819件中 41 - 50件表示
  • ホットケーキ

    ホットケーキから見たチーズチーズ

    アメリカ合衆国とカナダのパンケーキは卵、小麦粉、牛乳もしくはバターミルクを原料とし、膨張剤としてベーキングパウダーと重曹を加える。砂糖を少量入れることもある。これらを混ぜ合わせて作った生地を熱した鉄板などの上に流しこみ、約1センチメートルの厚さにして焼く。膨張剤から発生した泡が生地の上面に上がってきたら、ひっくり返してもう片方の面も焼く。焼き上がったホットケーキの表面は明るい色をしており、メープルシロップ、バター、ピーナッツバター、果物などを添え、朝食として食べられることが多い。生地自体にブルーベリー、イチゴ、チーズ、ベーコン、バナナ、チョコレートチップを加え、甘みや香りをつけることもある。さらにナツメグやシナモンのような香辛料、バニラオイルのような香料を入れるものがある。カナダでは、フランス語の会話で単にクレープというとパンケーキを指す。ホットケーキ フレッシュアイペディアより)

  • ノルウェー料理

    ノルウェー料理から見たチーズチーズ

    80%のノルウェー人が朝食と昼食にいつもパンを食べるというほど、ノルウェーの食事にパンは欠かせない。ノルウェーで最も一般的なパンは、バターをたっぷり使ったデニッシュとは正反対の、乾燥した堅く薄い全粒粉のフラットブレッドと呼ばれるパンである。ノルウェーでは朝食、昼食、夕食、夜食のうち、夕食の準備でしか台所に火は入れないという習慣があり、夕食以外はパンにチーズやサラミを載せた(Smørbrød)で済ますことが多い。ノルウェー料理 フレッシュアイペディアより)

  • バンジョーとカズーイの大冒険2

    バンジョーとカズーイの大冒険2から見たチーズチーズ

    ウィッチわーるどでハンバーガーを売っているサイ。店員なのにバーガーをつまみ食いをしようとしている上、売り物のバーガーにくしゃみをかけている。それを抜きにしてもやたらと不潔な人物で、昔はトイレ掃除を担当していたらしい。彼のバーガーはネズミの肉100%と合成チーズを使っているために健康に非常に悪いが、本人はこのバーガーが一番美味しいと思い込んでいる。バンジョーとカズーイの大冒険2 フレッシュアイペディアより)

  • スコーン

    スコーンから見たチーズチーズ

    イギリスのプレーンスコーンはアメリカ合衆国でビスケットと呼ばれているものとほぼ同じであるが、ビスケットにはバターの代わりにショートニングを使うことが多く、牛乳の代わりにクリームを使うこともある(クリームビスケット)。一方、北米でスコーンといえば具入りのもののみを指す。北米のスコーンにはレーズンやブルーベリー、クランベリーといったドライフルーツの他、ナッツやチョコレートチップ、チョコレートチャンク(チョコレートの小さな塊)が使われることが多く、イギリスのスコーンよりも生地に砂糖を多く加えるのが特徴である。焼き上がったスコーンに砂糖衣を垂らすこともある。また、チーズやタマネギ、ベーコンなどを混ぜた塩味のスコーンを、軽食として食べることもある。スコーン フレッシュアイペディアより)

  • スペイン料理

    スペイン料理から見たチーズチーズ

    15世紀から17世紀にかけてのスペイン黄金世紀にはスペイン宮廷で華やかな宴会が開かれていたが、財政が厳しくなった17世紀半ばからは、十分な食事を用意できなかった日もあった。黄金世紀の民衆は飢餓と隣り合わせの状況に置かれており、17世紀に農民の窮乏は極まり、粗末な食事しか口にできなかった。飢饉と隣り合わせの状況、多くの人間が行き交うイベリア半島の立地より、スペインでは保存・携行に長けた料理が好まれるようになった。ハモン(ハム、Jamón)、ソーセージ、バカラオ (Bacalao)、チーズなどの保存食が好まれ、発達を遂げる。スペイン料理 フレッシュアイペディアより)

  • ベジポタラーメン

    ベジポタラーメンから見たチーズチーズ

    お好みの具(ネギ、味付き玉子、チャーシュー、チーズ、素揚げした野菜など)ベジポタラーメン フレッシュアイペディアより)

  • イングランド料理

    イングランド料理から見たチーズチーズ

    伝統的な食事は、パンとチーズ、肉のローストやシチュー、ミートパイやジビエのパイ、茹でた野菜とブイヨン、淡水魚および海水魚のように、古代に起源を持つ。14世紀のイングランドの料理本、『』にはこれらのレシピが含まれており、リチャード2世の宮廷が起源である。18世紀後半に、ギルバート・ホワイトが『セルボーンの博物誌』にてイングランド南部における普通の田舎の人々の野菜消費量の増加に言及した。ここでは、ジャガイモはジョージ3世の時代にようやく加わったとし、次のように述べている。「都市部の野菜店は今、一般大衆の快適な状態を支援し、財産を取得ている。まともな労働者は皆また自身の庭を持ち、いくぶんの支援となる。一般的な農家は小作人がベーコンと一緒に食べるためのたっぷりのインゲン、エンドウ、野菜を提供する。」イングランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • メゼ

    メゼから見たチーズチーズ

    メイハネと呼ばれる料理店で供される。トルコのメゼには、ベヤズ・ペイニル(beyaz peynir、フェタチーズに似た白いチーズ)、カヴン(kavun、メロン薄切り)、アジュル・エズメ(acili ezme 、クルミ入りトウガラシペースト)、ハイダリ(haydari、レバントのラブネに似た濃い水切りヨーグルト)、パトゥルジャン・サラタス(patlıcan salatası、冷たいナスのペースト状のサラダ)、カラマル(kalamar )、エンギナル(enginar、アーティチョークの料理)、ジャジュク(cacık、ザジキに似たキュウリとニンニクのヨーグルト和え)、ピラキ(pilaki、豆や野菜をオリーブ・オイルで炒め煮にした料理)、ドルマやサルマ(ブドウの葉やピーマンなどの野菜に肉や米を詰めた料理)、キョフテ(、ミートボール)がある。メゼ フレッシュアイペディアより)

  • 田中 義剛

    田中義剛から見たチーズチーズ

    1994年、事務所からの借金により北海道河西郡中札内村に『花畑牧場』を開業した。開業当初はチーズなどの自家生産に失敗し、出荷したが返品されたこともあった。本人の話によると「カビた商品が返って来る事もあった」とか。また一時は夢の中にまでカビが出て来る事もあったらしく、カビ嫌いとなったとも話している。未だにカビ嫌いであると言っている為、相当なトラウマがあると思われる。田中義剛 フレッシュアイペディアより)

  • ピザ

    ピザから見たチーズチーズ

    一般的な作り方は、生地(ピザクラスト)の上にトマトソースを薄く塗り、野菜や肉などの具とチーズを乗せる。窯やオーブンで焼き、生地に火が通ってチーズに軽い焦げ目がつけば出来上がり。ただし、トマトソースを使わないピザや、チーズを使わないピザもある。トマトソースを使わないものをピッツァ・ビアンカ(白いピッツァの意)と言う。ピザ フレッシュアイペディアより)

819件中 41 - 50件表示

「チーズ」のニューストピックワード