前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示
  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たハドソン

    ハドソン(現・コナミデジタルエンタテイメント)からニンテンドーDS用アドベンチャーゲーム『チーム・バチスタの栄光〜真実を紡ぐ4つのカルテ〜』が2008年12月25日に発売された。原作を元にしたストーリーに加え、ゲームオリジナルのストーリー3本を収録、ゲームオリジナルキャラクターである厚生労働省の新人調査官、村上翔太と水嶋涼子を主人公に話を進めていく。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見た東宝

    東宝邦画系にて、2008年2月9日公開。2007年10月7日にクランクイン、11月17日クランクアップした。映画化にあたり、主人公・田口公平が女性・田口公子に変更され年齢も引き下げられた。興行収入15.6億円。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たココリコ

    氷室貢一朗 - 田中直樹(ココリコチーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見た久保田智子

    取材リポーターA - 久保田智子(TBSアナウンサー)チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見た田中直樹 (お笑い芸人)

    氷室貢一朗 - 田中直樹(ココリコ)チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たアンダーグラフ

    執筆時は構想から一週間で200枚書き上げたところで田口公平にこれ以上調査を任せるのは酷だとわかったため筆が止まったことがあるが、田口と正反対の性格のキャラクターが外部から調査に来るアイディアに思い至り、もう一人の探偵役である白鳥圭輔が生み出されたというエピソードがある。海堂は執筆中に決まったJ-POPを「テーマソング」として流す習慣があり、執筆時のBGMは、アンダーグラフ「ツバサ」。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見た海堂尊

    『チーム・バチスタの栄光』(チーム・バチスタのえいこう)は、2006年(平成18年)に宝島社から刊行された海堂尊の長編小説。作者のデビュー作であり、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した。受賞時のタイトルは『チーム・バチスタの崩壊』。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たRKB毎日放送

    制作 - 東京放送、東宝、このミス!大賞連合、毎日放送、中部日本放送、RKB毎日放送、北海道放送、S・D・P、朝日新聞社、TCエンタテインメント、クロスメディアチーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見た関西テレビ放送

    2008年10月14日から同年12月23日まで、関西テレビとMMJの制作により、フジテレビ系列で連続テレビドラマとして放送された。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たフジテレビジョン

    2008年10月14日から同年12月23日まで、関西テレビとMMJの制作により、フジテレビ系列で連続テレビドラマとして放送された。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示

「チーム・バチスタの栄光」のニューストピックワード