107件中 61 - 70件表示
  • チーズ

    チーズから見た日本

    家畜の乳は古くから栄養価の高い食品として世界中のさまざまな民族に利用されてきたが、そのままでは保存性に欠ける上、液体のため運搬にも不便である。これらの欠点を補うために水分を抜いて保存性と運搬性を高めたのがチーズの始まりである。その起源は定かではないが、紀元前4000年頃には作られていたと考えられている。日本には、かつて蘇 「そ」と呼ばれるチーズと同様の食品が存在した。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た蒲鉾

    かまぼこ - 笹かまぼこなどにも練り込まれることがある。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た水素イオン指数

    チーズの主な原料は乳の中にあるタンパク質の一種カゼインである。カゼインには分子中に親水性部分と疎水性部分があり、これがミセル状となって液体中に浮遊するために乳は白く見える。この乳に乳酸菌を加えてpHを酸性に変え、さらにレンネット(凝乳酵素)を投入するとカゼインの親水性部分が取れてしまい、集まり始める。これを凝乳と言う。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たベジタリアニズム

    インドでは、ベジタリアンの割合が多く、一般的にインドのベジタリアンは動物の殺生の回避を目的としているため鶏卵も食べない。そのため多くの人が乳製品からタンパク質を補給し、フレッシュチーズのパニールを使った料理が豊富である。インド料理の菜食のメニューの半数程はパニールかダヒ(ヨーグルト)を使っている。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た疎水性

    チーズの主な原料は乳の中にあるタンパク質の一種カゼインである。カゼインには分子中に親水性部分と疎水性部分があり、これがミセル状となって液体中に浮遊するために乳は白く見える。この乳に乳酸菌を加えてpHを酸性に変え、さらにレンネット(凝乳酵素)を投入するとカゼインの親水性部分が取れてしまい、集まり始める。これを凝乳と言う。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たテクス・メクス料理

    イタリア料理(パルミジャーノ・レッジャーノチーズやモッツァレラチーズ)やテクス・メクス料理(チェダーチーズ、モンテレージャックチーズ)など、チーズが欠かせない料理もある。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たギリシャ

    ギリシャ(Τυρί、tyrí)チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たカナダ

    世界最大のチーズは28.5tで1995年カナダ・ケベック州のアグローバ酪農組合がスーパーマーケットチェーンの注文で制作したもの。大人のカナダ人が一年で消費するチーズの2500人分の量に匹敵する。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た果物

    ピザ - フルーツピザにも使用される。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たドイツ

    厳密にはチーズを名乗れないが、チーズの乳脂肪を植物性脂肪に、乳たんぱくを大豆たんぱくなどに一部置き換えたコピー食品としてアナログチーズ(代替チーズ)がある。乳製品を一切含まないものもある。原料コストを抑えられ、ドイツでは年間10万トンが生産されている。日本でも2007-2008年の原料乳価格高騰で注目された。本来のチーズと比べてコレステロールが低い、牛乳アレルギー患者やヴィーガン(動物性食品を全く摂取しないベジタリアン)でも食べられるなどの利点がある。チーズ フレッシュアイペディアより)

107件中 61 - 70件表示

「チーズ」のニューストピックワード