88件中 21 - 30件表示
  • GINZA TANAKA

    GINZA TANAKAから見たティファニーティファニー

    1920年、山崎商店の開発責任者、岩田哲三郎が8か月にわたる欧米視察を行う。ニューヨークではティファニーのジョージ・フレデリック・クンツ博士と交流(クンツ博士は「ティファニー・ダイヤモンド」の製作者)。GINZA TANAKA フレッシュアイペディアより)

  • 夕食

    夕食から見たティファニーティファニー

    「ディナー」のより正式な定義は、複数のコースを持つ夕方の食事である。コースは通常3つで、7つの場合もある。1980年代にティファニーが作った銀食器は、1人あたり13種類あり、複数コースの食事を摂るために全てが必要となる。夕食 フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・オブライエン・トロフィー

    ラリー・オブライエン・トロフィーから見たティファニーティファニー

    トロフィーはティファニーが製造、スターリングシルバー、バーメイルに24金メッキを施したもので、重さは14.5ポンド(約6.6kg)、高さが2フィート(約61cm)で、上部のバスケットボールはNBA公認球と同じ直径9インチ。価格は13,500ドルである。トロフィーは持ち回りではなく毎回作られ、永久保持ができ、返還する必要はない。ラリー・オブライエン・トロフィー フレッシュアイペディアより)

  • アンティーク・ジュエリー

    アンティーク・ジュエリーから見たティファニーティファニー

    米国では1837年にチャールズ・ルイス・ティファニーがティファニー商会を創設すると米国は宝石業界から売り先として注目され始める。例えばエイブラハム・リンカーン夫人から受けた注文に応じて、ティファニーが目のくらむような金額の宝石を買い取ったなどから評判を高めていく。のちに映画「ティファニーで朝食を」を通して、大衆から人気を得るティファニーだった。アンティーク・ジュエリー フレッシュアイペディアより)

  • ホノルル美術館

    ホノルル美術館から見たティファニーティファニー

    アメリカ美術:植民地時代から現在に至るアメリカの絵画、調度、装飾美術品は、ホノルル美術館の西洋美術コレクションの中の大変重要なもうひとつのコレクションである。ジョン・シングルトン・コプリー、チャールズ・ウィルソン・ピール、ギルバート・ステュアート、そしてトマス・サリーらの作品は、形の良いフィラデルフィアのチップアンデールスタイルのサイドチェア、ボストンのエリシャ・タッカー製の上品な象嵌を施されたサイドテーブル、また、目を見張るような18世紀のコネティカットチェストなど様々な近代調度品とともに展示され、ホノルル美術館の初期アメリカ美術コレクションの重要性を強調している。ジェームズ・マクニール・ホイッスラー、ジョン・シンガー・サージェント、チャイルド・ハッサム、そして、トマス・エイキンズらの絵画、また、19世紀を象徴するようなティファニーやその他のスタジオによるガラス製品、銀製品、陶磁器などは、19世紀後期のアメリカンアートコレクションのハイライトと言える。ホノルル美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴海製陶

    鳴海製陶から見たティファニーティファニー

    1964年には開発銀行から資金を借り入れてボーンチャイナ製造用の設備を建設したが、当初の焼成の歩留まりは50%以下にとどまっていた。このため製品サイズごとの素地・絵付けの調整などを行い、翌年5月25日にディナーセットを初出荷し、12月には月産500セットに達した。新たな生産設備の導入などによって事業化ラインの月産1,000セットを達成し、1968年にはニューヨークの高級店・ティファニーに製品を納入している。その後、ニクソン・ショックによる価格競争力低下もあり、1972年には陶磁器の生産を全面的にボーンチャイナに切り替えた。鳴海製陶 フレッシュアイペディアより)

  • 第一不動産

    第一不動産から見たティファニーティファニー

    1985年(昭和60年)には、東京・平河町の「イトーピア平河町ビル」を伊藤忠不動産から約120億円で買収、これは従来の「更地買収」に代わる「既設ビル買収」型の大型不動産投資であり、米国流ビジネスの先駆けともいわれた。その後のバブル期にかけても事業を急拡大し、国内では三井不動産販売のフランチャイジーとして同社の「リハウス」事業を展開していた他、ニューヨークのティファニー本社ビルを買収するなど海外にも進出。ピーク時の1991年(平成3年)には年商938億円を売り上げていた。当時は元読売ジャイアンツの江川卓が社外役員を務めるなど、スポーツ界とも深い関わりがあった。第一不動産 フレッシュアイペディアより)

  • 久我なつみ

    久我なつみから見たティファニーティファニー

    京都市生まれ。父邦光史郎、母田中阿里子はともに作家。同志社女子高等学校、同志社大学文学部英文科卒業。YMCAで英語講師のかたわら美術を学ぶ。新制作展入選3回。関西新制作展入選2回。1998年『フェノロサと魔女の町』で第5回蓮如賞、2005年『日本を愛したティファニー』で第53回日本エッセイストクラブ賞受賞。久我なつみ フレッシュアイペディアより)

  • ハヌッキーヤー

    ハヌッキーヤーから見たティファニーティファニー

    ファイル:Tiffany glasswork Hanukkah menora02.jpg|ガラス製のハヌッキーヤー「ティファニーハヌッキーヤー フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン州会議事堂

    ワシントン州会議事堂から見たティファニーティファニー

    ロタンダの照明およびローマ式発炎筒は全て、ティファニー社創業者の息子で、ガラス工芸家であるルイス・カムフォート・ティファニーによって制作された。これらはこの議事堂が誇る世界最大のティファニー・ブロンズ・コレクションを成しており、また、1933年にルイス・カムフォート・ティファニーが死去する前の最後の大作となった。ロタンダのシャンデリアはフォルクスワーゲンのビートルがすっぽり入る大きさで、202個の電球が取り付けられており、高さ7.6m、重さは4,500kgあり、長さ30.8mの鎖で床上15.2mに吊り下げられている。ワシントン州会議事堂 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示

「ティファニー」のニューストピックワード