614件中 31 - 40件表示
  • ズコット

    ズコットから見たチーズチーズ

    パン・ディ・スパーニャにヴィンサント、アマレット、サンブーカなどの酒精強化ワインやリキュールを染み込ませ(近年では酒類を入れないバリエーションも多い)、細かく刻んだヘーゼルナッツなど種実類やチョコレートを入れた生クリーム、リコッタチーズ、ヨーグルトチーズなどを詰め、パン・ディ・スパーニャで蓋をして冷凍庫などで凍らせる。ズコット フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たチーズチーズ

    ポーランドは西(ドイツ)と東南(ウクライナ)の2つの方向が平原となっている地形のため先史時代から陸上での人の往来が多く、東西の文化が出会い融合する文化的刺激の多い土地だったようである。たとえば、7500年前の「世界最古のチーズ」製造の痕跡がポーランドで発見されていることや、インド・ヨーロッパ語族の言語やその話し手のヨーロッパにおける発展の非常に重要な段階とみられる球状アンフォラ文化やそれを継承した縄目文土器文化の中心地がポーランドである事実、などが挙げられる。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ料理

    メキシコ料理から見たチーズチーズ

    ソパ・デ・ペレヒル・イ・ケソ (sopa de perejil y queso) - パセリとチーズのスープ。メキシコ料理 フレッシュアイペディアより)

  • タコライス

    タコライスから見たチーズチーズ

    タコライス (Taco-Rice) は、タコスの具である挽肉・チーズ・レタス・トマトを米飯の上に載せた沖縄料理。辛みをつけたサルサ(スペイン語で「ソース」の意)を乗せて食べる。タコライス フレッシュアイペディアより)

  • スコーン

    スコーンから見たチーズチーズ

    イギリスのプレーンスコーンはアメリカ合衆国でビスケットと呼ばれているものとほぼ同じであるが、ビスケットにはバターの代わりにショートニングを使うことが多く、牛乳の代わりにクリームを使うこともある(クリームビスケット)。一方、北米でスコーンといえば具入りのもののみを指す。北米のスコーンにはレーズンやブルーベリー、クランベリーといったドライフルーツの他、ナッツやチョコレートチップ、チョコレートチャンク(チョコレートの小さな塊)が使われることが多く、イギリスのスコーンよりも生地に砂糖を多く加えるのが特徴である。焼き上がったスコーンに砂糖衣を垂らすこともある。また、チーズやタマネギ、ベーコンなどを混ぜた塩味のスコーンを、軽食として食べることもある。スコーン フレッシュアイペディアより)

  • ベイクドポテト

    ベイクドポテトから見たチーズチーズ

    焼いたジャガイモの中をくりぬいて皮を容器として残し調理することがある。中身にチーズ、バター、クリームやベーコンビッツなどの様々な食材を混ぜ、皮の容器に戻してオーブンで再加熱する。米国ではloaded potato skin、filled potatoe、 twice baked potatoeとして知られる。イギリスではジャケットポテトと呼び、米国よりも様々な種類の食材を混ぜる。ベイクドビーンズ、カレー味の鶏肉、ツナ、クルマエビのフィリングが人気で、スコットランドではハギスを使用することもある。ベイクドポテト フレッシュアイペディアより)

  • チーズフォンデュ

    チーズフォンデュから見たチーズチーズ

    チーズフォンデュ(英語 cheese fondue, 仏語 フォンデュ・オ・フロマージュ fondue au fromage)は、チーズ(多くは古くなって味の落ちたもの)を白ワインなどで煮込んだ家庭料理。スイスを中心に、フランス・イタリアにまたがるアルプス山岳部やその周辺の家庭料理・郷土料理で、最も代表的なフォンデュ。単に「フォンデュ」といえば、チーズフォンデュを指す場合が多い。チーズフォンデュ フレッシュアイペディアより)

  • トムとジェリー

    トムとジェリーから見たチーズチーズ

    チーズが大好物だが、別段偏食はしない。トムとジェリー フレッシュアイペディアより)

  • ピザ

    ピザから見たチーズチーズ

    一般的な作り方は、生地(ピザクラスト)の上にトマトソースを薄く塗り、野菜や肉などの具とチーズを乗せる。窯やオーブンで焼き、生地に火が通ってチーズに軽い焦げ目がつけば出来上がり。ただし、トマトソースを使わないピザや、チーズを使わないピザもある。トマトソースを使わないものをピッツァ・ビアンカ(白いピッツァの意)と言う。ピザ フレッシュアイペディアより)

  • オーストリア料理

    オーストリア料理から見たチーズチーズ

    チロル州の郷土料理は、洗練された宮廷の料理と素朴な農民の料理から成り立っている。チロル州の北部では典型的なオーストリア料理が食べられているが、南部にはイタリア料理の影響を受けた郷土料理が多く存在する。チロルの人々はバウエルンシュペックというベーコンに強い愛着を持ち、これをクネーデルの材料としてシュペッククネーデルにすることもある。酪農が盛んなチロルでは、ベーコンなどの肉の加工製品のほかにチーズが郷土料理の食材として使われる。強烈な臭みがあるガムス(アルプスカモシカ)の肉もチロルの名物である。オーストリア料理 フレッシュアイペディアより)

614件中 31 - 40件表示

「チーズ」のニューストピックワード