614件中 11 - 20件表示
  • ヴェーザー川

    ヴェーザー川から見たチーズチーズ

    工業化以前の時代、重い荷物は陸路よりも水路によって運ばれていた。遅くとも15世紀末以降にはオーベルンキルヒェンの石炭が、そうした貨物の一つとして、ウンターヴェザーのブレーメンまで運ばれていた。1600年頃、ヒルデスハイム地方の穀物や果実がヴェーザー川を通ってブレーメンやオランダに運ばれ、チーズや干物、肝油などを積んで戻ってきた。ヴェーザー川 フレッシュアイペディアより)

  • トースター

    トースターから見たチーズチーズ

    「トースター」という言葉は、英語の "Toaster" のカタカナ書きで「トーストするもの」の意味。Toasterの語源であるToast(トースト)は、"火であぶってキツネ色にしたパンやチーズ。またそのようにあぶって温めること"の意味である。トースター フレッシュアイペディアより)

  • ランチョンミート

    ランチョンミートから見たチーズチーズ

    日本では、沖縄県で「ポーク」と呼ばれて多用される。チャンプルーなどの惣菜にはこのランチョンミートが使われることが多い。戦後食糧難のころ、豚肉の代用品として米軍経由で広まったとされる。それ以来、日常のおかずにもポーク卵が多用されるなど、現代沖縄料理では欠かすことのできない食材となった。ポーク卵は沖縄の大衆食堂の定番メニューにもなっている。沖縄県で販売されている製品は、デンマークやアメリカ、中国製のものが多いが、最近は地元産の缶詰やレトルトパック入りのものも出てきている。また、チーズなど別の食材を組み合わせた製品も出て来ている。本土では沖縄物産店で沖縄産の「ポーク」が扱われたり、近年になってからインターネット上の迷惑宣伝行為のスパムの名称の起源として逆に関心が持たれ、スパムブランドの商品が輸入食品コーナーに置かれたりはしているが、一般的な食材としては定着していない。ランチョンミート フレッシュアイペディアより)

  • チベット料理

    チベット料理から見たチーズチーズ

    地理的に高地の為、もともと食材が豊富な方ではなく、料理の種類や味付けも豊富ではない。野菜や果物なども使われるが、種類は限られる。肉はチベットに多く生息するヤクや羊、ヤギなどの肉が多く食べられている。生乳、バター、チーズなどの乳製品もよく食べられる。チベット料理 フレッシュアイペディアより)

  • バンジョーとカズーイの大冒険2

    バンジョーとカズーイの大冒険2から見たチーズチーズ

    ウィッチわーるどでハンバーガーを売っているサイ。店員なのにバーガーをつまみ食いをしようとしている上、売り物のバーガーにくしゃみをかけている。それを抜きにしてもやたらと不潔な人物で、昔はトイレ掃除をしていたらしい。彼のバーガーはネズミの肉100%と合成チーズを使っているために健康に非常に悪いが、本人はこのバーガーが一番美味しいと思い込んでいる。バンジョーとカズーイの大冒険2 フレッシュアイペディアより)

  • 中世料理

    中世料理から見たチーズチーズ

    食物の長期保存には、燻蒸・塩漬け・ピクルス・砂糖漬け・発酵など、食品を化学変化させる方法もつかわれた。このような方法は作業時間が短くてすみ、独特の風味が加わるなどの長所があった。秋に屠殺した家畜の肉を塩漬けや燻製にするのは、冬のあいだ必要数を超える家畜に与えるえさを節約するための、一般家庭の戦略だった。バターには腐敗しないよう多量の塩(5?10%)を添加した。野菜・鶏卵・魚を塩水と酸性の液体(レモン汁・柑橘果汁・酢)を入れた壜に漬けて密栓しピクルスにすることも多かった。その他、コンフィなど砂糖・蜂蜜・油脂をつかって加熱調理し食品の周囲に被膜を作って保存する方法があった。バクテリアや菌類による発酵もいろいろな方法でよく利用された。穀物・果実・ブドウはアルコール飲料にして腐敗を防ぎ、乳は発酵させ保存処理をしてさまざまなチーズやバターミルクにした。中世料理 フレッシュアイペディアより)

  • 田中 義剛

    田中義剛から見たチーズチーズ

    1994年、事務所からの借金により北海道河西郡中札内村に『花畑牧場』を開業した。開業当初はチーズなどの自家生産に失敗し、出荷したが返品されたこともあった。本人の話によると「カビた商品が帰って来る事もあった」とか。また一時は夢の中にまでカビが出て来る事もあったらしく、カビ嫌いとなったとも話している。未だにカビ嫌いであると言っている為、相当なトラウマがあると思われる。田中義剛 フレッシュアイペディアより)

  • たこ焼き

    たこ焼きから見たチーズチーズ

    冷凍食品も多い。チーズを具にしたものがチーズボールという名で大阪では販売されている。お好み焼き風に何でも好きな物を入れて家庭で食べるボール焼きパーティなどが流行りはじめている。韓国やシンガポールの店では出汁を入れないで主にスィート類を入れて販売している店がある。たこ焼き フレッシュアイペディアより)

  • ヤギ

    ヤギから見たチーズチーズ

    従って、初めて搾乳が行われた動物はヤギと考えられ、チーズやバターなどの乳製品も、ヤギの乳から発明された。乳用のほか、肉用としても利用され、皮や毛も利用される。群れを作って移動するヤギは、遊牧民の生活にも都合が良く、肉や毛皮、乳を得ることを目的として、家畜化された結果、分布域を広げていったと考えられる。一方、農耕文明においては飼育されていたものの遊牧民ほどは重宝しなくなった。ヤギは農耕そのものには役に立たず、ヒツジの方が肉や毛皮が良質であり、また、新たに家畜化されたウシの方が乳が多く農作業に適していたからである。ただし、現在でも多くの品種のヤギが飼育されている。宗教上ウシやブタを利用しない文化においても、重要な家畜とされる。子ヤギ(キッド)の革は脂肪分が少なく、現代でも靴や手袋を作るのに用いられるが、西洋では12世紀以降、4-6週の子ヤギの革が、羊皮紙の原料としてヒツジ革と競合した。ヤギ フレッシュアイペディアより)

  • パスタ

    パスタから見たチーズチーズ

    Passatelli - パン粉とチーズ、ナツメグを混ぜ合わせて生地にし、専用の押し出す道具で太い短めのスパゲッティ状に成形したもの。パスタ フレッシュアイペディアより)

614件中 11 - 20件表示

「チーズ」のニューストピックワード