前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示
  • 海堂尊

    海堂尊から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。2006年『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。2006年「週刊文春ミステリーベスト10」第3位。海堂尊 フレッシュアイペディアより)

  • 田口・白鳥シリーズ

    田口・白鳥シリーズから見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    著者の作品で登場する架空の市・桜宮市の「東城大学医学部付属病院」を主な舞台に、不定愁訴外来の講師・田口公平と厚生労働省大臣官房秘書課付技官の役職に就く役人・白鳥圭輔の活躍を描いた著者のデビュー作『チーム・バチスタの栄光』から連なるシリーズであり「チームバチスタシリーズ」とも言われる。田口・白鳥シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 田口公平

    田口公平から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    調査や外来などで相手と話す際、個人的趣味も兼ねて相手の名前の由来を尋ねている。白鳥からは「パッシヴ・フェーズ(受動的聞き取り調査)」能力が高いと評されている。また『チーム・バチスタの栄光』では白鳥に強引に「アクティヴ・フェーズ」を叩き込まれており、白鳥程に多用しないが「アクティヴ・フェーズ」を用いる場面もある。田口公平 フレッシュアイペディアより)

  • ジェネラル・ルージュの凱旋

    ジェネラル・ルージュの凱旋から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    歌手の水落冴子が大量吐血で「東城大学医学部付属病院」に運び込まれ、救命救急センターの看護師・如月翔子の判断で、神経内科病棟のVIP病室・通称「ドア・トゥ・ヘブン」への受け入れに成功していた同じ頃、田口の元には、救命救急のエース・速水晃一が医療業者「メディカル・アソシエイツ」と癒着しているという内部告発文が届いていた。事態を重く見た田口は院長・高階に相談した末、高階の提案でこの問題を倫理問題審査委員会(エシックス・コミティ)に委任することになった。だがエシックス・コミティは世間を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」以降、田口と浅からぬ因縁を持っていた。ジェネラル・ルージュの凱旋 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳥圭輔

    白鳥圭輔から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光』で術中死が相次ぐ「チーム・バチスタ」の調査をするために東城大学医学部付属病院に現れ、田口に代わる調査役を担当し「バチスタ・スキャンダル」を解決に導く。その9ヶ月後、碧翠院桜宮病院での不穏な動きを察した高階の依頼で東城大学医学部付属病院にやってきて、小児科患者の父親が殺された事件の調査に協力し、一方で同時進行のでは出番が少なかったもののエシックス・コミティでAi研究を反対され続けていた島津吾郎のために助力したり、リスクマネジメント委員会の会議で収賄疑惑が問題となっている速水晃一の援護を行った(『ナイチンゲールの沈黙』『ジェネラル・ルージュの凱旋』)。白鳥圭輔 フレッシュアイペディアより)

  • 螺鈿迷宮

    螺鈿迷宮から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光』から始まる『田口・白鳥シリーズ』の2作目の『ナイチンゲールの沈黙』作中のある事件に間接的に関わった、碧翠院桜宮病院を舞台とした作品である。螺鈿迷宮 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックペアン1988

    ブラックペアン1988から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    『小説現代』で2007年4月号から8月号まで連載。2007年9月より単行本化。2009年12月に文庫本が上下巻に分かれて発売され、下巻の巻末には映画版『チーム・バチスタの栄光』で天才外科医・桐生恭一を演じた吉川晃司と著者の対談が収録されている。ブラックペアン1988 フレッシュアイペディアより)

  • 桜宮サーガ

    桜宮サーガから見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    当初は、『チーム・バチスタの崩壊』、『碧翠院桜宮病院の崩壊』、『桜宮オートプシー・イメージングセンターの崩壊』の「崩壊三部作」となる予定であった。桜宮サーガ フレッシュアイペディアより)

  • 今井和久

    今井和久から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    1985年日本工学院卒業後、フリーの助監督を経て、1992年TBS「PLAY ALONE ひとりでみてネ!」で演出家デビュー、TBS花王・愛の劇場「私の生徒は12人」「年上でもいいじゃない」、テレビ朝日「7人の女弁護士」を手掛け、メディアミックス・ジャパンに所属後は、讀賣テレビ「嘘でもいいから」、テレビ朝日「南くんの恋人」、「イグアナの娘」「ガラスの仮面」、関西テレビ「花村大介」「ルーキー!」、TBS「高原へいらっしゃい」「いのちの島」、関西テレビ・チーム・バチスタ・シリーズ「チーム・バチスタの栄光」「ジェネラル・ルージュの凱旋」「アリアドネの弾丸」、テレビ朝日「陽はまた昇る」などヒットドラマの演出家として活動する一方、映画監督として「ポストマン」、松山千春自伝映画「旅立ち〜足寄より〜」なども手掛けている。MMJワークショップ講師兼任。今井和久 フレッシュアイペディアより)

  • ナイチンゲールの沈黙

    ナイチンゲールの沈黙から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    著者のデビュー作『チーム・バチスタの栄光』に続く『田口・白鳥シリーズ』の2作目。作品の舞台である東城大学医学部付属病院の小児科での出来事と、その外部で起こった殺人事件に田口と白鳥が関わっていくという内容。本作から桜宮サーガを構成する事項や他の海堂作品にクロスオーバーする人物が登場する。ナイチンゲールの沈黙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
120件中 1 - 10件表示

「チーム・バチスタの栄光」のニューストピックワード