2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
107件中 91 - 100件表示
  • チーズ

    チーズから見たフレッシュチーズ

    乳にレンネット(凝乳酵素)または酸(食酢、レモン汁など)を加え、静置するとふわふわの白い塊と上澄みの水分(乳清、ホエー)に分離する。この白い塊はカード(凝乳)と呼ばれ、これを絞るなどしてさらに水分を除いたものがフレッシュチーズと呼ばれるチーズの原型である。多くの場合はこれに熟成・加工の過程を加えてさまざまな味わいのチーズを作り出す。加工の過程では乳酸菌やカビなどを用いて発酵させたり、加温・加圧などの工程を加えて保存性を高めるなどの工夫が凝らされている。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た

    チーズの種類は熟成工程で決まる。フレッシュチーズ内にある乳酸菌の活動によって、は乳酸に、タンパク質はアミノ酸に、脂肪は脂肪酸などに分解され、さまざまな成分を作り出す。ここにプロピオン酸菌などの細菌やカビなどを接触させ、多様な作用を生じさせる事でチーズの各種類がつくられる。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たウシ

    チーズ(, , )とは、・水牛・羊・山羊・ヤクなどからとれる乳を原料とし、凝固や発酵などの加工をしてつくられる食品(乳製品)の一種。日本語での漢字表記は乾酪。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た

    チーズ(, , )とは、牛・水牛・羊・山羊・ヤクなどからとれるを原料とし、凝固や発酵などの加工をしてつくられる食品(乳製品)の一種。日本語での漢字表記は乾酪。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たアミノ酸

    チーズの種類は熟成工程で決まる。フレッシュチーズ内にある乳酸菌の活動によって、糖は乳酸に、タンパク質はアミノ酸に、脂肪は脂肪酸などに分解され、さまざまな成分を作り出す。ここにプロピオン酸菌などの細菌やカビなどを接触させ、多様な作用を生じさせる事でチーズの各種類がつくられる。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たダヒ

    インドでは、ベジタリアンの割合が多く、一般的にインドのベジタリアンは動物の殺生の回避を目的としているため鶏卵も食べない。そのため多くの人が乳製品からタンパク質を補給し、フレッシュチーズのパニールを使った料理が豊富である。インド料理の菜食のメニューの半数程はパニールかダヒ(ヨーグルト)を使っている。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たカゼイン

    チーズの主な原料は乳の中にあるタンパク質の一種カゼインである。カゼインには分子中に親水性部分と疎水性部分があり、これがミセル状となって液体中に浮遊するために乳は白く見える。この乳に乳酸菌を加えてpHを酸性に変え、さらにレンネット(凝乳酵素)を投入するとカゼインの親水性部分が取れてしまい、集まり始める。これを凝乳と言う。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たクリームチーズ

    クラッカー - クリームチーズ等を載せて食することもある。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た家畜

    家畜の乳は古くから栄養価の高い食品として世界中のさまざまな民族に利用されてきたが、そのままでは保存性に欠ける上、液体のため運搬にも不便である。これらの欠点を補うために水分を抜いて保存性と運搬性を高めたのがチーズの始まりである。その起源は定かではないが、紀元前4000年頃には作られていたと考えられている。日本には、かつて蘇 「そ」と呼ばれるチーズと同様の食品が存在した。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た乳酸

    チーズの種類は熟成工程で決まる。フレッシュチーズ内にある乳酸菌の活動によって、糖は乳酸に、タンパク質はアミノ酸に、脂肪は脂肪酸などに分解され、さまざまな成分を作り出す。ここにプロピオン酸菌などの細菌やカビなどを接触させ、多様な作用を生じさせる事でチーズの各種類がつくられる。チーズ フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
107件中 91 - 100件表示

「チーズ」のニューストピックワード