120件中 81 - 90件表示
  • 不定愁訴

    不定愁訴から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光-医療ミステリー小説。主人公の田口は、不定愁訴を専門に扱うオリジナルの科類「不定愁訴外来」を立ち上げている。不定愁訴 フレッシュアイペディアより)

  • 特発性拡張型心筋症

    特発性拡張型心筋症から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光本症例の患者・バチスタ手術が登場特発性拡張型心筋症 フレッシュアイペディアより)

  • fMRI

    fMRIから見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    2009年の日本のテレビドラマMR.BRAINの初回で、海馬傍回の反応を見て、以前に殺人現場を見たことがあるかどうかを判定するためにfMRIが使用された。科学警察研究所の職員が、fMRIを手配するために多くの段取りが必要だったことも説明している。番組内では、fMRIでスキャンした数秒後に、海馬傍回のみが3D画像で映し出されて反応が視覚的に感知できるように描写されていた。この後は、MR.BRAINで毎回のように使用されるようになる。また、2009年の日本のテレビドラマチーム・バチスタの栄光SPECIALで、意識を失った患者が、看護士の歌に反応して涙を流したことから、脳が活動しているかどうかを調べるためにfMRIが使用された。普段は反応せず、歌にのみ脳が反応することが分かり、意識が閉じ込められた状態であるロックトイン症候群と診断された。fMRI フレッシュアイペディアより)

  • 麻酔科医

    麻酔科医から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    麻酔科医を主人公としたドラマとして風のガーデン、漫画として麻酔科医ハナ、小説として破裂、「麻酔科医」があり、麻酔科医が重要な役割を演じるドラマとして外科医有森冴子、振り返れば奴がいる、漫画として最上の命医、小説・ドラマとして麻酔 (小説) 、チーム・バチスタの栄光、漫画・ドラマとしてゴッドハンド輝、医龍、K2 (漫画)がある。麻酔科医ハナの主人公である華岡ハナコの姓は、世界で最初に全身麻酔を行った華岡青洲に由来し、同作品の監修者松本克平 (医師)は麻酔科医である。研修医に麻酔科の任務の重要性をイメージさせるために、同作品を紹介した例がある。ゴッドハンド輝に登場する麻酔科医のモデルは実在の麻酔科指導医である。麻酔科医が登場する作品が考察を含めて学会誌で紹介されたことがある。麻酔科医 フレッシュアイペディアより)

  • 田中 要次

    田中要次から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光 第1話(2008年10月、関西テレビ) - 患者・木村田中要次 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ新広島

    テレビ新広島から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    5時ドラ! チーム・バチスタの栄光2 ジェネラル・ルージュの凱旋(平日17:00?17:54)※主に字幕放送、関西テレビ制作の場合は字幕無し。テレビ新広島 フレッシュアイペディアより)

  • 遠山俊也

    遠山俊也から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光 第1話(2008年10月) - 鈴田 役遠山俊也 フレッシュアイペディアより)

  • 植田尚

    植田尚から見たチームバチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    チームバチスタの栄光(2008年、関西テレビ)植田尚 フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    メディアミックス・ジャパン - 略称MMJ。1990年代から多くの作品を制作している。ホリプロやケイダッシュとの関係が強い。テレビ朝日と密接的な関係を持っており、同局や関西テレビの連続ドラマ製作を主軸とする。主な代表作は『君の手がささやいている』や『特命係長・只野仁』『チーム・バチスタの栄光』など。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 野際陽子

    野際陽子から見たチーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光(2008年) ‐ 藤原真琴野際陽子 フレッシュアイペディアより)

120件中 81 - 90件表示

「チーム・バチスタの栄光」のニューストピックワード