107件中 71 - 80件表示
  • チーズ

    チーズから見たインド料理

    インドでは、ベジタリアンの割合が多く、一般的にインドのベジタリアンは動物の殺生の回避を目的としているため鶏卵も食べない。そのため多くの人が乳製品からタンパク質を補給し、フレッシュチーズのパニールを使った料理が豊富である。インド料理の菜食のメニューの半数程はパニールかダヒ(ヨーグルト)を使っている。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た日本語

    チーズ(, , )とは、牛・水牛・羊・山羊・ヤクなどからとれる乳を原料とし、凝固や発酵などの加工をしてつくられる食品(乳製品)の一種。日本語での漢字表記は乾酪。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た醍醐

    日本では飛鳥時代頃から乳牛の伝来と飼育が始まり、酪(らく)、酥(そ)、醍醐(だいご)と言った乳製品が作られるが、この「醍醐」がチーズのことを指すと言われ、「醍醐味」という言葉の起源にもなっている。また、推古天皇の時代には、地方ごとに作られたこの醍醐の品評会が行われたという話も残っている。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たプロヴォローネ

    プロボローネ(セミハード)チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た中央ヨーロッパ

    ところが、近年になって世界最古のチーズ製造の痕跡はヨーロッパのポーランドで発見されている。これはチーズ製造が中東ではなく、ポーランドあたりの中央ヨーロッパで始まった可能性を示唆している。この人類最古のチーズの原料はヤギの乳であり、また現在のポーランドでも多くの種類の山羊乳チーズ(いわゆるシェーブルチーズ)が存在する。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たポーランド

    ところが、近年になって世界最古のチーズ製造の痕跡はヨーロッパのポーランドで発見されている。これはチーズ製造が中東ではなく、ポーランドあたりの中央ヨーロッパで始まった可能性を示唆している。この人類最古のチーズの原料はヤギの乳であり、また現在のポーランドでも多くの種類の山羊乳チーズ(いわゆるシェーブルチーズ)が存在する。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た竹輪

    ちくわ - 『紀文のチーちく』など。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た酸性

    チーズの主な原料は乳の中にあるタンパク質の一種カゼインである。カゼインには分子中に親水性部分と疎水性部分があり、これがミセル状となって液体中に浮遊するために乳は白く見える。この乳に乳酸菌を加えてpHを酸性に変え、さらにレンネット(凝乳酵素)を投入するとカゼインの親水性部分が取れてしまい、集まり始める。これを凝乳と言う。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見た分子

    チーズの主な原料は乳の中にあるタンパク質の一種カゼインである。カゼインには分子中に親水性部分と疎水性部分があり、これがミセル状となって液体中に浮遊するために乳は白く見える。この乳に乳酸菌を加えてpHを酸性に変え、さらにレンネット(凝乳酵素)を投入するとカゼインの親水性部分が取れてしまい、集まり始める。これを凝乳と言う。チーズ フレッシュアイペディアより)

  • チーズ

    チーズから見たエメンタールチーズ

    エメンタールチーズ(セミハード)チーズ フレッシュアイペディアより)

107件中 71 - 80件表示

「チーズ」のニューストピックワード