819件中 71 - 80件表示
  • ピサラディエール

    ピサラディエールから見たチーズチーズ

    一般的に生地は古典的なイタリアンピザよりも厚みがあり(パイ生地で代用されることもある)、トッピングにはアメ色になるまで炒めたタマネギ、オリーブ、ガーリックとアンチョビを用いる。チーズはフランス地域で使用しないが、フランス近郊のイタリアの町サンレーモでは、モッツァレラチーズが使用される。伝統的には朝食として食されてきたが、今日では前菜の一品として添えられるようになっている。ピサラディエール フレッシュアイペディアより)

  • プロピオン酸カリウム

    プロピオン酸カリウムから見たチーズチーズ

    プロピオン酸カリウムには細菌や真菌の増殖を抑制する効果があるので、食品の保存料として利用される。保存料の中では比較的抗菌力が低いものの、プロピオン酸は酵母に対して毒性が低いことから、パンや洋菓子の保存料として添加するのに向く。他にチーズの保存料として用いられることもある。ただし急性毒性が確認されているため、プロピオン酸カリウムの食品への使用には一定の制限が設けられている。なおこの制限は、あくまでプロピオン酸ナトリウム単独での急性毒性を考慮して設定されているものであって、他の物質を同時に摂取した時の相互作用について基本的に無視されているのは、同様に使用制限がある他の食品添加物と同様である。プロピオン酸カリウム フレッシュアイペディアより)

  • ポシェホニエ

    ポシェホニエから見たチーズチーズ

    ポシェホニエの主な産業は食品加工および製材である。ロシアでよく見られるチーズの種類に、ポシェホンスキーというものがある。もとはポシェホニエのチーズ工場が作っており他の工場でも大量生産されるようになったが、ポシェホニエの工場は既に廃業している。ポシェホニエ フレッシュアイペディアより)

  • 神羅万象チョコ 第二章

    神羅万象チョコ 第二章から見たチーズチーズ

    ※名前の由来は、フランス語でチーズを意味する「fromage(フロマージュ)」から。神羅万象チョコ 第二章 フレッシュアイペディアより)

  • 西村博之

    西村博之から見たチーズチーズ

    菓子「うまい棒」(めんたい味)と飲料「ルートビア」が好物とされ、前者は2ちゃんねるにおけるサーバーの名称(cheeze、mentai、pizza、natto、cocoaなど)にもなっていた。また、2001年に開設されていたうまい棒の公式サイトでの投票結果から、パッケージデザインのみではあるが「西村博之専用うまい棒」が製造された。しかしその後うまい棒よりもじゃがりこの方が好きであるとも答えている。西村博之 フレッシュアイペディアより)

  • ワインと食品のマッチング

    ワインと食品のマッチングから見たチーズチーズ

    近代以前の食品とワインの組み合わせに関して歴史的な逸話がいくつか残されている。イギリスのワイン商人に関するものとされる逸話として、「リンゴで買い込みチーズで売り込め」というものがある。この逸話の意味するところは、生のリンゴに合わせて美味しいワインは本物であり、どんなワインでもチーズに合わせればさらに美味しくなって一般的な顧客にはよく売れる、というものである。この逸話の背景には、果物とチーズの組み合わせについての法則が隠されている。甘味と酸味(例えば青リンゴに含まれるリンゴ酸)が強い果物は、ワインの味を硬質で薄いボディに感じさせる。これに対して、チェダーチーズのようなハードチーズは、ワインのタンニンを穏やかにし、豊かでフルーティな味を感じさせる。もう一つ、今日でも語られる逸話として、「白ワインは魚に、赤ワインは肉に」がある。この格言は、ワインのボディ(重さ)を食品の重さに合わせるという原則に拠っている。肉は一般に重い食品で、しかも赤い色を呈しており、(一般に白ワインよりも重い)赤ワインを合わせた方が良いと考えられてきた。同じように、魚は一般に軽い食品で白い色を呈しており、しばしば白ワインを合わせるものとされてきた。現代のワイン製造において様々なワインのスタイルが普及したため、この格言はいくらか時代遅れになりつつある。今日ではニューワールドワインやオーク樽熟成シャルドネなど多くの「重い」白ワインが、ピノ・ノワールやイタリアのメルローなど軽い赤ワインよりも強いボディを持つようになっている。ワインと食品のマッチング フレッシュアイペディアより)

  • ブリンツ

    ブリンツから見たチーズチーズ

    東欧系ユダヤ人(アシュケナジム)の家庭で日常的に食べられるが、シャヴオット(Shavuot 五旬節)には欠かせない食べ物であり、伝統的には収穫を感謝する意味で、生地にチーズを巻いただけのものを食べる。ブリンツを二つ並べたものを、シナイ山においてモーセが神から与えられた律法の象徴とすることがある。また、油を使った食べ物であることから、聖油の奇跡を記念する祝日ハヌカーの期間中にもよく作られる。ブリンツ フレッシュアイペディアより)

  • ポン=レヴェック (カルヴァドス県)

    ポン=レヴェック (カルヴァドス県)から見たチーズチーズ

    ポン=レヴェック (Pont-l'Évêque)は、フランス、バス=ノルマンディー地域圏、カルヴァドス県のコミューン。ノルマンディーで古くから作られているチーズ、ポン=レヴェックの名称の元となった。ポン=レヴェック (カルヴァドス県) フレッシュアイペディアより)

  • 001/7 チーズに愛をこめて

    001/7 チーズに愛をこめてから見たチーズチーズ

    ジェリーの前に映しだされたのは、とある怪しげな城と冷蔵庫いっぱいに詰まったチーズ。その映画の内容は「トム・スラッシュからの挑戦」。「彼の城に潜入し、チーズを回収せよ」――― これがジェリーに与えられたミッションだった。001/7 チーズに愛をこめて フレッシュアイペディアより)

  • ハンバーグカレー

    ハンバーグカレーから見たチーズチーズ

    カツカレーとともに、日本では多くの外食店で供される人気メニューの1つである。調理例として焼いたハンバーグをカレーの上に乗せたもの、カレーソースで煮込んだハンバーグをソースとともに皿に盛るものなどが挙げられる。ハンバーグ自体にもドミグラスソースの風味を効かせたり、またとろけるタイプのチーズを乗せる、目玉焼きを乗せてボリュームを増すなど楽しみ方はバラエティを極める。ハンバーグカレー フレッシュアイペディアより)

819件中 71 - 80件表示

「チーズ」のニューストピックワード