50件中 21 - 30件表示
  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たTCエンタテインメント

    制作 - 東京放送、東宝、このミス!大賞連合、毎日放送、中部日本放送、RKB毎日放送、北海道放送、S・D・P、朝日新聞社、TCエンタテインメント、クロスメディアチーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たフジネットワーク

    2008年10月14日から同年12月23日まで、関西テレビとMMJの制作により、フジテレビ系列で連続テレビドラマとして放送された。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見た宝島社

    『チーム・バチスタの栄光』(チーム・バチスタのえいこう)は、2006年(平成18年)に宝島社から刊行された海堂尊の長編小説。作者のデビュー作であり、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した。受賞時のタイトルは『チーム・バチスタの崩壊』。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見た北海道放送

    制作 - 東京放送、東宝、このミス!大賞連合、毎日放送、中部日本放送、RKB毎日放送、北海道放送、S・D・P、朝日新聞社、TCエンタテインメント、クロスメディアチーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たメディアミックス・ジャパン

    2008年10月14日から同年12月23日まで、関西テレビとMMJの制作により、フジテレビ系列で連続テレビドラマとして放送された。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たスターダストピクチャーズ

    制作 - 東京放送、東宝、このミス!大賞連合、毎日放送、中部日本放送、RKB毎日放送、北海道放送、S・D・P、朝日新聞社、TCエンタテインメント、クロスメディアチーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たバチスタ手術

    現役の医師である海堂が描くリアルな医療現場や、大学病院における医局政治や人間関係、バチスタ手術中の謎の死をめぐるミステリーもさることながら、何よりもその強烈で印象的なキャラクターとその語り口が、選考委員の間で評価され、320万部を超えるベストセラーとなった。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見た『このミステリーがすごい!』大賞

    『チーム・バチスタの栄光』(チーム・バチスタのえいこう)は、2006年(平成18年)に宝島社から刊行された海堂尊の長編小説。作者のデビュー作であり、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した。受賞時のタイトルは『チーム・バチスタの崩壊』。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見た不定愁訴

    しかし、成功率100%だったチーム・バチスタが、3例立て続けに謎の術中死に遭遇する。少年ゲリラ兵へのバチスタ手術により世間の注目を集める中、疑念を解明するため、病院長・高階は神経内科学教室の万年講師で、『不定愁訴外来(別名・愚痴外来)』の責任者・田口に内部調査を命じる。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・バチスタの栄光

    チーム・バチスタの栄光から見たアドベンチャーゲーム

    ハドソン(現・コナミデジタルエンタテイメント)からニンテンドーDS用アドベンチャーゲーム『チーム・バチスタの栄光〜真実を紡ぐ4つのカルテ〜』が2008年12月25日に発売された。原作を元にしたストーリーに加え、ゲームオリジナルのストーリー3本を収録、ゲームオリジナルキャラクターである厚生労働省の新人調査官、村上翔太と水嶋涼子を主人公に話を進めていく。チーム・バチスタの栄光 フレッシュアイペディアより)

50件中 21 - 30件表示

「チーム・バチスタの栄光」のニューストピックワード