70件中 11 - 20件表示
  • トム・ウェイツ

    トム・ウェイツから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    1993年、現代音楽の作曲家ギャヴィン・ブライアーズのアルバム『Jesus' Blood Never Failed Me Yet』(1971年に作曲された同名楽曲の再録)に、トムがゲスト参加。1994年には、ジョニー・キャッシュ『American Recordings』に、書き下ろしの新曲「Down There by the Train」提供。トムも後に『オーファンズ』でセルフカヴァーした。1995年、ティム・ロビンス監督映画『デッドマン・ウォーキング』のサウンドトラック・アルバムに、書き下ろしの新曲「ザ・フォール・オブ・トロイ」「ウォーク・アウェイ」提供(アルバムのみ収録で、劇中では使われていない)。トム・ウェイツ フレッシュアイペディアより)

  • 第65回アカデミー賞

    第65回アカデミー賞から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    目立った出来事としては、編集賞のプレゼンターとして登場したティム・ロビンスとスーザン・サランドンが、フロリダに難民として入ろうとした200名のハイチ人HIV患者をアメリカ政府は受け入れず、グァンタナモ米軍基地に監禁していると批判し、物議を醸した。第65回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第50回ゴールデングローブ賞

    第50回ゴールデングローブ賞から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ティム・ロビンス - 『ザ・プレイヤー』第50回ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • オースティン・パワーズ

    オースティン・パワーズから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    米国大統領:ティム・ロビンス(日本語吹き替え:野島昭生)オースティン・パワーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・タトゥーロ

    ジョン・タトゥーロから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ジョン・タトゥーロ(John Turturro, 本名: John Michael Turturro、1957年2月28日 - )は、アメリカ合衆国の俳優・映画監督。スパイク・リー、コーエン兄弟、ティム・ロビンス作品の常連としても知られている。ジョン・タトゥーロ フレッシュアイペディアより)

  • ウォール街を占拠せよ

    ウォール街を占拠せよから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ティム・ロビンス - 俳優、映画監督。デモに参加。ウォール街を占拠せよ フレッシュアイペディアより)

  • 未来は今

    未来は今から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    コーエン兄弟が製作した五作目の映画である。映画の脚本は、コーエン兄弟と彼らの師匠筋にあたるサム・ライミが1984年頃から共同で執筆を開始していたものである。脚本は1991年に完成し、かねてよりコーエン兄弟の実力を高く評価していた映画プロデューサーのジョエル・シルバーが全面的にバックアップすることで映画製作が開始された。ライミは脚本のみならず、映画の第二班監督担当やカメオ出演と言う形で作品に貢献した。メインキャストにティム・ロビンスやポール・ニューマンといった一流のハリウッドスターを迎え、2500万ドルとも4000万ドルとも言われる巨額の制作費を掛けた、当時のコーエン兄弟にとって最大の大作映画となった。未来は今 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年の映画

    1992年の映画から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) - ティム・ロビンス(『ザ・プレイヤー』)1992年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • ショート・カッツ

    ショート・カッツから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ティム・ロビンス:ジーン・シェパードショート・カッツ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ハウスマン

    ジョン・ハウスマンから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    その後もいくつかのプロジェクトを得て、1937年にハウスマンらは劇作家のマーク・ブリッツスタインが脚本・作曲、オーソン・ウェルズが演出で労働者たちの反乱を描いたミュージカル『ゆりかごは揺れる (別題:クレイドル・ウィル・ロック)』の製作に着手。しかし労働組合側に立ったストーリー内容にFTP側が検閲を実施して「予算削減」を理由に製作中止を申し入れられてしまう。だがハウスマンらは、それでも公演を諦めずにとっさの処置を敢行。当時公演が行われる予定だった劇場の前に立ち、チケットを持ってやってきた観客たちを別の劇場へ誘導してブリッツスタイン一人がステージ上に立ち、ピアノを弾きながら楽曲を唄うという強硬手段に出る。すると観客席にいた役者(もともとその舞台に出演するはずだったが舞台に立つことを禁止された役者たち)が一人、また一人と観客席で歌い出し、ステージ上のブリッツスタインと観客席の役者たちで演劇が実行された。その上演を鑑賞していた観客たちからは大喝さいが起こり、演目は大成功を収める。その事は演劇界の“伝説”となっており、ティム・ロビンスが監督で『クレイドル・ウィル・ロック』という映画も製作されている。ジョン・ハウスマン フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「ティム・ロビンス」のニューストピックワード