70件中 21 - 30件表示
  • 宇宙戦争 (H・G・ウェルズ)

    宇宙戦争 (H・G・ウェルズ)から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    2005年、巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング主演により再び映画化された。2005年6月29日、全世界同時上映公開となる。ティム・ロビンス、ミランダ・オットー、ジャスティン・チャットウィン、ダニエル・フランゼーゼなどが出演した。宇宙戦争 (H・G・ウェルズ) フレッシュアイペディアより)

  • ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン

    ヌスラト・ファテー・アリー・ハーンから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ヌスラト・ファテー・アリー・ハーンは西洋の多数の聴衆の前で公演した南アジアで最初の歌手のひとりでもある。 ピーター・ガブリエルとの交友とともに、マーティン・スコセッシ監督の映画『最後の誘惑』のサウンドトラック『パッション』(1988年)を含むいくつかのアルバムやサウンドトラックに参加し、これらは西洋や日本での知名度を上げるのに役立った。2枚のリミックス・アルバム (『ナイト・ソング』1994年, 『スター・ライズ』1997年)がカナダのギタリストマイケル・ブルックによってプロデュースされており、1995年にはティム・ロビンス監督の映画『デッド・マン・ウォーキング』のサウンドトラックにおいてパール・ジャムのエディ・ヴェダーと共演している。 ピーター・ガブリエルのリアル・ワールド・レーベルからは5枚の伝統的な演奏のアルバムがリリースされている。ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン フレッシュアイペディアより)

  • シャレード (2002年の映画)

    シャレード (2002年の映画)から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    バーソロミュー:ティム・ロビンスシャレード (2002年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・ダルコウスキー

    スティーヴ・ダルコウスキーから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    脚本家で映画監督のロン・シェルトンは、マイナーリーグで一時期ダルコウスキーとともにプレーしたことがあった。シェルトンが監督した1988年の映画「さよならゲーム」 (Bull Durham) には、ティム・ロビンス演じる“ニューク”・ラルーシュという若い投手が登場するが、このラルーシュのモデルとなったのがダルコウスキーである。スティーヴ・ダルコウスキー フレッシュアイペディアより)

  • サベイランス -監視-

    サベイランス -監視-から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    スタンフォード大学卒の天才プログラマであるマイロ・ホフマン(ライアン・フィリップ)は、コンピュータ・ソフトウェア業界のトップ企業NURV (Never Underestimate Radical Vision)のCEOであるゲーリー・ウィンストン(ティム・ロビンス)から直々に声をかけられ、NURVに入社し、同社の社運をかけた新しいコミュニケーションシステム「シナプス」の開発に携わることになる。そんなある日、同じく天才プログラマとして知られていた親友テディ(イー・ジェー・ツァオ)が何者かに殺される。ふとしたことから、マイロはこの事件の裏にNURVが関わっていることに気付く。サベイランス -監視- フレッシュアイペディアより)

  • ネッド・ベラミー

    ネッド・ベラミーから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    オハイオ州デイトンで生まれる。UCLAを卒業後、俳優仲間のティム・ロビンスと共にThe Actors' Gangを設立する。ネッド・ベラミー フレッシュアイペディアより)

  • パメラ・リード

    パメラ・リードから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    1980年に映画デビューし、女優としての地位を着実に築いていく。1988年に出演したHBO製作のテレビドラマシリーズ『Tanner '88』ではCableAce Awardで最優秀主演女優賞を受賞した。その後も多くの映画やテレビドラマに登場しており、コメディエンヌとしての才能を発揮。代表作にアーノルド・シュワルツェネッガー主演の『キンダガートン・コップ』やロビン・ウィリアムス、ティム・ロビンス出演の『キャデラック・マン』などがある。パメラ・リード フレッシュアイペディアより)

  • カイル・ガス

    カイル・ガスから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    俳優のジャック・ブラックと共に組んだロックバンドテネイシャスDのメンバーとして知られるガスは、1960年にカリフォルニア州カストロ・ヴァレーに生まれる。若い頃から音楽と演技のキャリアをスタートさせ、高校卒業後はカリフォルニア大学ロサンゼルス校へ通う。大学在学中にティム・ロビンスが主催する劇団「アクターズ・ギャング」へ所属。1986年に大学を卒業後はアクターズ・ギャングに同じく所属していた当時16歳のジャック・ブラックと意気投合し、ロックバンドのテネイシャスDを結成した。結成する際にはブラックにギターの弾き方もレクチャーしている。カイル・ガス フレッシュアイペディアより)

  • ローレン・トム

    ローレン・トムから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ほどなくして脇役ではあるが映画作品にも出演し始め、オリバー・ストーン監督の『ウォール街』やロビン・ウィリアムズとティム・ロビンスの共演作『キャデラック・マン』などの話題作に出演。特に『キャデラック・マン』の役柄そのままに、ジョニー・カーソンが司会を務める「トゥナイト・ショー」にゲスト出演を果たした。そのことが後の女優としてのキャリアを手助けするものとなり、オリバー・ストーン製作の中国系アメリカ人女性に関するヒューマンドラマ『ジョイ・ラック・クラブ』においてはメインキャストに配役されている。ローレン・トム フレッシュアイペディアより)

  • 第76回アカデミー賞

    第76回アカデミー賞から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    助演男優賞: ティム・ロビンス - 『ミスティック・リバー』第76回アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「ティム・ロビンス」のニューストピックワード