819件中 11 - 20件表示
  • チベット料理

    チベット料理から見たチーズチーズ

    地理的に高地の為、もともと食材が豊富な方ではなく、料理の種類や味付けも豊富ではない。野菜や果物なども使われるが、種類は限られる。肉はチベットに多く生息するヤクや羊、ヤギなどの肉が多く食べられている。生乳、バター、チーズなどの乳製品もよく食べられる。チベット料理 フレッシュアイペディアより)

  • メタンチオール

    メタンチオールから見たチーズチーズ

    メタンチオール (methanethiol) は化学式 CH3SH で表されるチオールの一種である。メチルメルカプタン (methyl mercaptan) とも呼ばれる。腐ったたまねぎのにおいがする無色の気体である。天然にはある種の種実類やチーズなどにも含まれ、ヒトや動物の血液、脳、およびその他の組織中にも存在する。動物の糞から放出される。また、口臭や屁の悪臭の成分のひとつである。メタンチオール フレッシュアイペディアより)

  • オーストリア料理

    オーストリア料理から見たチーズチーズ

    チロル州の郷土料理は、洗練された宮廷の料理と素朴な農民の料理から成り立っている。チロル州の北部では典型的なオーストリア料理が食べられているが、南部にはイタリア料理の影響を受けた郷土料理が多く存在する。チロルの人々はバウエルンシュペック(Bauernspeck)というベーコンに強い愛着を持ち、これをクネーデルの材料としてシュペッククネーデル(Speckknödel)にすることもある。酪農が盛んなチロルでは、ベーコンなどの肉の加工製品のほかにチーズが郷土料理の食材として使われる。強烈な臭みがあるガムス(Gams、シャモア)の肉もチロルの名物である。オーストリア料理 フレッシュアイペディアより)

  • ランチョンミート

    ランチョンミートから見たチーズチーズ

    日本では、沖縄県で「ポーク」と呼ばれて多用される。チャンプルーなどの惣菜にはこのランチョンミートが使われることが多い。戦後食糧難のころ、豚肉の代用品として米軍経由で広まったとされる。それ以来、日常のおかずにもポーク卵が多用されるなど、現代沖縄料理では欠かすことのできない食材となった。ポーク卵は沖縄の大衆食堂の定番メニューにもなっている。沖縄県で販売されている製品は、デンマークやアメリカ、中国製のものが多いが、最近は地元産の缶詰やレトルトパック入りのものも出てきている。また、チーズなど別の食材を組み合わせた製品も出て来ている。本土では沖縄物産店で沖縄産の「ポーク」が扱われたり、近年になってからインターネット上の迷惑宣伝行為のスパムの名称の起源として逆に関心が持たれ、スパムブランドの商品が輸入食品コーナーに置かれたりはしているが、一般的な食材としては定着していない。ランチョンミート フレッシュアイペディアより)

  • 高崎オランダコロッケ

    高崎オランダコロッケから見たチーズチーズ

    高崎オランダコロッケ(たかさきオランダコロッケ)は、群馬県高崎市の食肉店が2000年に考案した、チーズ入りのコロッケである。高崎オランダコロッケ フレッシュアイペディアより)

  • ハチャプリ

    ハチャプリから見たチーズチーズ

    ハチャプリ( )は、南コーカサスにあるジョージア国(グルジア)に伝わるグルジア料理のチーズ入りパンである。パンは発酵後にさまざまな形に成形される。フィリングにはチーズや卵などの材料が使われる。チーズにはフレッシュチーズも発酵チーズもともに使われるが、最も一般的なのはスルグニと呼ばれるチーズである。ハチャプリ フレッシュアイペディアより)

  • パパ・アラワンカイナ

    パパ・アラワンカイナから見たチーズチーズ

    パパ・アラワンカイナ(スペイン語:Papa a la Huancaína)とは、ボリビアやペルーの料理の1つ。茹でたジャガイモに、チーズを使ったソースをかけたものである。パパ・アラワンカイナ フレッシュアイペディアより)

  • ベイクドポテト

    ベイクドポテトから見たチーズチーズ

    焼いたジャガイモの中をくりぬいて皮を容器として残し調理することがある。中身にチーズ、バター、クリームやベーコンビッツなどの様々な食材を混ぜ、皮の容器に戻してオーブンで再加熱する。米国ではloaded potato skin、filled potato、 twice baked potatoとして知られる。イギリスではジャケットポテトと呼び、米国よりも様々な種類の食材を混ぜる。ベイクドビーンズ、カレー味の鶏肉、ツナ、クルマエビのフィリングが人気で、スコットランドではハギスを使用することもある。ベイクドポテト フレッシュアイペディアより)

  • イラク料理

    イラク料理から見たチーズチーズ

    伝統的な朝食には、平たいパン(khobz、ホブス)、チーズ、ヨーグルト、塩漬けのオリーブ、デブス(ナツメヤシから作る蜜)、ゲーマル(geimar、水牛の乳から作る生クリーム)、紅茶が出される。デブスとゲーマルはイラク人のエネルギー源となっている。イラク料理 フレッシュアイペディアより)

  • タルト・フランベ

    タルト・フランベから見たチーズチーズ

    タルト・フランベ()は、フランスのアルザスとドイツ南部で作られている、長方形(伝統様式)もしくは円形をした非常に薄いパン生地をフロマージュ・ブランなどのチーズもしくはクレームフレーシュ(サワークリームの一種)で覆い、薄くスライスした玉ねぎとをのせて焼いた、薄焼きピザに似た料理である。タルト・フランベはアルザス地方の名物料理の一つとなっている。タルト・フランベ フレッシュアイペディアより)

819件中 11 - 20件表示

「チーズ」のニューストピックワード