前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示
  • チーズ

    チーズから見た紀文食品

    ちくわ - 『紀文のチーちく』など。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たヤギ

    チーズ(, , )とは、牛・水牛・羊・山羊・ヤクなどからとれる乳を原料とし、凝固や発酵などの加工をしてつくられる食品(乳製品)の一種。日本語での漢字表記は乾酪。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たカビ

    乳にレンネット(凝乳酵素)または酸(食酢、レモン汁など)を加え、静置するとふわふわの白い塊と上澄みの水分(乳清、ホエー)に分離する。この白い塊はカード(凝乳)と呼ばれ、これを絞るなどしてさらに水分を除いたものがフレッシュチーズと呼ばれるチーズの原型である。多くの場合はこれに熟成・加工の過程を加えてさまざまな味わいのチーズを作り出す。加工の過程では乳酸菌やカビなどを用いて発酵させたり、加温・加圧などの工程を加えて保存性を高めるなどの工夫が凝らされている。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た乳酸菌

    乳にレンネット(凝乳酵素)または酸(食酢、レモン汁など)を加え、静置するとふわふわの白い塊と上澄みの水分(乳清、ホエー)に分離する。この白い塊はカード(凝乳)と呼ばれ、これを絞るなどしてさらに水分を除いたものがフレッシュチーズと呼ばれるチーズの原型である。多くの場合はこれに熟成・加工の過程を加えてさまざまな味わいのチーズを作り出す。加工の過程では乳酸菌やカビなどを用いて発酵させたり、加温・加圧などの工程を加えて保存性を高めるなどの工夫が凝らされている。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たホメロス

    ホメロスの『オデッセイア』にはフェタチーズへの言及があり、古代インドの讃歌集『リグ・ヴェーダ』にはチーズを勧める歌が、ほかにプリニウスの『博物誌』やアリストテレスの著作にもチーズについての記述がある。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たアリストテレス

    ホメロスの『オデッセイア』にはフェタチーズへの言及があり、古代インドの讃歌集『リグ・ヴェーダ』にはチーズを勧める歌が、ほかにプリニウスの『博物誌』やアリストテレスの著作にもチーズについての記述がある。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た推古天皇

    日本では飛鳥時代頃から乳牛の伝来と飼育が始まり、酪(らく)、酥(そ)、醍醐(だいご)と言った乳製品が作られるが、この「醍醐」がチーズのことを指すと言われ、「醍醐味」という言葉の起源にもなっている。また、推古天皇の時代には、地方ごとに作られたこの醍醐の品評会が行われたという話も残っている。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たチベット

    中国にも、チベットのヤクのチーズや、料理に用いられるルーシャンや大良牛乳などの特殊なチーズがある。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た煎餅

    煎餅 - チーズ類を使ったものはメーカーによっては『チーズおかき』と呼ばれる場合もある。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たパスタ

    パスタ - 粉チーズを食前に適量振りかけたり、またカルボナーラパスタ等のようなパスタ料理も存在する。チーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示

「チーズ」のニューストピックワード