 10件表示
  • 牛乳

    牛乳から見たチーズチーズ

    牛乳(ぎゅうにゅう、英: milk)とは、ウシの乳汁である。ただし、牛乳と一口に言っても、生乳を指す場合や、これを原料として脂肪分増減したものや、乳糖を分解したものも含める場合もある。さらに人によっては、様々な食品を混ぜて作った嗜好飲料(いわゆるコーヒー牛乳、イチゴ牛乳、フルーツ牛乳、レモン牛乳など)を言うこともある。なお、牛乳はしばしば脱脂粉乳、バター、生クリーム、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなどに加工される。牛乳 フレッシュアイペディアより)

  • カロリーメイト

    カロリーメイトから見たチーズチーズ

    発売当初はチーズ味のブロックとミルク味の缶だけの商品構成であったが、コーヒー味の缶とフルーツ味のブロックを発売し、「バランス栄養食」というキャッチコピーを積極展開して定着した。その後、チーズ味の缶も発売されたが人気がなく二年ほどで販売中止、1990年代以降になるとチョコレートなどの味のバリエーションや、ゼリーなどの商品形態の種類が次第に増えていった。忙しい人の手軽な食事、ダイエット、夜食、非常食などの用途で親しまれている。カロリーメイト フレッシュアイペディアより)

  • 雪印乳業

    雪印乳業から見たチーズチーズ

    1925年(大正14年)創業。かつてはバター・チーズなどの乳食品事業や、牛乳・乳飲料などの市乳事業、育児品、アイスクリーム、冷凍食品、医薬品なども手掛ける、総合乳業メーカーのトップであり、グループ全体の連結売上高が1兆円を超える巨大食品グループであった。雪印乳業 フレッシュアイペディアより)

  • 竹輪

    竹輪から見たチーズチーズ

    そのままで食用になるほか、おでん、筑前煮、煮物、ちらし寿司、うどん、焼きそば、野菜炒め、カレーなどの具として使用されることが多い。煮物に使うとよく出汁が出る。青海苔を加えた衣を付けて天ぷらにしたものはちくわの「磯辺揚げ」と呼ぶ。また、穴に細切りにしたキュウリ、チーズ、ソーセージやマヨネーズ、辛子明太子などを詰めて酒肴やおかずにすることもよく行われる。竹輪 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア料理

    イタリア料理から見たチーズチーズ

    現代イタリア料理の基盤は大変古く、古代ローマ帝国までさかのぼる。当時のローマ人は、食事にかける時間をとても大切にし、当時から1日3食の構成をとり、1食をコース料理にして2?3時間もかけて食事をする習慣があった。また、彼らは、満腹になると、鳥の羽で咽喉を刺激し、作為的に嘔吐をして、空腹になるとまた食べたという。セネカは、「ローマ人は食べるために吐き、吐くために食べる」と評している。さらに裕福なローマ人たちの間で、腕利きの料理人を呼んで料理を客に披露することが流行った。料理人達はそれぞれ競って腕を磨いて新しい料理作りに励んだことで、周辺の国々の追随を許さない優れた食文化が誕生し、これがローマ帝国の発展とともにヨーロッパ各地へと広がっていった。具体例をいくつかあげると、ローマ軍の遠征兵士のスタミナ源として携帯されたことが契機となり、同様に欧州各地に広まったチーズや、メロンや牡蠣などもそうである。イタリア料理 フレッシュアイペディアより)

  • クォーターパウンダー

    クォーターパウンダーから見たチーズチーズ

    ミートパティ(ハンバーグ)は1/4パウンド(ポンド)(113.4グラム)の牛肉製のものを使用、チーズ・ピクルス・玉ねぎを添え、ケチャップとマスタードで味付けがなされている。クォーターパウンダー フレッシュアイペディアより)

  • サレンダーモンキー

    サレンダーモンキーから見たチーズチーズ

    サレンダー・モンキー(英語 :surrender monkeys、降伏するサル)は、フランス人ないしその軍隊(フランス軍)を指す民族差別用語。「Cheese-eating surrender monkeys(チーズを食べながら降伏するサル野郎ども)」という台詞が全文であり、サレンダーモンキーはその略称にあたる。サレンダーモンキー フレッシュアイペディアより)

  • ラクレット

    ラクレットから見たチーズチーズ

    1.に用いられる牛の乳を用いたチーズの一種。ラクレット フレッシュアイペディアより)

  • パパ・アラワンカイナ

    パパ・アラワンカイナから見たチーズチーズ

    パパ・アラワンカイナ(スペイン語:Papa a la Huancaína)とは、ボリビアやペルーの料理の1つ。茹でたジャガイモに、チーズを使ったソースをかけたものである。パパ・アラワンカイナ フレッシュアイペディアより)

  • メゼ

    メゼから見たチーズチーズ

    ギリシャとキプロスでは、メゼ、メゼス、あるいはメゼデスというと冷製または温製の、辛味、酸味、塩味のきいた軽食および主菜を少量供したものを指す。メゼでは「小さな魚」やグリルしたタコのような魚介類料理、小皿に盛ったサラダ、カラマタ産オリーブ、煮たエンドウマメ、揚げた野菜、メリザノサラタ(、ナスのペースト状のサラダ)、タラモサラタ(カラスミやたらこをパンやマッシュポテト、レモン果汁、酢やオリーブ・オイルと混ぜた料理)、ナッツとドライフルーツ、サガナキと呼ばれる焼きチーズ、および様々なギリシャのヒツジ、ヤギ、またはウシのチーズ(フェタ、カセリ、ケファロティリ、グラヴィエラ、マヌリ、メツォヴォーネ、ミジトラ等)が供される。他の小皿料理には、ベクリメゼ(肉のシチュー)、ケフテデスやスズカーキャのようなミートボールがある。メゼは「メゼドプリオン」(mezedopoulion)と呼ばれるレストランで飲み物と共に供される他、ウーゾやチプロのような飲料を供するチプラディコやウゼリと呼ばれるカフェでも供される。タベルナやエスティアトリオといったレストランもまたメゼをオレクティコ(orektiko、前菜)として供する。ちょっとした集まりでも通常、ホストは客にメゼを振る舞う。クラソメゼデス(Krasomezethes、ワインのメゼ)はワインに適するメゼであり、ウーゾメゼデス(Ouzomezethes)はウーゾに合うメゼである。メゼ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
614件中 1 - 10件表示

「チーズ」のニューストピックワード